碧南市藤井達吉現代美術館 企画展

HOME >企画展>マリー・ローランサン 愛と色彩のシンフォニー

飾りマリー・ローランサン 愛と色彩のシンフォニー

  

     《三人の若い女》1953年頃

展覧会名

マリー・ローランサン

愛と色彩のシンフォニー

会期

平成28(2016)年 1月9日(土)から

平成28(2016)年 3月6日(日)まで

観覧時間
10:00-18:00 (入場は17:30まで)
休館日

月曜日

(ただし ただし1月11日(月・祝)は開館、

  1月12日(火)は休館)

観覧料

一般900(720)円
高校・大学生600(480)円

小学・中学生400(320)円
※()は20名以上の団体

関連イベント
詳細はこちら
図録

郵送販売についてはこちらをご覧ください。

                

  マリー・ローランサン(1883-1956)は、20世紀前半のパリにおいて、独特の淡く美しい繊細な色彩で人々を魅了し、以来世界中で愛され続けている女性画家です。母子家庭に育ったローランサンは名門女学校卒業後に画家を志し、アカデミー派の画家フェルナン・アンベールの画塾で絵画を学びました。この画塾で画家ジョルジュ・ブラックと出会います。その結果、当時最先端であったフォービズムやキュビズムに目を向けるようになり、ブラックやパブロ・ピカソら前衛的な芸術家の集う「洗濯船」にも出入りしました。彼女は仲間たちから刺激を受けながらも自らの表現を模索し続け、1920年代には自己の様式と画家しての地位を確立するに至りました。これまでは詩人アポリネールとの恋愛や第一次世界大戦勃発にともなう亡命生活などの、波瀾万丈の人生に多くの関心が注がれてきました。その反面、彼女の作品そのものに対して、また創作者としてのローランサンに対しては同時代の画家たちに比べて過小評価されてきたきらいがあります。そこで本展覧会では、改めて作品の造形性と向き合い、新しい作品世界を探求した画家としての軌跡に迫ります。重厚で深遠な様式・構成・内容を尊んできた旧来の西洋絵画の評価軸にとらわれることなく、甘美さや軽やかさ、かわいらしさを芸術にまで高めたローランサン。彼女の創作の輝きを、マリー・ローランサン美術館が所蔵する油彩を中心とする約70点の作品で紹介します

ページのトップへ戻る

→過去の企画展はこちら