碧南市藤井達吉現代美術館 碧南市にある野外彫刻

HOME碧南市にある野外彫刻>《とのさまバッタ》

飾り《とのさまバッタ》加藤昭男「碧南の彫刻のあるまちづくり」第7作(平成元年度)

「とのさまバッタ」写真

《とのさまバッタ》
加藤昭男
子供像H114×W230×D235ブロンズ゙
バッタ(芝)H80×W79×D110ブロンズ゙
バッタ(飛)H140×W185×D168ブロンズ゙
碧南市立棚尾小学校正門前広場

 大地を蹴って飛び上がるとのさまバッタをどこまでも追いかけた少年の頃、自然は身近なものであった。
 私達は、めっきり自然とのふれあいが少なくなった。ふたたび緑豊かで小鳥、昆虫などと共存出来る環境を取り戻したいものだ。
 このような願いを込めながら制作にあたった。
 作品は『2匹のバッタと、それを追いかけようとする子供像』からなる構成とし、近くに小学校があり、子どもにも親しまれるモチーフとした。それらの作品は、なだらかに隆起する芝生の築山の上に配置される。その築山と作品は道を隔てた長富公園の築山に呼応し、全体が一つとなって、彫刻作品のための空間をかたちづくるように意図した。

加藤昭男


加藤昭男氏の略歴
1927 瀬戸市に生まれる
1953 東京芸術大学彫刻科卒業
1960 第3回国際具象派美術展出品(銀座・松坂屋)
1962 第5回現代日本美術展出品(東京都美術館)
1970 第5回昭和会展出品(日動画廊)優秀賞受賞
1973 第1回彫刻の森美術館大賞展出品(箱根)
1974 第2回長野市野外彫刻賞受賞
第5回中原悌二郎賞優秀賞受賞
1975 現代彫刻20人展出品(東京セントラル美術館)
第11回現代日本美術展出品(東京都美術館)
1976 頭像展出品(彫刻の森美術館)
1979 横浜市根岸公園に《鳥を呼ぶ》設置
1980 戦後日本現代彫刻の歩み展出品(神奈川県民ホールギャラリー)
松下政経塾正門にレリーフ《明日の太陽》設置
1982 第2回高村光太郎大賞展出品(彫刻の森美術館)、優秀賞受賞
1983・86 第1回、第2回東京野外現代彫刻展出品(世田谷・砧公園)、大衆賞受賞
1988 現代彫刻・1980年代の作家展出品
1989 昭和63年度優秀作品として《古瀬戸》文化庁買上げ
  新制作協会会員/武蔵野美術大学名誉教授
ページのトップへ戻る