愛知県碧南市の公式ホームページへようこそ

碧南市

ひとのわで楽しさつくるみなとまちへきなん

トップページ < 市長のC・Sメッセージ < バックナンバー

市長のC・Sメッセージ

平成27年2月1日 碧南市ふるさと応援寄付金が大ブレイク中

 市民の皆様、平成27年となり、1ケ月が経過しました。少し寒い日が多いわけですが、景気も今のところ順調のようですので、なにかと忙しい日々をお過ごしのことと思います。風邪などに気を付けて、それぞれの分野で、大活躍されますよう、ご祈念申し上げます。

 昨年9月1日から始めましたプレゼント付碧南市ふるさと応援寄付金制度が大ブレイク中です。この制度で集まった寄付金は、9月1日から12月31日までで、約1億9千万円集りました。愛知県内の自治体の中では、ダントツ1位状態であります。

 碧南市ふるさと応援寄付金(=ふるさと納税)とは、個人(企業は除く、碧南市民を含む)が、応援したい自治体に寄付した場合、2,000円を超える部分について、一定の限度額まで(限度額はケースによって違うが、300万円以上の給与所得があれば、1万円以上の寄付ができる可能性がある、限度額計算システムが準備されており、各人の条件を入力すると即座に計算される、一般的には個人住民税所得割額の10%)、所得税、県住民税、市住民税を合わせて全額控除される仕組みです。この控除は、毎年1月1日〜12月31日までに行った寄付について、翌年3月15日までに、寄付先自治体からもらった領収書を添付して確定申告を行うことになります(2015年からは確定申告を省略することもできます)。

 現在、おそらく全国1800市町村のうち、半数以上で、プレゼント付のふるさと応援寄付金制度を採用しています。このような状況の中で、碧南市も西三河の中では比較的早めに、本格的なプレゼント付ふるさと応援寄付金制度を昨年9月から運用開始を行いました。碧南市のプレゼントは寄付金1万円に付き3〜4千円のプレゼントとなっています。地元企業の活性化にもなりますし、碧南市民が碧南市に寄付をしても、3〜4千円のプレゼントは所得税控除分と県住民税控除分で補填されますので、市にはいる市住民税が減ることはありませんので、市民の皆様も含め、皆で碧南市ふるさと応援寄付金制度を盛り上げて頂ければ幸いです(ちなみに、平成26年中に碧南市民でこの制度を使ったのは、139人396万円でした)。

 以下は、平成26年9月〜12月までの碧南市ふるさと応援寄付金の各内訳です。ご参照下さい。

都道府県別寄附金申込状況一覧表

寄附者住所 寄附申込 寄付金額割合
件数 金額
東京都 3,446 51,792,000 27.60%
神奈川県 1,307 18,470,100 9.90%
愛知県 1,133 20,721,001 11.10%
大阪府 963 14,180,000 7.60%
千葉県 675 8,930,000 4.80%
兵庫県 635 10,040,600 5.40%
埼玉県 609 9,181,000 4.90%
北海道 261 3,850,000 2.10%
京都府 261 3,700,000 2.00%
福岡県 222 3,370,000 1.80%
静岡県 220 3,313,000 1.80%
広島県 158 2,490,000 1.30%
茨城県 145 2,230,000 1.20%
奈良県 143 1,930,000 1.00%
碧南市 139 3,960,000 2.10%
岐阜県 139 2,043,000 1.10%
宮城県 125 1,960,000 1.00%
滋賀県 123 1,705,000 0.90%
長野県 108 1,380,000 0.70%
栃木県 102 1,480,000 0.80%
三重県 93 1,331,000 0.70%
群馬県 88 1,190,000 0.60%
岡山県 87 1,490,000 0.80%
和歌山県 82 1,160,000 0.60%
新潟県 81 1,230,000 0.70%
愛媛県 65 1,000,000 0.50%
福島県 63 1,110,000 0.60%
沖縄県 54 1,030,000 0.50%
香川県 53 1,000,000 0.50%
鹿児島県 49 850,000 0.50%
山口県 47 760,000 0.40%
熊本県 46 630,000 0.30%
石川県 45 710,000 0.40%
大分県 43 690,000 0.40%
山形県 41 700,000 0.40%
徳島県 39 682,000 0.40%
富山県 39 610,000 0.30%
長崎県 38 560,000 0.30%
鳥取県 35 670,000 0.40%
山梨県 34 480,000 0.30%
青森県 33 440,000 0.20%
島根県 32 550,000 0.30%
佐賀県 27 400,000 0.20%
岩手県 25 340,000 0.20%
秋田県 25 310,000 0.20%
福井県 22 330,000 0.20%
宮崎県 18 260,000 0.10%
高知県 13 170,000 0.10%
合計 12,231 187,408,701 100.00%


寄附金受付月別一覧表

申込件数 申込金額 金額割合
2014 9 1,239 25,470,000 13.60%
2014 10 1,771 28,104,500 15.00%
2014 11 3,902 55,003,100 29.30%
2014 12 5,319 78,831,101 42.10%
12,231 187,408,701 100.00%


決済方法別一覧表

決済区分 申込件数 申込金額 金額割合
クレジット 9,429 138,857,701 74.10%
現金書留 12 160,000 0.10%
現金窓口 63 3,210,000 1.70%
口座振込 449 8,512,000 4.50%
郵便局・コンビニ 2,278 36,669,000 19.60%
12,231 187,408,701 100.00%


寄附金の使途別一覧表

寄附金の使途 申込件数 申込金額 金額割合
安心して住めるまちづくり 2,240 34,200,100 18.20%
活気あるまちづくり 1,430 20,612,001 11.00%
あたたかい心のまちづくり 875 12,431,000 6.60%
きれいな水と青い空のまちづくり 2,704 39,328,500 21.00%
清新な文化のまちづくり 256 4,011,100 2.10%
市長にお任せ 4,726 76,826,000 41.00%
合計 12,231 187,408,701 100.00%


 また、以下は、平成27年の国の方針と碧南市ふるさと応援寄付金の概要です。税額控除される金額が平成26年の2倍に引き上げられること、手続きがより簡単になること等、より魅力ある制度となっています。

平成27年度の碧南市ふるさと応援寄附金制度について
1.国の制度改正について
(1) 特例控除額の控除限度額を、個人住民税所得割額の2割(現行1割)に引き上げる。
⇒結果としては、所得税分、住民税分ともに控除額が倍となる。
(2) 自治体がふるさと納税に係る周知、募集等の事務を適切に行うよう要請する。
⇒金額表示や高額商品の贈呈の自粛、広く流通しているプリペイドカードなど換金性の高い金券を自粛対象にする。
(3) サラリーマン等が寄附を行う場合の「ふるさと納税ワンストップ特例制度」を創設する。
⇒@寄附者が寄附金控除の申請を寄附自治体に要請
A要請を受けた寄附先自治体が控除に必要な事項を寄附者の住民税課税自治体に通知
B課税自治体は、寄附金に係る所得税及び個人住民税の寄附金控除額の合計額の5分の2を県民税から、5分の3を市民税からそれぞれ控除。
※寄附者が確定申告を行った場合又は5団体を超える自治体に対して寄附を行った場合、この特例は適用されない。

2.平成27年度碧南市ふるさと応援寄附金制度について
(1) 歳入(寄附金額)2億5千万円、歳出(経費)1億2千万円余を予定
(2) 税制改正に伴い、所得税・県税の控除額がほぼ2倍となるため、引き続き市民も対象とする。
(3) ふるさとプレゼントにかかる費用負担上限を8割、4千円(品代+送料)から寄附金額の4割(1万円で4千円、2万円なら8千円)に改める。
※製造元のみならず小売業の参加を促すため。
(4) 特産品のエントリー代金(1品目2万円以上)については変更しない。
(5) 年度途中からのエントリーも可能とする。
(6) エントリー数は制限しない。(現行2品目まで)
(7) 特集・クラウドファンディングの強化⇒基金設置の検討
(8) ふるさと納税ポータルサイトの追加「ふるなび」予定


バックナンバー一覧へ戻る