愛知県碧南市の公式ホームページへようこそ

碧南市

ひとのわで楽しさつくるみなとまちへきなん

トップページ < 市長のC・Sメッセージ < バックナンバー

市長のC・Sメッセージ

平成28年4月1日 平成27年3月末の財政状況(愛知県38市との比較)

 市民の皆様、新年度になり、何かと忙しい毎日をお送りのことと思います。まだ寒い日もありますので、体調管理に十分ご留意下さい。より一層のご活躍を祈念申し上げます。

 さて、この度、愛知県市長会が、平成27年3月31日現在の各市の財政状況に関する資料を発表しましたので、それに基づいて碧南市の財政状況について、検証してみます。
 平成20年秋のリーマンショック以来、碧南市の市税収入は、5年連続大変少ない状態でした。税収がピークと比較して40?50億円少ない状態で市政運営をしてきました。
 市民の皆様のご協力を得て、行財政改革を行いながら、どうしても足らない場合は、市債(借金)を増やしたり、貯金を取り崩したりしながら、やりくりをしてきました。その結果、税収的には最低状態ではありましたが、「財政再スタート宣言」の成果もあり、平成25年度の実質単年度一般会計決算では、約2億円の黒字なりました。26年度は、大手自動車メーカーの業績回復があり、実質単年度一般会計決算は、約9億円となりました。そんなこともあり、碧南市の財政状況も改善しつつあります。1年ほど前の数字ですが、愛知県各市との比較の中でどんな状態になっているのでしょうか。

 愛知県各市の正味借金について考察します。次表は、平成27年3月末現在の愛知県38市の市民一人当たりの正味借金残高(市債残高―各種基金残高)の一覧、並びに少ない方からの順位です。各種基金の中には財政調整基金も当然含まれています。碧南市は、5.6万円ということで、7位(23年3月末は4位、24年3月末は6位、25年3月末は7位、26年3月末は6位)であり、順位は、ここ数年横ばいです。

平成27年3月31日現在、人口については、平成27年1月1日現在のもの
市名 人口 市債残高(百万円) 各種基金残高(百万円) 市民一人当り各種基金残高(万円) 前項の順位 市債残高ー各種基金残高(百万円)正味借金 市民一人当りの前項金額(万円) 前項の順位
みよし 59748 10048 15769 26.39 1 -5721 -9.6 1
刈谷 148669 9872 19595 13.18 8 -9723 -6.5 2
安城 184892 17765 29473 15.94 4 -11708 -6.3 3
小牧 153744 15407 20477 13.32 7 -5070 -3.3 4
大府 89049 9572 7376 8.28 11 2196 2.5 5
豊田 421701 81131 60303 14.3 5 20828 4.9 6
碧南 71739 9359 5371 7.49 15 3988 5.6 7
長久手 54480 7947 4404 8.08 12 3543 6.5 8
岡崎 380537 63801 29420 7.73 14 34381 9 9
あま 88364 19844 9470 10.72 9 10374 11.7 10
高浜 46295 8210 2413 5.21 20 5797 12.5 11
半田 118783 21497 5899 4.97 22 15598 13.1 12
日進 86952 14216 2729 3.14 32 11487 13.2 13
知多 85742 15392 3509 4.09 28 11883 13.9 14
豊明 68530 13021 3362 4.91 23 9659 14.1 15
瀬戸 131380 24605 4532 3.45 31 20073 15.3 16
愛西 65237 23154 13168 20.18 2 9986 15.3 17
田原 64721 23207 12737 19.68 3 10470 16.2 18
東海 112694 23526 5278 4.68 25 18248 16.2 19
尾張旭 82359 17781 3920 4.76 24 13861 16.8 20
清須 66707 17126 5746 8.61 10 11380 17.1 21
知立 70555 17294 4880 6.92 18 12414 17.6 22
西尾 170159 37877 7001 4.11 27 30876 18.1 23
岩倉 47693 11196 2370 4.97 21 8826 18.5 24
弥富 44481 11232 2985 6.71 19 8247 18.5 25
豊川 185111 51352 13258 7.16 16 38094 20.6 26
稲沢 138526 39629 11107 8.02 13 28522 20.6 27
江南 101204 23788 2927 2.89 34 20861 20.6 28
津島 64450 16483 1929 2.99 33 14554 22.6 29
犬山 74780 19691 2765 3.7 30 16926 22.6 30
一宮 386538 96983 8495 2.2 37 88488 22.9 31
春日井 310495 79057 7622 2.45 35 71435 23 32
北名古屋 83846 23150 3785 4.51 26 19365 23.1 33
豊橋 378890 102783 9224 2.43 36 93559 24.7 34
蒲郡 81717 28709 5720 7 17 22989 28.1 35
新城 49112 22443 6985 14.22 6 15458 31.5 36
常滑 57780 23278 2346 4.06 29 20932 36.2 37
名古屋 2260440 1596676 43441 1.92 38 1553235 68.7 38
38市計 7088100 2648102 401791 5.67   2246311 31.7  

 西三河9市の中では、次表に示すように、碧南市の正味借金残高は、総額40億円、市民一人当たりの正味借金残高は、5.6万円であり、少ない方から5番目(23年3月末は3番目、24年3月末は4番目、25年3月末は4番目、26年3月末は4番目)であり、市民一人当たりの正味借金残高金額は2.4万円減りましたが、順位は下がりました。
 西三河9市平均の市民一人当たりの正味借金残高5.2万円なので、碧南市は、西三河9市の平均より、市民一人当たりの正味借金残高が、0,4万円多いことになります。碧南市も財務改善を進めていますが、他市もそれ以上に改善を行っているようです。
 一方、愛知県38市平均の市民一人当たりの市債残高26.9万円までには、碧南市は、あと、(26.9万円―5.6万円)×71739人=152.8億円、借り入れを起こせる余裕があるということになります。

平成27年3月31日現在、人口については、平成27年1月1日現在のもの
市名 人口 市債残高(百万円) 各種基金残高(百万円) 市民一人当り各種基金残高(万円) 前項の順位 市債残高ー各種基金残高(百万円)正味借金 市民一人当りの前項金額(万円) 前項の順位
みよし 59748 10048 15769 26.39 1 -5721 -9.6 1
刈谷 148669 9872 19595 13.18 4 -9723 -6.5 2
安城 184892 17765 29473 15.94 2 -11708 -6.3 3
豊田 421701 81131 60303 14.3 3 20828 4.9 4
碧南 71739 9359 5371 7.49 6 3988 5.6 5
岡崎 380537 63801 29420 7.73 5 34381 9 6
高浜 46295 8210 2413 5.21 8 5797 12.5 7
知立 70555 17294 4880 6.92 7 12414 17.6 8
西尾 170159 37877 7001 4.11 9 30876 18.1 9
西三河9市計  1554295 255357 174225 11.21   81132 5.2  
38市計 8642395 2903459 576016 6.67   2327443 26.9  

 それでは、碧海5市においてはどうか。次の表の通り、碧海5市の中では、碧南市は、市民一人当たりの正味借金残高は、少ない方から3番目(23年3月末は2番目、24年3月末は3番目、25年3月末は3番目、26年3月末は3番目)であり、この順位はここ数年は同じです。また、碧海5市平均の市民一人当たりの正味借金残高0.1万円であり、碧南市は、(0.1万円―5.6万円)×71739人=―39.5億円、約40億円借金し過ぎていることになります。従って、あと40億円程度は、積立金(貯金)をする必要がありそうです。
市名 人口 市債残高(百万円) 各種基金残高(百万円) 市民一人当り各種基金残高(万円) 前項の順位 市債残高ー各種基金残高(百万円)正味借金 市民一人当りの前項金額(万円) 前項の順位
刈谷 148669 9872 19595 13.18 8 -9723 -6.5 2
安城 184892 17765 29473 15.94 4 -11708 -6.3 3
碧南 71739 9359 5371 7.49 15 3988 5.6 5
高浜 46295 8210 2413 5.21 20 5797 12.5 7
知立 70555 17294 4880 6.92 18 12414 17.6 8
碧海5市合計 522150 62500 61732 11.82   768 0.1  

 以上、様々な観点から、碧南市の財政状況を考察してきましたが、平成27年3月末の時点で、各種指標の順位はほぼ横ばいであり、愛知県38市平均との比較ではまだ良好な状態にあるといえますが、西三河9市や碧海5市のなかでは、平均以下の状況になっていることが分かります。平成27年度に入ってからも、大手自動車メーカーからの多額の税収があり、碧南市の財政状況も改善されているはずですので、平成28年3月末の数字に期待したいと思います。
いずれにしても、常に財政の状況を正確に把握しながら、他市とのバランスを計りながら、市政運営を行っていく必要があります。

バックナンバー一覧へ戻る