碧南市藤井達吉現代美術館 企画展

HOME >企画展>エミール・クラウスとベルギーの印象派展

飾りエミール・クラウスとベルギーの印象派展

 

エミール・クラウスとベルギーの印象派展

 

展覧会名

エミール・クラウスとベルギーの印象派展

会期

平成25(2013)年  9月14日(土)から

平成25(2013)年 10月20日(日)まで

観覧時間
10:00-18:00
休館日

月曜日(ただし9月16日、23日、10月14日は開館し、9月17日、24日、10月15日は休館)

観覧料

一般900(720)円
高校・大学生600(480)円

小・中学生300(240)円
※()は20名以上の団体

関連イベント
詳細はこちら
図録

郵送販売についてはこちらをご覧ください。

                

 

 

  碧南市藤井達吉現代美術館はこのたび開館5周年を記念して「エミール・クラウスとベルギーの印象派」展を開催します。

 日本でも人気の印象派は、発祥の地フランスだけでなく、世界各地に伝播します。フランスの隣国ベルギーでは、モネやピサロといった印象派の画家たち以上に、点描で描くシニャックらの新印象主義が画家たちに大きな衝撃を与えます。こうしてベルギーでは印象派は独自の発展を遂げますが、その中心人物となったのがルミニスム(光輝主義)を率いたエミール・クラウスです。

 このたびの展覧会では、クラウスの作品を中心に、彼のもとに集まったベルギーの印象派たち、さらにその源となったフランスの印象派、そしてこのクラウスに学んだ日本人画家、児島虎次郎と太田喜二郎の日本の印象派と、ベルギー、フランス、日本の三つの国の印象派を、63点の油彩でとりあげます。

 これまであまり注目されることのなかったベルギーの印象派の光まばゆい世界をお楽しみいただける貴重な機会となることでしょう。

ページのトップへ戻る

→過去の企画展はこちら