碧南市藤井達吉現代美術館 企画展

HOME >企画展>画家の詩、詩人の絵  絵は詩のごとく、詩は絵のごとく

飾り画家の詩、詩人の絵  絵は詩のごとく、詩は絵のごとく

 

展覧会名

画家の詩、詩人の絵  

 絵は詩のごとく、詩は絵のごとく

会期

平成27(2015)年 11月17日(火)から

平成27(2015)年 12月20日(日)まで

観覧時間
10:00-18:00 (入場は17:30まで)
休館日

月曜日

(ただし ただし11月23日(月・祝)は開館し、11月24日(火)は休館)

観覧料

一般800(640)円
高校・大学生500(400)円

小学・中学生300(240)円
※()は20名以上の団体

関連イベント
詳細はこちら
図録

郵送販売はこちらをご覧ください。

                

 

 

 

 古来、西洋では「絵は黙せる詩、詩は語る絵」といわれてきました。日本でも画賛、詞書が絵画の重要な役割を果たし、「詩書画」の一致を成してきました。一方、日本の近代洋画は、文学からの自立を目指した西洋近代美術の影響のもとで始まっています。特に印象派以後、新しい造形表現を積極的に取り入れた結果、実に多様な作品が誕生しました。しかし、現実の生きた情感から浮き上がった作品が多く制作されたことも事実です。こうした中で、村山槐多、長谷川利行、古賀春江、三岸好太郎、山口薫などは、西洋近代美術に学びながらも、文学性、詩情を拠りどころとして優れた作品を残しています。さらにまた、詩の世界では宮沢賢治、立原道造、草野心平らが独自性のある絵を描いています。ある意味では、モダニズムが斥けてきた詩情、文学性を活かすことで、日本独自の絵画が成立したといえます。

 近年では、一部の画家たちが積極的に詩の世界に接近し、新しい表現を生み出そうとしています。本展は、明治から現代までの画家と詩人の絵画と詩を一堂にあつめ、絵画と詩の密接なつながりを検証するものです。

ページのトップへ戻る

→過去の企画展はこちら