碧南市藤井達吉現代美術館 企画展

HOME >企画展>原裕治展 -かたちとしての奔流と止水-

飾り原裕治展 -かたちとしての奔流と止水-

 

原裕治展

 

展覧会名

原裕治展 -かたちとしての奔流と止水-

会期

平成24(2012)年 08月21日(火)から

平成24(2012)年 09月30日(日)まで

観覧時間
10:00-18:00
休館日

月曜日(ただし9月17日(月・祝)は開館し、9月18日(火)は休館)

観覧料

一般500(400)円
高校・大学生300(240)円

小・中学生200(80)円
※()は20名以上の団体

関連イベント
詳細はこちら
図録

美術館1階・むぎの家にて販売します。

郵送販売についてはこちらをご覧ください。

                

 

 

 

 このたび、碧南市藤井達吉現代美術館企画展として「原裕治展-かたちとしての奔流と止水-」を開催する運びとなりました。

 新潟に生まれた原 裕治(1948-2007)は愛知県立芸術大学で彫刻を学びます。大学院在学中に国画会の彫刻部門で新人賞を受賞するなど、当時からその具象彫刻における表現力は高く評価されていました。原の活動が大きな転換を見せるのは1970年代半ば、それまでの具象表現から一転して、砂や鉄さび、油絵具などを素材に、非具象の平面作品に取り組むようになったのです。以降ほぼ一貫して「水」をテーマとし、幾度かの作風の転換をみせながら作品を発表し続けます。その多くは平面作品のかたちをとってはいますが、様々な素材が何層にも塗り重ねられた面をグラインダーによって削り、彫り込んでいくという彫刻的な技法を用いたものでした。さらに90年代中頃に発表された木彫作品に見られる、水脈の動きを表したアンバランスな形態とダイナミックな動性感は、いわゆるバロック的な表現として注目されました。一方、90年代末に発表された木彫作品《マンデリオン No.2》は舟形の内側に人体が刻み込まれたものです。それまでの仕事とは趣を異にしたこの作品に対し、その後の展開が期待されましたが、2007年、病により惜しくも59歳の若さでこの世を去りました。

本展では作家の没後5年を迎えるにあたり、初期の具象彫刻から、平面による抽象表現の各シリーズ、そして晩年の木彫まで、各時期の平面や立体の代表作によって、その仕事の軌跡を辿ります。「身体の水脈と地球の水脈との共鳴を体現させようと試み」た“彫刻家”原 裕治の世界をお楽しみください。

ページのトップへ戻る

→過去の企画展はこちら