愛知県碧南市の公式ホームページへようこそ

碧南市

ひとのわで楽しさつくるみなとまちへきなん

トップページ < 市長のC・Sメッセージ < バックナンバー

市長のC・Sメッセージ

平成27年8月3日 碧南市は、すでに健康長寿日本一の市になっているかもしれません

 市民の皆様、猛暑の候、夏を満喫されておられることと思います。景気も現在のところ好調のようであります。このまま好景気を維持してもらいたいものです。熱中症に気を付けながら、夏にしかできないことを中心に楽しい毎日をお送り下さい。

 碧南市の高齢化率(人口に占める65歳以上の人の割合)は、平成26年9月末現在で、21.8%(71,871人中、15,724人)で、愛知県全体より1.4%(約千人)、国全体より4.1%(約3千人)少ない状況です。

 一方、後期高齢化率(人口に占める75歳以上の人の割合)は、平成26年9月末現在で、10.5%(71,871人中、7,610人)で、愛知県全体より0.1%(約70人)多く、国全体より1.9%(約千4百人)少ない状況です。このことから、碧南市では、高齢化率は低いが、介護や医療がより必要となる後期高齢者数は、愛知県平均であることがわかります。

 しかし、碧南市の高齢者は大変元気です。要支援・要介護での介護保険利用率は、平成27年3月末現在で、12.3%(65歳以上人口15,956人中、1,963人)で愛知県全体より0.9%(144人)、国全体より2.7%(431人)少ないのです。このことは、碧南市では、介護にかかる経費も相対的に少なく済んでいることを意味しています。現在、介護保険利用者の一ヶ月当たりの平均経費は約15万円、年間約180万円ですので、愛知県全体平均より144人×180万円=2億5,920万円、国全体平均より431人×180万円=7億7,580万円、介護保険利用金額が少なく済んでいるわけです。

 介護保険にかかる費用は、40歳以上の市民が支払う保険料で2分の1、国の負担金で4分の1、県と市の負担金でそれぞれ8分の1ずつ負担する仕組みとなっています。その結果、碧南市の介護保険料は、次表に示すように標準段階の月額で4,600円であり、県下38市中、安い方から5番目です。

順位 市名 基準額(月額)
1 みよし市 4,040
2 小牧市 4,163
3 知立市 4,250
4 犬山市 4,558
5 碧南市 4,600
5 稲沢市 4,600
7 北名古屋市 4,650
8 あま市 4,700
9 田原市 4,750
10 弥富市 4,760
11 岡崎市 4,770
12 愛西市 4,800
12 西尾市 4,800
12 豊田市 4,800
12 安城市 4,800
12 豊橋市 4,800
17 岩倉市 4,814
18 尾張旭市 4,820
19 蒲郡市 4,900
20 半田市 4,930
21 刈谷市 4,940
22 江南市 4,945
22 瀬戸市 4,945
24 常滑市 4,950
24 新城市 4,950
26 清須市 4,984
27 長久手市 5,045
28 春日井市 5,047
29 知多北部広域連合 5,073
30 豊川市 5,180
31 日進市 5,190
32 一宮市 5,200
33 津島市 5,300
34 豊明市 5,475
35 高浜市 5,480
36 名古屋市 5,894

ちなみに、現在の碧南市の各介護保険料段階の人数(65歳以上の第1号被保険者分、平成26年4月1日現在の分布を基に推計した平成27年度の予算積算人数)分布は次の通りです。
  第1段階(1,840円)   1,498人    9.2%
  第2段階(3,220円)     774人    4.7%
  第3段階(3,450円)     816人    5.0%
  第4段階(3,910円)   2,698人   16.6%
  第5段階(4,600円)   2,946人   18.1%
  第6段階(5,520円)   2,701人   16.6%
  第7段階(5,980円)   2,127人   13.1%
  第8段階(6,900円)   1,336人    8.2%
  第9段階(7,820円)     520人    3.2%
  第10段階(8,280円)    437人    2.7%
  第11段階(8,740円)    171人    1.0%
  第12段階(9,200円)    268人    1.6%
             計   16,292人  100.0%

また、碧南市が負担する金額も愛知県全体平均と比較すると、年間3,240万円安く済んでいます。

なぜ、碧南市の高齢者はこんなに元気なのでしょうか。老人クラブを始め、各種ボランティア、踊りなどの芸ごと、卓球、グランドゴルフ、ゲートボールなどのスポーツに参加して、積極的に活動している高齢者が大変多いと思います。また、無料券などを利用してお風呂を頻繁に利用していることも健康の維持増進に大いに役立っていると思います。
ちなみに平成27年4月1日現在、市内には29の老人クラブがあります。会員は60歳以上の方を対象としており、会員数は、男性が3,208人、女性が4,146人で、合計7,354人、加入率は、60歳以上の人口に占める会員数の割合で、36.0%です。加入率の推移は、平成24年度が37.0%、25年度が36.5%、26年度が36.3%です。加入率は減少しているが、会員数は平成24年度が7,273人、25年度が7,281人、26年度が7,315人と毎年増えています。
平成26年4月現在で比較しますと、次表で分かる通り、碧南市の老人クラブ加入率は、36%で県下3番目の高さです。名古屋市を除く愛知県の平均加入率が22.7%、碧海5市では、刈谷市が22.8%、安城市が25.2%、高浜市が15.2%、知立市が18.9%で、碧南市の36.0%が飛び抜けて高い加入率です。

老人クラブ市別加入率一覧
順位 市名 加盟クラブ数 加盟会員数 60歳以上人口 加入率
1 田原市 138 14,194 20,179 70.30%
2 稲沢市 178 16,939 42,681 39.70%
3 碧南市 124 7,315 20,144 36.30%
4 知多市 84 9,528 26,628 35.80%
5 弥富市 71 4,671 13,177 35.40%
6 常滑市 105 5,838 17,506 33.30%
7 日進市 39 6,827 20,548 33.20%
8 愛西市 119 7,312 22,288 32.80%
9 西尾市 132 15,725 50,301 31.30%
10 みよし市 70 3,719 12,276 30.30%
11 一宮市 514 35,421 118,365 29.90%
12 清須市 47 4,997 19,096 26.20%
13 豊田市 237 28,483 110,354 25.80%
14 安城市 99 11,359 45,041 25.20%
15 岩倉市 28 3,456 14,152 24.40%
16 東海市 138 7,008 29,293 23.90%
17 あま市 132 6,326 26,905 23.50%
18 豊明市 54 4,700 20,451 23.00%
19 刈谷市 57 7,999 35,043 22.80%
20 岡崎市 221 21,076 102,152 20.60%
21 半田市 121 6,663 33,405 19.90%
22 大府市 71 4,285 22,544 19.00%
23 知立市 57 3,155 16,720 18.90%
24 津島市 65 3,634 20,165 18.00%
25 豊橋市 225 17,301 110,906 15.60%
26 高浜市 19 1,650 10,865 15.20%
27 豊川市 130 8,377 55,760 15.00%
28 江南市 80 4,797 31,953 15.00%
29 長久手市 21 1,435 9,984 14.40%
30 新城市 50 2,631 19,256 13.70%
31 北名古屋市 17 3,197 23,649 13.50%
32 小牧市 78 5,542 42,741 13.00%
33 蒲郡市 54 3,316 27,494 12.10%
34 犬山市 57 2,578 24,790 10.40%
35 春日井市 127 8,256 91,704 9.00%
36 尾張旭市 23 1,783 24,286 7.30%
37 瀬戸市 50 2,677 44,213 6.10%
  37市計 3832 304,170 1,377,015 22.10%

注:60歳以上の人口は、各市からの報告値または、平成25年4月1日現在の愛知県統計課発表値。名古屋市は入っていない。

 碧南市は、平成26年3月に、第二次へきなん健康づくり21プランを作成しました。そのスローガンは、「健康寿命日本一を目指して」です。「元気な状態で長生きをすること」は、大方の人の願いです。碧南市としては、平均寿命を延ばすことより、健康寿命(健康上の理由で日常生活が制限されることなく生活できる期間)を延ばすことをより重視して、第二次へきなん健康づくり21プランにもと基づき、健康増進、介護予防施策を体系的に進めています。

 次表は、平成22年度の数字ということですが、厚生労働省の資料より作成した健康寿命と平均寿命の各県・男女別のランキング一覧表です。この表から分かることは、平均寿命が長いところが必ずしも健康寿命が長いとは言えないということです。男性の健康寿命1位の愛知県の平均寿命は17位、健康寿命2位の静岡は平均寿命10位、健康寿命3位の千葉は平均寿命13位、女性の健康寿命1位の静岡県は平均寿命31位、健康寿命2位の群馬は平均寿命41位、健康寿命3位の愛知は平均寿命32位といった具合です。
愛知県、静岡県などが男女ともに健康寿命が長いようです。気候が温暖、地場の食材が豊富、お茶をよく飲む、県民所得が高い、働いている人が多いなどが健康寿命を長くしている要因の一つ一つかもしれません。

 また、別の厚生労働省の資料によると、全国平均で男性の健康寿命(健康上の理由で日常生活が制限されることなく生活できる期間)は70.42歳、平均寿命は79.59歳で、9.17歳の差があります。女性の健康寿命は73.62歳、平均寿命は86.35歳で、12.73歳の差があります。
 また、男性の健康寿命1位(71.74歳)の愛知県と男性の健康寿命47位(最下位、68.95歳)の青森県の差は2.79歳、日にちに換算すると、2.79年×365日=1,018日となります。また、女性の健康寿命1位(75.32歳)の静岡県と女性の健康寿命47位(最下位、72.37歳)の滋賀県の差は2.95歳、日にちに換算すると、2.95年×365日=1,076日となります。約1000日間、健康上の理由で日常生活が制限されることなく生活できる期間が長いか短いかは、人の一生にとって大変重要なことであると思います。
 また、参考のために、愛知県と東京の健康寿命の比較をしてみます。愛知県男性の健康寿命は、東京都男性の健康寿命(69.99歳)より1.75歳、日にちに換算すると1.75年×365日=639日間、医者いらず状態が長いことが分かります。愛知県女性(74.93歳)では、東京都女性の健康寿命(72.88歳)より2.05歳、日にちに換算すると2.05年×365日=748日間、医者いらず状態が長いことが分かります。
都道府県 健康寿命(年) 平均寿命(年) 健康寿命(年) 平均寿命(年)
男性 順位 男性 順位 女性 順位 女性 順位
愛知 71.74 1 79.71 17 74.93 3 86.22 32
静岡 71.68 2 79.95 10 75.32 1 86.22 31
千葉 71.62 3 79.88 13 73.53 27 86.2 34
茨城 71.32 4 79.09 36 74.62 7 85.83 44
山梨 71.2 5 79.54 25 74.47 12 86.65 14
長野 71.17 6 80.88 1 74 17 87.18 1
鹿児島 71.14 7 79.21 33 74.51 10 86.28 28
福井 71.11 8 80.47 3 74.49 11 86.94 6
石川 71.1 9 79.71 18 74.54 9 86.75 10
群馬 71.07 10 79.4 29 75.27 2 85.91 41
宮崎 71.06 11 79.7 20 74.62 8 86.61 16
神奈川 70.9 12 80.25 5 74.36 13 86.63 15
岐阜 70.89 13 79.92 11 74.15 15 86.26 29
沖縄 70.81 14 79.4 30 74.86 5 87.02 3
山形 70.78 15 79.97 9 73.87 20 86.28 27
三重 70.73 17 79.68 21 73.63 26 86.25 30
栃木 70.73 16 79.06 38 74.86 4 85.66 46
滋賀 70.67 19 80.58 2 72.37 47 86.69 12
埼玉 70.67 18 79.62 23 73.07 38 85.88 42
富山 70.63 20 79.71 19 74.36 14 86.75 11
熊本 70.58 21 80.29 4 73.84 21 86.98 4
山口 70.47 22 79.03 39 73.71 24 86.07 37
秋田 70.46 23 78.22 46 73.99 18 85.93 40
島根 70.45 24 79.51 26 74.64 6 87.07 2
和歌山 70.41 25 79.07 37 73.41 30 85.69 45
京都 70.4 27 80.21 6 73.5 28 86.65 13
宮城 70.4 26 79.65 22 73.78 22 86.39 23
奈良 70.38 28 80.14 7 72.93 40 86.6 17
佐賀 70.34 29 79.28 32 73.64 25 86.58 18
広島 70.22 30 79.91 12 72.49 46 86.94 7
鳥取 70.04 31 79.01 40 73.24 33 86.08 36
北海道 70.03 32 79.17 34 73.19 34 86.3 25
東京 69.99 33 79.82 14 72.88 41 86.39 22
福島 69.97 34 78.84 44 74.09 16 86.05 38
兵庫 69.95 35 79.59 24 73.09 37 86.14 35
新潟 69.91 36 79.47 27 73.77 23 86.96 5
徳島 69.9 37 79.44 28 72.73 43 86.21 33
香川 69.86 38 79.73 16 72.76 42 86.34 24
大分 69.85 39 80.06 8 73.19 35 86.91 9
福岡 69.67 40 79.3 31 72.72 44 86.48 20
岡山 69.66 41 79.77 15 73.48 29 86.93 8
愛媛 69.63 42 79.13 35 73.89 19 86.54 19
岩手 69.43 43 78.53 45 73.25 32 85.86 43
大阪 69.39 44 78.99 41 72.55 45 85.93 39
長崎 69.14 45 78.88 43 73.05 39 86.3 26
高知 69.12 46 78.91 42 73.11 36 86.47 21
青森 68.95 47 77.28 47 73.34 31 85.34 47
全国 70.42   79.59   73.62   86.35  

 いずれにしても、碧南市としては健康寿命全国1、2位にある愛知県38市14町2村の中でまず1位となり、結果として全国1位となれるよう、市民の皆様と協力して肉体的、精神的、環境的、教育的、あるゆる施策を総動員して、限られた予算の中ではありますが、限りなく楽しく、いろいろなことを実施してまいります。
 ひょっとすると、碧南市は既に「健康長寿日本一」を実現しているかもしれません(各市単位の健康寿命年齢は調査公表されていませんので、今のところ推測の域を出ませんが)。

バックナンバー一覧へ戻る