碧南市藤井達吉現代美術館 企画展

HOME >企画展>白髪一雄展 格闘から生まれた絵画

飾り白髪一雄展 格闘から生まれた絵画

白髪一雄展 格闘から生まれた絵画

 

展覧会名

白髪一雄展 格闘から生まれた絵画

会期

平成22(2010)年 1月23日(土)から

平成22(2010)年 3月14日(日)まで

観覧時間
10:00-18:00
休館日

月曜日(ただし月曜日が祝日の場合は開館し、翌日が休館となります)

観覧料

一般600(480)円
高校・大学生400(320)円

小・中学生200(160)円
※()は20名以上の団体

関連イベント
詳細はこちら
図録

美術館1階・むぎの家にて販売します。

郵送販売についてはこちらをご覧ください。

                

 

 日本におけるアクション・ペインティングの先駆けとして知られる白髪一雄(1924-2008)は、具体美術協会の代表的な画家であり、戦後の美術を語る上で欠かせない存在です。白髪はカンヴァスを床面に置き、その上を滑走するようにして足で描くという独自の手法により、力強く躍動感のある絵画を生み出し、世界的にも高く評価されています。具体美術協会解散後も精力的に活動を続けていましたが、2008年に惜しまれながらも亡くなりました。

  本展では、没後初めての回顧展として、白髪が生前構想していたシリーズ区分をもとにした展示を採用します。これらには〈水滸伝〉シリーズや〈中国古代歴史〉シリーズといった白髪の代表作はもちろん、アクション・ペインティングの多様な側面にも光が当てられています。また初期作品を含め、油彩42点を中心に、制作の背景を示す資料や映像も併せ、彼の60年に及ぶ画業の全貌を紹介します。本展は東海地方で初めての白髪一雄の本格的な個展となります。

ページのトップへ戻る

→過去の企画展はこちら