愛知県碧南市の公式ホームページへようこそ

碧南市

ひとのわで楽しさつくるみなとまちへきなん

トップページ < 市長のC・Sメッセージ < バックナンバー

市長のC・Sメッセージ

平成27年3月2日 平成26年3月末の財政状況(愛知県38市との比較)

 市民の皆様、3月になりましたが、まだまだ寒い日も多く、体調管理に十分ご留意下さい。新年度に向けて、何かと忙しい毎日をお送りのことと思います。より一層のご活躍を祈念申し上げます。

 最近、碧南市では、世界に誇ってもよいことが、たびたびあります。昨年、学研パブリッシングの調査による「主婦が幸せに暮らせる街」ランキングにおいて、碧南市が東海地区(愛知県、三重県、岐阜県)で第1位に輝いたことや、碧南市ふるさと応援寄付金制度が大ブレイク中で、9月1日から12月31日までで、約1億9千万円集り、愛知県内の自治体の中では、ダントツ1位状態であること等は、当CSメッセージで既にお伝えした通りです。
 
 これら以外でも、次のような世界に誇ってもよいことがあります。
 平成27年1月、第93回全国高等学校サッカー選手権大会で石川県星稜高校(プロサッカーで活躍中の本田圭祐選手の出身高校)が優勝しましたが、延長前半、後半それぞれ1点、計2点をゴールし、優勝に多大な貢献をした森山泰希選手は、碧南市二本木町出身、碧南市立東中学校の卒業生です。

 日本放送協会(NHK)と全国農業協同組合との共催の第44回日本農業賞の発表が平成27年1月30日に発表され、全国1位にあたる日本農業賞大勝に、碧南市半崎町でミニトマトを栽培する新美康弘・みどり夫妻が選ばれました。

 平成26年度国民体育大会(ボクシング競技)やボクシングの全日本ボクシング選手権大会ライトフライ級で優勝したのは、碧南市立東中学校の卒業生である但馬ミツロさん(現在中央大学2年生)です。

 碧南市のブランド人参「へきなん美人」が、青果を食味で評価する日本野菜ソムリエ協会(東京)の格付け事業「野菜ソムリエサミット」で、二つ星に認定されました。最高ランクは星三つですが、これまでは、星二つが最高、愛知県で星をもらったのは初めて。過去二つ星に評価された野菜、果物は、温州みかん「ミヤモトオレンジガーデンのみかん in NAKANO」(愛媛県八幡浜市)、サツマイモ「めんげ芋(めんげいも)」(福島県郡山市)、キャベツ「冬甘菜(ふゆかんな)」(福島県郡山市)、カボチャ「自然農法産・森のみやこかぼちゃ」(北海道茅部郡森町)、ショウガ「七山七福しょうが」(佐賀県唐津市)、ひとしの野菜 とうもろこし(東京都東久留米市)、ホワイトベル(ナス)(大阪府富田林市)の7品目です。最近、回転ずしチェーン「魚魚丸」で、「へきなん美人」は巻物寿司メニューに使われています。

 さて、この度、愛知県市長会が、平成26年3月31日現在の各市の財政状況に関する資料を発表しましたので、それに基づいて碧南市の財政状況について、検証してみます。
 平成20年秋のリーマンショック以来、碧南市の市税収入は、5年連続大変少ない状態でした。税収がピークと比較して40〜50億円少ない状態で市政運営をしてきました。
 行財政改革を行いながら、どうしても足らない場合は、市債(借金)を増やしたり、貯金を取り崩したりしながら、やりくりをしてきました。1年ほど前の数字ですが、愛知県各市との比較の中でどんな状態になっているのでしょうか。

 愛知県各市の正味借金について考察します。次表は、平成26年3月末現在の愛知県38市の市民一人当たりの正味借金残高(市債残高―各種基金残高)の一覧、並びに少ない方からの順位です。各種基金の中には財政調整基金も当然含まれています。碧南市は、8万円ということで、6位(23年3月末は4位、24年3月末は6位、25年3月末は7位)であり、順位を上げています。

                                              平成26年3月31日現在

市名 人口 市債残高(百万円) 各種基金残高(百万円) 市民一人当り各種基金残高(万円) 前項の順位 市債残高−各種基金残高(百万円) 正味借金 市民一人当りの前項金額(万円) 前項の順位
安城 183,765 18,465 27,107 14.75 4 -8,642 -4.7 1
小牧 153,548 15,280 20,815 13.56 7 -5,535 -3.6 2
刈谷 147,512 13,279 18,314 12.42 8 -5,035 -3.4 3
みよし 59,578 11,081 12,152 20.4 1 -1,071 -1.8 4
大府 88,391 9,967 7,382 8.35 12 2,585 2.9 5
碧南 72,046 9,599 3,802 5.28 21 5,797 8 6
岡崎 379,184 66,087 25,413 6.7 17 40,674 10.7 7
半田 119,292 23,485 9,568 8.02 13 13,917 11.7 8
東海 112,310 20,998 7,865 7 15 13,133 11.7 9
あま 88,184 19,602 8,303 9.42 9 11,299 12.8 10
豊田 422,106 89,753 35,655 8.45 11 54,098 12.8 11
知多 85,878 15,362 4,116 4.79 23 11,246 13.1 12
愛西 65,634 21,563 12,959 19.74 2 8,604 13.1 13
高浜 46,167 8,747 1,992 4.31 25 6,755 14.6 14
日進 85,926 14,954 2,345 2.73 35 12,609 14.7 15
瀬戸 131,847 23,635 4,274 3.24 30 19,361 14.7 16
豊明 68,591 12,659 2,562 3.74 29 10,097 14.7 17
知立 70,723 16,494 4,608 6.52 19 11,886 16.8 18
尾張旭 82,155 17,641 3,539 4.31 26 14,102 17.2 19
清須 66,244 16,967 5,265 7.95 14 11,702 17.7 20
弥富 44,515 11,086 3,007 6.76 16 8,079 18.1 21
岩倉 47,613 11,365 2,355 4.95 22 9,010 18.9 22
稲沢 138,642 38,500 11,773 8.49 10 26,727 19.3 23
北名古屋 83,352 19,899 3,686 4.42 24 16,213 19.5 24
江南 101,461 23,034 3,236 3.19 31 19,798 19.5 25
西尾 169,765 40,416 6,807 4.01 27 33,609 19.8 26
津島 65,114 15,535 1,806 2.77 34 13,729 21.1 27
長久手市 52,799 19,602 8,303 15.73 3 11,299 21.4 28
豊川 185,213 53,482 12,193 6.58 18 41,289 22.3 29
一宮 386,591 96,531 9,281 2.4 37 87,250 22.6 30
犬山 75,119 19,432 2,330 3.1 32 17,102 22.8 31
春日井 309,854 80,026 7,743 2.5 36 72,283 23.3 32
豊橋 379,582 105,348 11,538 3.04 33 93,810 24.7 33
田原 65,294 25,943 9,414 14.42 5 16,529 25.3 34
蒲郡 81,772 29,619 5,307 6.49 20 24,312 29.7 35
新城 49,767 22,573 7,136 14.34 6 15,437 31 36
常滑 57,284 23,570 2,278 3.98 28 21,292 37.2 37
名古屋 2,254,891 1,634,839 47,217 2.09 38 1,587,622 70.4 38


 西三河9市の中では、次表に示すように、碧南市の正味借金残高は、総額58億円、市民一人当たりの正味借金残高は、8万円であり、少ない方から4番目(23年3月末は3番目、24年3月末は4番目、25年3月末は4番目)であり、この点は前年度と同じです。正味借金残高についても、西三河9市平均の市民一人当たりの正味借金残高8.9万円並まで、市債を借りることに同意が得られるなら、碧南市は、あと、(8.9万円―8万円)×72046人=6.5億円、借金する余裕があるという見方もできます。
 また、愛知県38市平均の市民一人当たりの市債残高31.8万円までには、碧南市は、あと、(31.8万円―8万円)×72046人=171.5億円、借り入れを起こせる余裕があるということになります。

                                              平成26年3月31日現在

市名 人口 市債残高(百万円) 各種基金残高(百万円) 市民一人当り各種基金残高(万円) 前項の順位 市債残高−各種基金残高(百万円) 正味借金 市民一人当りの前項金額(万円) 前項の順位
安城 183,765 18,465 27,107 14.75 2 -8,642 -4.7 1
刈谷 147,512 13,279 18,314 12.42 3 -5,035 -3.4 2
みよし 59,578 11,081 12,152 20.4 1 -1,071 -1.8 3
碧南 72,046 9,599 3,802 5.28 7 5,797 8 4
岡崎 379,184 66,087 25,413 6.7 5 40,674 10.7 5
豊田 422,106 89,753 35,655 8.45 4 54,098 12.8 6
高浜 46,167 8,747 1,992 4.31 8 6,755 14.6 7
知立 70,723 16,494 4,608 6.52 6 11,886 16.8 8
西尾 169,765 40,416 6,807 4.01 9 33,609 19.8 9
西三河計 1,550,846 273,921 135,850 8.76   138,071 8.9  
愛知県計 7,478,606 2,791,306 416,822 5.57   2,374,484 31.8  


 それでは、碧海5市においてはどうか。次の表の通り、碧海5市の中では、碧南市は、市民一人当たりの正味借金残高は、少ない方から3番目(23年3月末は2番目、24年3月末は3番目、25年3月末は3番目)であり、この順位も同じです。また、碧海5市平均の市民一人当たりの正味借金残高2.1万円であり、碧南市は、(2.1万円―8万円)×72046人=―42.5億円、約43億円借金し過ぎていることになります。

                                              平成26年3月31日現在

市名 人口 市債残高(百万円) 各種基金残高(百万円) 市民一人当り各種基金残高(万円) 前項の順位 市債残高−各種基金残高(百万円)  正味借金 市民一人当りの前項金額(万円) 前項の順位
安城 183,765 18,465 27,107 14.75 1 -8642 -4.7 1
刈谷 147,512 13,279 18,314 12.42 2 -5035 -3.4 2
碧南 72,046 9,599 3,802 5.28 4 5797 8 3
高浜 46,167 8,747 1,992 4.31 5 6755 14.6 4
知立 70,723 16,494 4,608 6.52 3 11886 16.8 5
碧海5市計 520,213 66,584 55,823 10.73   10761 2.1  


 以上、様々な観点から、碧南市の財政状況を考察してきましたが、平成26年3月末の時点で、各種指標の順位はほぼ横ばいであり、愛知県や西三河9市平均との比較ではまだ良好な状態にあるといえますが、碧海5市のなかでは、平均以下の状況になっていることが分かります。平成26年度に入ってからは、大手自動車メーカーからの多額の税収があり、碧南市の財政状況は改善していく見込みです。いずれにしても、常に財政の状況を正確に把握しながら、市政運営を行っていく必要があります。

バックナンバー一覧へ戻る