愛知県碧南市の公式ホームページへようこそ

碧南市

ひとのわで楽しさつくるみなとまちへきなん

トップページ < 市長のC・Sメッセージ < バックナンバー

市長のC・Sメッセージ

平成26年4月1日 平成26年度予算について

 市民の皆様、新年度を迎え、何かと忙しい毎日をお送りのことと思います。新年度が素晴らしい年度となるよう、皆で碧南市政を盛り上げてまいりましょう。

平成26年度予算が3月24日の本会議を通過し、成立しました。
 平成26年度の各会計の予算規模は、次表の通りです。

【予算規模】                 (単位:千円、%)
区分 平成26年度 平成25年度 増減額 増減率
一般会計 26,035,692 25,674,576 361,116 1.4
特別会計 15,694,448 14,915,773 778,675 5.2
企業会計 14,127,681 11,666,519 2,461,162 21.1
合計 55,857,821 52,256,868 3,600,953 6.9


 アベノミクスによる三本の矢の一体推進により景気は着実に上向いている一方で、地域経済への実感や期待感は未だ十分浸透していないことが見受けられます。
このような状況の下、「税収に対応できる財政構造の確立」に向け、平成25年度予算編成から、今まで行ってきた行政サービスについて他市比較を徹底して行うことにより推進してきました。
 また、公共施設の老朽化対策や防災・浸水対策などの安心安全対策、消費税率引き上げや年々増加する社会保障費など必要不可欠な財政需要への対応、産業振興対策について長期的視点に立ち、緊急性や重要性を見極めながら重点的に予算を配分をしました。
 市民満足度と費用対効果の最大化を目標とするとともに、第5次碧南市総合計画のテーマである「ひとのわで 楽しさつくる みなとまち へきなん」の実現に向け、市を構成する全体がまちづくりのパートナーとして力を合わせ、信頼関係を築くことで取り組んでいきます。
 平成26年度当初予算総額は、558億6千万円、対前年比36億円、6.9%の増です。
内訳は、一般会計で260億4千万円、対前年比3億6千万円、1.4%増となりました。事業費1億円以上は、次表の通りです。

平成26年度予算1億円以上事業一覧                      (単位:万円)

事業名 予算額
衣浦衛生組合(清掃)運営事業 74549
回収運搬業務委託事業 17195
燃やすことのできるごみ収集業務委託事業 13308
碧南市公共下水道事業特別会計繰出金繰出事業 134400
名鉄跡地緑地整備事業 21219
近隣公園整備事業(伊勢町公園) 24040
衣浦東部広域連合(消防)分担金繰出事業(共通経費分) 89022
市道権現線整備事業 13836
公共施設管理者負担金事業(伊勢地区) 10900
ポンプ場設備長寿命化事業(一ツ橋ポンプ場、新規) 11606
小規模企業等振興資金預託事業 10000
国民健康保険特別会計繰出事業(法定分) 29455
国民健康保険特別会計繰出事業(法定外分) 11778
介護保険特別会計(保険事業勘定)繰出事業 63571
後期高齢者医療保険事業 65158
後期高齢者福祉医療費支給事業 15124
健康診査事業 17434
病院事業会計負担事業(病院収益への繰入) 86324
病院事業会計負担事業(病院設備投資への補助) 20000
臨時福祉給付金支給事業(国の消費税の負担軽減対策、新規) 14756
障害者医療費助成事業 19083
介護給付・訓練等給付事業(障害者自立支援事業分) 73972
市心身障害者手当支給事業 10356
私立保育園児童保育委託事業 99085
特別保育実施補助事業(延長保育等) 14216
元気っ子医療費助成事業 40092
児童手当支給事業 140327
児童扶養手当支給事業(母子家庭等対象) 21923
子育て支援減税手当支給事業(愛知県の減税事業、新規) 11146
子育て世帯臨時特例給付金支給事業(国の消費税の負担軽減対策、新規) 10703
生活保護措置事業 65215
予防接種事業 20532
潟wキナンシティカンパニー委託事業 24476
賄材料調達事業(学校給食) 36545
芸術文化ホール指定管理事業(新規) 14556
行政情報系システム運用事業 11879
財務事務全庁総括事業 14301
庁舎維持管理事業 15047
市債償還金(元金) 109107
市債償還金(利子) 11406
合計 1507642


 特別会計は156億9千万円、対前年比7億8千万円、5.2%増、この理由は、公共下水道事業特別会計において、中田川ポンプ場築造事業の本格化等で8億1千万円増、介護保険特別会計において、保険給付費等で1億3千万円増、後期高齢者医療保険特別会計において、後期高齢者医療広域連合納付金等で1億3千万円増などです。
 企業会計では141億3千万円、対前年比24億6千万円、21.1%増、この理由は、病院事業会計において、法改正を受けての退職給付引当金等の経費計上16億7千万円増、他会計に貸し付ける事業10億円増等です。

平成26年度予算編成のポイントは以下の通りです。
1 マニフェストの実現への取り組み
  マニフェスト(公約)に掲げた7つの約束の実現に全力で取り組んでいく。
2 安心安全対策の重点実施
  ・幼稚園・保育園・避難所施設の地震窓ガラス飛散防止工事
  ・小中学校老朽化等対策工事(吊天井点検・撤去・防水改修等)
  ・小中学校、幼稚園、保育園における防犯カメラ設置
  ・その他公共施設における大型設備改修工事、浸水対策 等
3 実施計画と予算編成の連携
  昨年度に引き続き、実施計画と予算連携により長期的視点に立ち、予算編成作業を行うことで編成事務の合理化を図るとともに実効性の高い予算配分を行った。
4 平成26年度予算編成の基本方針について
 (1) 経常事業の見直し(他市比較の徹底実施)
 (2) 財政調整基金の適正確保
5 歳入の根幹をなす市税収入見込みについて
  市税収入総額は160億2,900万円余、前年度当初対比3億7,980万円、率にして2.4%の増となった。このうち、法人市民税では、大手輸送関連企業の営業利益等による伸びを見込み、固定資産税は、大規模な償却資産減少を見込む。
    全 体  160億2,900万円余(+3億7,980万円  +2.4%)
    個人市民税 45億2,700万円 (  +6,600万円  +1.5%)
    法人市民税 12億6,830万円 (+4億9,070万円  +63.1%)
    固定資産税 85億3,100万円 (△1億7,330万円  △2.0%)
6 財源不足の対応策について
  事業を推進するための財源不足については、財政調整基金など各種基金を取り崩すほか、市債の発行などにより対応する。
(1) 財政調整基金
 ア 取崩額      7億1,240万円余
 イ 年度末見込額  19億6,920万円余(26億7,675万円余 △7億754万円余) 
(2) 地方債
 ア 起債見込額    8億2,750万円
 イ 元金償還見込額 10億9,106万円余
 ウ 年度末見込額  97億  586万円余(99億6,943万円余 △2億6,356万円余)
7 主な財政指標について
 (1) 財政力指数(単年度) 1.040(1.003 +0.037ポイント)
 (2) 経常収支比率     92.8%(91.3% +1.5ポイント)
8 主な新規事業等(ページは「予算の概要(事業編)」のページ)

事業名 ページ 事業費(千円) 所管課
1※ 市民公益活動活性化補助事業 7P 1,000 地域協働課
2※ 地域まちづくり組織モデル支援事業 9P 1,793 地域協働課
3※ 臨時福祉給付金支給事業 16P 147,559 福祉課
4※ こどもプラザ運営事業(ここるっくしんかわ) 24P 28,540 こども課
5  保育園費臨時事業 25P 33,951 こども課
6※ 子育て支援減税手当支給事業 29P 111,455 こども課
7※ 子育て世帯臨時特例給付金支給事業 30P 107,033 こども課
8※ 技能五輪あいち大会招致事業 41P 11,055 商工課
9※ 全日本製造業コマ大戦開催補助事業 42P 1,000 商工課
10※ 碧南市グルメガイドマップ作成補助事業 43P 1,000 商工課
11※ 橋梁長寿命化対策事業 68P 21,400 土木課
12  水路整備事業 73P 28,045 下水道課
13※ ポンプ場設備長寿命化事業 76P 116,060 下水道課
14※ 都市緑化推進事業 82P 20,000 公園緑地課
15※ 市営住宅長寿命化事業 87P 51,430 建築課
16  防災費臨時事業 92P 38,321 防災安全課
17※ 学校教育力向上指定研究委託事業 95P 100 学校教育課
18  小中学校管理費臨時事業(庶務課分) 100P 171,813 庶務課
19※ 小中学校教育用コンピュータ運営事業(コンピュータ教室機器更新事業) 101P 50,299 庶務課
20  幼稚園管理費臨時事業 103P 13,729 こども課
21※ 新川幼稚園園舎等再整備事業 104P 33,100 こども課
22※ 芸術文化ホール費臨時事業(中央監視システム更新工事) 108P 57,190 芸術文化ホール
23※ 臨海体育館改修事業 112P 28,673 スポーツ課
24※ 中央監視室改築事業(病院事業会計) 122P 4,000 管理課
※ 新規事業


 また、碧南市の財政構造は、次表に示す通り、予算ベースで、平成20年度と比較した場合、平成26年度は、固定的経費が22億円7千万円削減されています。(ただし、ここには記載してありませんが、障害者施策に対する支出、生活保護に対する支出、各種ワクチン接種事業に対する支出、医療や介護に対する支出等は、毎年確実に増加しています。)
 今後とも、職員一同、市民の皆様の期待に応えることを自らの最大の喜びと捉え、誠心誠意努めますので、今後とものご支援、ご協力、応援を宜しくお願いします。

◎固定経費の削減状況                             (単位:千円)

  26年度当初予算額 20年度当初予算額 増減額 増減率
報酬 195,585 185,415 10,170 5.50%
給料 1,629,185 1,749,124 -119,939 -6.90%
職員手当 1,417,638 1,842,377 -424,739 -23.10%
災害補償費 170 2,135 -1,965 -92.00%
恩給年金費 0 1,403 -1,403 -100.00%
賃金 635,521 749,139 -113,618 -15.20%
報償費 155,234 245,746 -90,512 -36.80%
旅費 15,827 31,468 -15,641 -49.70%
交際費 2,300 3,060 -760 -24.80%
需用費 需用費合計 1,403,235 1,625,444 -222,209 -13.70%
消耗品費 224,826 333,607 -108,781 -32.60%
食料費 1,972 5,616 -3,644 -64.90%
印刷製本費 64,156 76,339 -12,183 -16.00%
燃料費 97,059 111,790 -14,731 -13.20%
光熱水費 442,330 447,815 -5,485 -1.20%
修繕料 145,543 205,150 -59,607 -29.10%
賄材料費 424,886 434,180 -9,294 -2.10%
医薬材料費 2,463 10,947 -8,484 -77.50%
役務費 164,199 173,731 -9,532 -5.50%
委託料 4,443,135 4,417,691 25,444 0.60%
使用料賃借料 352,240 394,541 -42,301 -10.70%
貸付金 240,001 700,001 -460,000 -65.70%
投資出資金 203,377 428,721 -225,344 -52.60%
公課費 2,139 2,961 -822 -27.80%
繰出金 2,502,211 3,082,671 -580,460 -18.80%
合計 13,361,997 15,635,628 -2,273,631 -14.50%

 なお、碧南市の一般会計における市債残高の推移は以下の通りです。この6年間で3億6,700万円、市債(借金)が減ることになります。
◎市債残高の合計

時点 残高(百万円)
21年3月末 10,073
22年3月末 10,272
26年3月末(決算額) 9,969
27年3月末(計画見込額) 9,706
27年-21年 -367


 また、平成13年度から26年度までの碧南市の財政調整基金(使用目的を特定しない、自由に使える貯金)の積立額と取崩額等の推移(単位:円)は以下の通りです。平成25年度は、5年ぶりに約2億2千万円の積み増しが出来そうです。一安心といったところでしょうか。
◎財政調整基金残高の合計

  積立金 取崩額 年度末基金残高 正味取崩額
12年度     2,171,730,297  
13年度 920,222,000 1,238,210,000 1,853,742,297 317,988,000
14年度 625,314,000 632,187,000 1,846,869,297 6,873,000
15年度 1,353,155,000 66,351,000 3,133,673,297 -1,286,804,000
16年度 1,411,770,000 14,000,000 4,531,443,297 -1,397,770,000
17年度 689,820,000 711,720,000 4,509,543,297 21,900,000
18年度 2,140,013,210 117,847,000 6,531,709,507 -2,022,166,210
19年度 1,012,111,971 0 7,543,821,478 -1,012,111,971
20年度 1,574,214,335 502,255,000 8,615,780,813 -1,071,959,335
21年度 1,020,357,764 4,408,508,000 5,227,630,577 3,388,150,236
22年度 1,358,766,571 2,053,120,000 4,533,277,148 694,353,429
23年度 1,385,775,826 2,466,104,000 3,452,948,974 1,080,328,174
24年度 1,206,956,438 2,200,664,000 2,459,241,412 993,707,562
25年度 960,476,579 742,966,000 2,676,751,991 -217,510,579
26年度 4,860,000 712,404,000    

※平成24年度までは決算数字、25年度は決算見込数字、26年度は予算数字




バックナンバー一覧へ戻る