碧南市藤井達吉現代美術館 企画展

HOME >企画展>歴史系企画展「碧南が生んだ戦国武将 永井直勝とその一族」

飾り歴史系企画展「碧南が生んだ戦国武将 永井直勝とその一族」

永井直勝展

 

展覧会名

歴史系企画展「碧南が生んだ戦国武将 永井直勝とその一族」

会期

平成24(2012)年 12月 4日(火)から

平成25(2013)年  1月14日(月・祝)まで

観覧時間
10:00-18:00
休館日

月曜日

観覧料

一般300(240)円
高校・大学生200(160)円

小学・中学生100(80)円
※()は20名以上の団体

関連イベント
詳細はこちら
図録

美術館1階受付にて販売します。

郵送販売についてはこちらをご覧ください。

 

 

               

 碧南出身の戦国武将・大名に永井直勝(1563-1625)がいます。直勝は長田平右衛門重元の子として生まれ、初め徳川信康の、のち徳川家康の小姓となります。直勝が一躍脚光を浴びることになったのが、天正十二年(1584)の長久手合戦です。ここで敵の大将池田恒興の首を討つという大手柄をたてました。その後、家康の側近として仕え、下総古河(現茨城県古河市)7万2,000石の城主となり大名となりました。

直勝の子には江戸時代初期に幕府における畿内支配の一翼を担った尚政・直清兄弟がおり、またその子孫は大和櫛羅藩・美濃加納藩・摂津高槻藩といった大名などとして明治維新を迎えました。さらに、近現代に活躍した永井荷風・高見順・三島由紀夫といった作家も、永井家の一族であることが知られています。

 そこで本展では、碧南出身の永井直勝に焦点をあて、多様な歴史資料から永井直勝とその一族の実像に迫ります。碧南の地から永井直勝という戦国武将・大名が出たことや、厳しい時代を生き抜いてきた永井家一族の変遷をご覧いただければ幸いです。

ページのトップへ戻る

→過去の企画展はこちら