愛知県碧南市の公式ホームページへようこそ

碧南市

ひとのわで楽しさつくるみなとまちへきなん

トップページ < 市長のC・Sメッセージ < バックナンバー

市長のC・Sメッセージ

平成29年5月1日 碧南市の平成28年3月末の一人当たり正味借金残高は愛知県38市中少ない方から第7位

 市民の皆様、平成29年度となり、1ケ月が経過しました。景気も今のところまずまずのようですので、なにかと忙しい日々をお過ごしのことと思います。体調管理を十分に行っていただき、それぞれの分野で、大活躍されますよう、ご祈念申し上げます。
 
 さて、この度、愛知県市長会が、平成28年3月31日現在の各市の財政状況に関する資料を発表しましたので、それに基づいて碧南市の財政状況について、検証してみます。
 
 平成20年秋のリーマンショック以来、碧南市の市税収入は、5年連続大変少ない状態でした。税収がピークと比較して40?50億円少ない状態で市政運営をしてきました。
 市民の皆様のご協力を得て、行財政改革を行いながら、どうしても足らない場合は、市債(借金)を増やしたり、貯金を取り崩したりしながら、やりくりをしてきました。その結果、税収的には最低状態ではありましたが、「財政再スタート宣言」の成果もあり、平成25年度の実質単年度一般会計決算では、約2億円の黒字となりました。26年度は、大手自動車メーカーの業績回復があり、実質単年度一般会計決算は、約9億円の黒字となりました。27年度も、引き続き実質単年度一般会計決算は、約11億円の黒字となりました。そんなこともあり、碧南市の財政状況も改善しています。1年ほど前の数字ですが、愛知県各市との比較の中でどんな状態になっているのでしょうか。

 愛知県各市の正味借金について考察します。次表は、平成28年3月末現在の愛知県38市の市民一人当たりの正味借金残高(市債残高―各種基金残高)の一覧、並びに少ない方からの順位です。各種基金の中には財政調整基金も当然含まれています。碧南市は、5.0万円ということで、少ない方から7位(23年3月末は4位、24年3月末は6位、25年3月末は7位、26年3月末は6位、27年3月末は7位)であり、順位は、ここ数年横ばいです。

平成28年3月31日現在、人口については、平成28年1月1日現在のもの
市名 人口 市債残高
(百万円)
各種基金
残高
(百万円)
市民一人当り
各種基金残高
(万円)
前項の
順位
市債残高ー
各種基金残高
(百万円)
正味借金
市民一人当り
前項金額
(万円)
前項の
順位
みよし 60383 9171 16175 26.79 1 -7004 -11.6 1
刈谷 149262 8405 20005 13.4 8 -11600 -7.8 2
安城 185818 17022 29189 15.71 5 -12167 -6.5 3
小牧 153655 14320 20886 13.59 7 -6566 -4.3 4
豊田 422571 72940 74685 17.67 4 -1745 -0.4 5
大府 89788 8900 8586 9.56 11 314 0.3 6
碧南 71673 9877 6262 8.74 13 3615 5 7
長久手 55555 8434 5066 9.12 12 3368 6.1 8
岡崎 382784 63116 30222 7.9 15 32894 8.6 9
高浜 46756 7657 2967 6.35 19 4690 10 10
半田 118733 19335 6587 5.55 23 12748 10.7 11
日進 88024 13258 3484 3.96 30 9774 11.1 12
あま 88527 19360 9120 10.3 9 10240 11.6 13
愛西 64699 22892 14545 22.48 2 8347 12.9 14
田原 64078 21350 13057 20.38 3 8293 12.9 15
知多 86084 15692 4415 5.13 24 11277 13.1 16
瀬戸 130908 24032 5860 4.48 27 18172 13.9 17
豊明 68706 13499 3951 5.75 22 9548 13.9 18
東海 113535 23698 6858 6.04 21 16840 14.8 19
清須 67118 17312 6511 9.7 10 10801 16.1 20
尾張旭 82605 17704 3924 4.75 25 13780 16.7 21
西尾 170734 35583 6959 4.08 29 28624 16.8 22
知立 71010 17291 4879 6.87 18 12412 17.5 23
豊川 185273 49114 15069 8.13 14 34045 18.4 24
弥富 44399 10995 2789 6.28 20 8206 18.5 25
岩倉 47758 11411 2222 4.65 26 9189 19.2 26
江南 101053 23846 3815 3.78 33 20031 19.8 27
春日井 311327 79399 8798 2.83 35 70601 22.7 28
津島 64074 16591 1822 2.84 34 14769 23 29
稲沢 138089 42280 10225 7.4 17 32055 23.2 30
犬山 74790 20563 3073 4.11 28 17490 23.4 31
一宮 386343 101344 9198 2.38 36 92146 23.9 32
豊橋 378485 99832 8280 2.19 37 91552 24.2 33
蒲郡 81291 28148 6059 7.45 16 22089 27.2 34
北名古屋 84433 26859 3281 3.89 31 23578 27.9 35
新城 48553 22726 7318 15.07 6 15408 31.7 36
常滑 58240 23101 2216 3.8 32 20885 35.9 37
名古屋 2269444 1539952 43205 1.9 38 1496747 66 38
県市町村計 7509636 2665555 480770 6.4   2184785 29.1  

 西三河9市の中では、次表に示すように、碧南市の正味借金残高は、総額36億円、市民一人当たりの正味借金残高は、5.0万円であり、少ない方から5番目(23年3月末は3番目、24年3月末は4番目、25年3月末は4番目、26年3月末は4番目、27年3月末は5番目)であり、市民一人当たりの正味借金残高は、前年度より6千円減りました。
 西三河9市平均の市民一人当たりの正味借金残高3.2万円なので、碧南市は、西三河9市の平均より、市民一人当たり1.8万円、市としては、(5.0万円―3.2万円)×71673人=12.9億円、借金が多いことになります。碧南市も財務改善を進めていますが、他市もそれ以上に改善を行っているようです。
 一方、前表にあるように、愛知県54市町村平均の一人当たりの正味借金残高29.1万円までには、碧南市は、あと、(29.1万円―5.0万円)×71673人=172.7億円、借り入れを起こせる余裕があるということになります。

平成28年3月31日現在、人口については、平成28年1月1日現在のもの
市名 人口 市債残高
(百万円)
各種基金
残高
(百万円)
市民一人
当り
各種基金
残高
(万円)
前項の
順位
市債残高ー
各種基金残高
(百万円)
正味借金
市民一人
当り
前項金額
(万円)
前項の
順位
みよし 60383 9171 16175 26.79 1 -7004 -11.6 1
刈谷 149262 8405 20005 13.4 4 -11600 -7.8 2
安城 185818 17022 29189 15.71 3 -12167 -6.5 3
豊田 422571 72940 74685 17.67 2 -1745 -0.4 4
碧南 71673 9877 6262 8.74 5 3615 5 5
岡崎 382784 63116 30222 7.9 6 32894 8.6 6
高浜 46756 7657 2967 6.35 8 4690 10 7
西尾 170734 35583 6959 4.08 9 28624 16.8 8
知立 71010 17291 4879 6.87 7 12412 17.5 9
西三河9市計 1560991 241062 191343 12.26   49719 3.2  

 それでは、碧海5市においてはどうか。次の表の通り、碧海5市の中では、碧南市は、市民一人当たりの正味借金残高は、少ない方から3番目(23年3月末は2番目、24年3月末は3番目、25年3月末は3番目、26年3月末は3番目、27年3月末は3番目)であり、この順位はここ数年は同じです。また、碧海5市平均の一人当たりの正味借金残高は−0.6万円であり、碧南市は、(―0.6万円―5.0万円)×71673人=―40.1億円、約40億円借金し過ぎていることになります。

平成28年3月31日現在、人口については、平成28年1月1日現在のもの
市名 人口 市債残高
(百万円)
各種基金
残高
(百万円)
市民一人
当り
各種基金
残高
(万円)
前項の
順位
市債残高ー
各種基金残高
(百万円)
正味借金
市民一人
当り
前項金額
(万円)
前項の
順位
刈谷 149262 8405 20005 13.4 2 -11600 -7.8 1
安城 185818 17022 29189 15.71 1 -12167 -6.5 2
碧南 71673 9877 6262 8.74 3 3615 5 3
高浜 46756 7657 2967 6.35 5 4690 10 4
知立 71010 17291 4879 6.87 4 12412 17.5 5
碧海5市計 524519 60252 63302 12.07   -3050 -0.6  

 以上、様々な観点から、碧南市の財政状況を考察してきましたが、平成28年3月末の時点で、各種指標の順位はほぼ横ばいであり、愛知県38市14町2村平均との比較ではまだ良好な状態にあるといえますが、西三河9市や碧海5市のなかでは、平均以下の状況になっていることが分かります。
 いずれにしても、常に財政の状況を正確に把握しながら、他市とのバランスを計りながら、市政運営を行っていく必要があります。


バックナンバー一覧へ戻る