碧南市藤井達吉現代美術館企画展

HOME >展覧会>リアル(写実)のゆくえ  高橋由一、岸田劉生、そして現代につなぐもの

飾りリアル(写実)のゆくえ  高橋由一、岸田劉生、そして現代につなぐもの

 

 

リアルのゆくえ

 

展覧会名

リアル(写実)のゆくえ

高橋由一・岸田劉生、そして現代につなぐもの

会期

平成29(2017)年 8月8日(火)から

平成29(2017)年 9月18日(月・祝)まで

観覧時間
10:00-18:00 (入場は17:30まで)
休館日

月曜日

(ただし ただし9月18日(月・祝)は開館)

観覧料

一般700(560)円
高校・大学生500(400)円

小学・中学生 無料
※()は20名以上の団体

関連イベント
詳細はこちら
図録

郵送販売はこちらをご覧ください。

                

 

 

  

 「鮭」の絵でしられる日本洋画の先覚者、高橋由一。彼は江戸時代より徐々に将来された西洋画の迫真の写実表現に感動し、洋画家を目指しました。以来、実に多くの画家たちがこの西洋由来の写実技法を学び、さまざまな作品が生まれます。

 その一方で早くも明治中期には、黒田清輝が外光派風の作品を発表し、その親しみやすさから写実絵画は穏健な叙情性を重んじることとなり、これが日本の官展アカデミズムの主流となります。以後、近代以降の日本の美術史は、外光派風写実と、それに反発する印象派以後の美術(モダニズム)の流れで語られています。

 由一が衝撃を受けたリアリズム、迫真の写実は、大正期の岸田劉生などの諸作に引き継がれるものの、美術史の表舞台からは後退した感が拭えません。劉生以外にも、写実の迫真性に取り組んだ画家たちも少なからずいましたが、その多くは異端の画家として評価され現在に至っています。

 

 近年、細密描写による写実が注目を集めています。また、磯江毅のように高橋由一をオマージュする作品を描く現代画家たちも目立ちます。

 そこで本展は、移入されてから150年を経た写実表現がどのように変化し、また変化しなかったのか、日本独自の写実が生まれたか否か、を作品により検証します。

 明治から現代までの写実絵画を展観することで、写実のゆくえを追うものです。

ページのトップへ戻る

過去および今後の企画展こちら