愛知県碧南市の公式ホームページへようこそ

碧南市

ひとのわで楽しさつくるみなとまちへきなん

トップページ < 市長のC・Sメッセージ < バックナンバー

市長のC・Sメッセージ

平成26年10月1日 平成25年度実質単年度決算は、約2億円の黒字(5年ぶり)でした

 市民の皆様、暑い夏を終え、しのぎ易い季節となりました。実りの秋を満喫されていることとお慶び申し上げます。9月議会で、平成25年度の決算が認定承認されましたので、その決算について、市民の皆様にその内容の一部をご報告致します。

 平成26年碧南市議会9月定例会で認定を受けた平成25年度決算は、次のとおりです。
◎市税収入については、対前年度4,554万円余(0.3%)の増となりました。
 これは、個人市民税における1億5,255万円余(3.4%)の増にが主な理由。
※平成24年度「市税」決算額 161億9,765万円余
※平成25年度「市税」決算額 162億4,320万円余
◎税収に対応できる財政構造の確立すなわち財政調整基金に依存しない持続可能な財務体質への転換を図り、財政調整基金の取崩しは、対前年度14億5,769万円余(66.2%)の減となりました。また、安心・安全対策事業など市民満足度(C・S)と費用対効果(C・P)の追求により重要事業を着実に実施しました。
※平成24年度「財政調整基金取崩額」決算額 22億66万円余
※平成25年度「財政調整基金取崩額」決算額  7億4,296万円余

 碧南市の一般会計、5つの特別会計、2つの企業会計を合わせた決算総額は、歳入516億788万円余で前年度対比14億5,378万円余(2.7%)の減、歳出は507億1,368万円余で前年度対比8億5,367万円余(1.7%)の減となりました。
1 一般会計
 一般会計の決算額は、歳入272億6,984万円余で前年度対比12億4,433万円余(4.4%)の減、歳出256億5,964万円余で前年度対比12億7,554万円余(4.7%)の減となり、差引額16億1,020万円余の黒字だが、実質収支額から前年度実質収支額を引いた単年度収支に実質的な黒字要素と赤字要素を加減した実質単年度収支額(前年度からの繰越及び財政調整基金への積立て・取崩しを除外した決算収支)は、2億769万円余で5年振りの黒字となりました。
 市税の収入済額は、162億4,320万円余で前年度対比4,554万円余(0.3%)の増となった。歳入総額の構成比は、59.6%となっています。
 市民税は、55億1,588万円余で前年度対比6,056万円余(1.1%)の増で、うち法人市民税は9億1,712万円余で、前年度対比9,198万円余(9.1%)の減となった。これは、主に法人税引き下げによるものです。
 固定資産税は、89億6,537万円余で前年度対比6,513万円余(0.7%)の減となりました。これは、主に償却資産の経年減価によるものです。
 なお、財政調整基金残高は26億7,675万円余で、前年度対比2億1,751万円余(8.8%)の増となりました。
 地方債残高は95億9,859万円余で、前年度対比1億1,671万円余(1.2%)の増となりました。
 「財政再スタート宣言」に基づき、今まで行なってきた高いレベルにある行政サービスの見直しを引き続き進め、税収に対応できる歳出構造を目指しました。
 主な重点事業(@安心・安全施策の充実/A福祉施策の充実/B教育・文化・スポーツの充実/C産業基盤の充実/D行財政改革/E協働社会の構築/F発信力の強化)では、名鉄跡地横断道路整備事業、名鉄跡地緑地整備事業、鷲塚小学校校舎改築事業、(仮)福祉センター建設事業、市営宮下住宅建替事業、県営かんがい排水事業(碧南用水)、生活道路整備事業、国道247号浜町取付市道整備事業、C・S向上研修実施事業、市民協働推進事業、元気ッス!へきなん実施事業、無我苑臨時事業など、129事業、支出総額48億9,085万円余となりました。

2 普通会計の決算/財務指標
 歳入は271億9,951万円余で、前年度対比12億6,401万円余(4.4%)の減となり、歳出は255億5,768万円余で、前年度対比13億211万円余(4.8%)の減、実質収支では、15億6,283万円余の黒字となりました。
 なお、財政力指数(単年度)については、1.003となり、平成24年度の1.010より0.007ポイントの減となりました。
 また、経常収支比率は92.0%で、平成24年度の96.0%より4.0ポイントの減となり、「財政再スタート宣言」による経常事業見直し等によって改善が図られました。
 義務的経費は、97億5,787万円余で、前年度対比5億2,954万円余(5.1%)の減となっています。
 うち、人件費は34億4,765万円余で、前年対比2億5,507万円余(6.9%)の減となり、扶助費は50億8,291万円余で前年対比4,120万円余(0.8%)の減となりました。
 また、実質公債費比率は2.7%で1.4ポイントの減となりました。

 なお、碧南市の一般会計における市債残高の推移は以下の通りです。この5年間で4億7,400万円、市債(借金)が減りました。年平均9,480万円ほど減ったわけです。

◎市債残高の合計(平成26年9月末現在)
時点 残高(百万円)
21年3月末 10,073
22年3月末 10,272
25年3月末 9,482
26年3月末 9,599
27年3月末(計画見込額) 9,571
26年3月-21年3月 △474

 また、平成13年度から25年度までの碧南市の財政調整基金の積立額と取崩額等の推移(単位:円)は以下の通りです。この表からも分かるように、市民の皆様のおかげで、平成25年度は、実質的に財政調整基金を取り崩さない形で、決算を迎えました。5年ぶりのことです。有り難いことです。

年度 積立額 取崩額 年度末基金残高 正味取崩額
12年度     2,171,730,297  
13年度 920,222,000 1,238,210,000 1,853,742,297 317,988,000
14年度 625,314,000 632,187,000 1,846,869,297 6,873,000
15年度 1,353,155,000 66,351,000 3,133,673,297 △1,286,804,000
16年度 1,411,770,000 14,000,000 4,531,443,297 △1,397,770,000
17年度 689,820,000 711,720,000 4,509,543,297 21,900,000
18年度 2,140,013,210 117,847,000 6,531,709,507 △2,022,166,210
19年度 1,012,111,971 0 7,543,821,478 △1,012,111,971
20年度 1,574,214,335 502,255,000 8,615,780,813 △1,071,959,335
21年度 1,020,357,764 4,408,508,000 5,227,630,577 3,388,150,236
22年度 1,358,766,571 2,053,120,000 4,533,277,148 694,353,429
23年度 1,385,775,826 2,466,104,000 3,452,948,974 1,080,328,174
24年度 1,206,956,438 2,200,664,000 2,459,241,412 993,707,562
25年度 960,476,579 742,966,000 2,676,751,991 △217,510,579
26年度 833,179,000 0 3,509,930,991 △833,179,000
注:26年度は平成26年9月末現在の見込額

 次表は、碧南市民病院の年度別資金の増減を示すものです。(単位:円)
 当年度資金の増減=(減価償却費+市からの投入設備資金+当年度純利益)−設備投資額となります。これによりますと、病院の資金は、平成22年度は7億800万円増、23年度は5億5,800万円増、24年度は、4億2,100万円減、平成25年度は、2億4,000万円減となっています。また、平成13年度から25年度までに、病院の資金は、27億6,200万円減っています。
 病院は、平成26年3月末で、30億円程度の資金を持っていますが、35億円程度の借入金もあります。これ以上、資金が減らないように、あらゆる努力を傾注する必要があります。
 市民の皆さん、碧南市民病院が今後とも、市民の皆様の生命と健康を守るために存在し続けるために、市民病院をみんなで盛り上げてまいりましょう。

年度 減価償却費 市からの投入設備資金 当年度純利益 設備投資額 当年度資金の増減
13年度 657,619,591 363,847,000 ▲ 560,780,557 1,414,761,737 ▲ 954,075,703
14年度 589,608,009 566,820,000 ▲ 368,306,431 1,637,202,337 ▲ 849,080,759
15年度 637,506,904 145,667,000 ▲ 582,210,523 248,795,100 ▲ 47,831,719
16年度 615,381,316 168,007,000 ▲ 342,628,505 199,544,398 241,215,413
17年度 570,554,377 187,180,000 ▲ 655,095,062 369,546,800 ▲ 266,907,485
18年度 593,879,221 180,125,000 ▲ 525,516,433 215,777,171 32,710,617
19年度 596,542,403 370,242,584 ▲ 601,163,688 473,066,540 ▲ 107,445,241
20年度 556,582,217 317,317,000 ▲ 896,006,091 1,355,729,401 ▲ 1,377,836,275
21年度 739,786,434 287,849,000 ▲ 758,057,322 307,278,506 ▲ 37,700,394
22年度 720,136,233 394,676,000 ▲ 198,295,058 208,696,398 707,820,777
23年度 709,812,685 399,746,000 ▲ 192,921,194 358,570,477 558,067,014
24年度 663,172,354 228,570,000 ▲ 378,381,108 934,425,733 ▲ 421,064,487
25年度 713,414,051 59,552,000 ▲ 515,753,477 496,795,142 ▲ 239,582,568


バックナンバー一覧へ戻る