愛知県碧南市の公式ホームページへようこそ

碧南市

ひとのわで楽しさつくるみなとまちへきなん

トップページ < 市長のC・Sメッセージ < バックナンバー

市長のC・Sメッセージ

平成26年3月3日 平成25年3月末の財政状況(愛知県38市との比較)

 市民の皆様、3月になりましたが、まだまだ寒い日も多く、体調管理に十分ご留意下さい。新年度に向けて、何かと忙しい毎日をお送りのことと思います。より一層のご活躍を祈念申し上げます。

 平成26年度の予算を決定する3月議会が始まりました。
 この度、愛知県市町村課が、平成25年3月31日現在の各市の財政状況に関する資料を発表しましたので、それに基づいて碧南市の財政状況について、検証してみます。
 平成20年秋のリーマンショック以来、碧南市の市税収入は、5年連続大変少ない状態となっています。私が、市長となったのは、平成20年4月ですので、最初の年から、税収がピークと比較して40?50億円少ない状態で市政運営をしています。
  行財政改革を行いながら、どうしても足らない場合は、市債(借金)を増やしたり、貯金を取り崩したりしながら、やりくりをしてきました。1年ほど前の数字ですが、愛知県各市との比較の中でどんな状態になっているのでしょうか。

 次に示す表から分かるように、平成25年3月末時点で、碧南市は、愛知県下38市中、市民一人当たりの市債(借入金)残高については、13.1万円で、少ない方から5番目(23年3月末は4番目、24年3月末は5番目)、市民一人当たりの財政調整基金(使用目的が決まっておらず自由に使うことができる貯金)残高は3.4万円で、多いほうから14番目(23年3月末は3番目、24年3月末は8番目)、財政力指数(人口規模に対応する平均的歳出規模に対する実際の税収の割合)過去3年平均については、1.09で、高い方から7番目(23年3月末は3番目、24年3月末は6番目)であり、いずれも良好ではありますが、順位は下がっています。
                                              平成25年3月31日現在

市名 人口 市債残高(百万円) 市民一人当り市債残高(万円) 前項の順位 財政調整基金残高(百万円) 市民一人当り財政調整基金残高(万円) 前項の順位 財政力指数(3年平均値) 前項の順位
大府 87,836 9,280 10.6 1 4,626 5.3 5 1.06 8
安城 182,913 19,417 10.6 2 4,665 2.6 21 1.13 4
小牧 153,359 16,516 10.8 3 7,109 4.6 7 1.14 2
刈谷 146,787 16,554 11.3 4 10,692 7.3 3 1.14 3
碧南 72,207 9,482 13.1 5 2,459 3.4 14 1.09 7
長久手 51,806 7,949 15.3 6 1,099 2.1 29 1.03 9
知多 85,822 15,133 17.6 7 1,589 1.9 32 0.98 12
瀬戸 132,130 23,641 17.9 8 3,322 2.5 22 0.85 31
東海 111,362 20,032 18 9 4,128 3.7 11 1.28 1
岡崎 378,249 69,457 18.4 10 12,826 3.4 15 0.98 13
豊明 68,434 12,724 18.6 11 1,546 2.3 26 0.89 28
日進 85,419 16,071 18.8 12 1,441 1.7 34 1 10
高浜 45,990 9,383 20.4 13 1,040 2.3 25 0.97 16
みよし 59,141 12,120 20.5 14 4,248 7.2 4 1.1 6
尾張旭 81,792 17,393 21.3 15 1,807 2.2 27 0.9 25
豊田 422,357 90,341 21.4 16 14,300 3.4 16 1.11 5
北名古屋 82,963 17,943 21.6 17 2,370 2.9 17 0.95 20
半田 119,409 25,943 21.7 18 3,370 2.8 18 0.95 21
あま 88,005 19,186 21.8 19 3,397 3.9 10 0.79 34
江南 101,557 22,508 22.2 20 2,307 2.3 24 0.84 32
知立 70,462 15,799 22.4 21 1,809 2.6 20 0.97 15
一宮 386,447 88,463 22.9 22 3,409 0.9 37 0.81 33
津島 65,469 15,491 23.7 23 1,547 2.4 23 0.72 36
岩倉 47,755 11,498 24.1 24 1017 2.1 28 0.78 35
西尾 169,775 41,488 24.4 25 5,921 3.5 12 0.93 23
犬山 75,388 18,869 25 26 770 1 36 0.9 26
弥富 44,533 11,420 25.6 27 2,127 4.8 6 0.98 14
春日井 309,119 79,681 25.8 28 5,048 1.6 35 0.97 17
清須 66,038 17,064 25.8 29 1,851 2.8 19 0.96 19
稲沢 138,198 38,303 27.7 30 2,816 2 31 0.9 27
豊橋 379,678 105,958 27.9 31 7,967 2.1 30 0.93 24
豊川 184,898 56,158 30.4 32 8,084 4.4 8 0.87 29
愛西 65,846 21,156 32.1 33 5,660 8.6 1 0.67 37
蒲郡 82,188 30,454 37.1 34 2,810 3.4 13 0.86 30
田原 65,433 25,817 39.5 35 5,169 7.9 2 0.94 22
常滑 56,826 23,323 41 36 1050 1.8 33 0.97 18
新城 50,124 23,482 46.8 37 2,179 4.3 9 0.59 38
名古屋 2,247,645 1,680,001 74.7 38 14,583 0.6 38 0.99 11


 また、次の表のように、西三河9市の中では、碧南市は、市民一人当たりの市債残高については、少ない方から3番目(23年3月末は2番目、24年3月末は3番目)、市民一人当たりの財政調整基金残高は多いほうから4番目(23年3月末は1番目、24年3月末は3番目)、財政力指数は高い方から5番目(23年3月末は3番目、24年3月末は4番目)であり、順位を下げています。なお、西三河9市平均の市民一人当たりの市債残高18.4万円並まで、市債を借りることに同意が得られるなら、、碧南市は、(18.4万円―13.1万円)×72207人=38.3億円、あと約38億円借金する余裕があるという見方もできます。(実際には、市が借り入れを行う場合は、国の許可がいるので、理屈通りにはいきませんが)
また、愛知県37市平均の市民一人当たりの市債残高38.1万円までには、碧南市は、(38.1万円―13.1万円)×72207人=180.5億円、約181億円借り入れを起こせる余裕があるということになります。

                                              平成25年3月31日現在

市名 人口 市債残高(百万円) 市民一人当り市債残高(万円) 前項の順位 財政調整基金残高(百万円) 市民一人当り財政調整基金残高(万円) 前項の順位 財政力指数(3年平均値) 前項の順位
安城 182,913 19,417 10.6 1 4,665 2.6 8 1.13 2
刈谷 146,787 16,554 11.3 2 10,692 7.3 1 1.14 1
碧南 72,207 9,482 13.1 3 2,459 3.4 4 1.09 5
岡崎 378,249 69,457 18.4 4 12,826 3.4 5 0.98 6
高浜 45,990 9,383 20.4 5 1,040 2.3 9 0.97 7
みよし 59,141 12,120 20.5 6 4,248 7.2 2 1.1 4
豊田 422,357 90,341 21.4 7 14,300 3.4 6 1.11 3
知立 70,462 15,799 22.4 8 1,809 2.6 7 0.97 8
西尾 169,775 41,488 24.4 9 5,921 3.5 3 0.93 9
9市合計 1,547,881 284,041 18.4   57,960 3.7      
愛知県計 7,462,800 2,843,136 38.1   189,148 2.5   1.01  


 それでは、碧海5市においてはどうか。次の表の通り、碧海5市の中では、碧南市は、市民一人当たりの市債残高については、少ない方から3番目(23年3月末は2番目、24年3月末は3番目)、市民一人当たりの財政調整基金残高は多いほうから2番目(23年3月末は1番目、24年3月末は2番目)、財政力指数についても高い方から3番目(23年3月末は1番目、24年3月末は2番目)であり、順位を下がり傾向です。なお、碧海5市平均の市民一人当たりの市債残高13.6万円並まで、市債を借りることに同意が得られるなら、、碧南市は、(13.6万円―13.1万円)×72207人=3.6億円、あと約4億円借金する余裕があるという見方もできます。

                                              平成25年3月31日現在

市名 人口 市債残高(百万円) 市民一人当り市債残高(万円) 前項の順位 財政調整基金残高(百万円) 市民一人当り財政調整基金残高(万円) 前項の順位 財政力指数(3年平均値) 前項の順位
安城 182,913 19,417 10.6 1 4,665 2.6 4 1.13 2
刈谷 146,787 16,554 11.3 2 10,692 7.3 1 1.14 1
碧南 72,207 9,482 13.1 3 2,459 3.4 2 1.09 3
高浜 45,990 9,383 20.4 4 1,040 2.3 5 0.97 4
知立 70,462 15,799 22.4 5 1,809 2.6 3 0.97 5
5市合計 518,359 70,635 13.6    20,665 4           


 次に、愛知県各市の正味借金について考察します。次表は、平成25年3月末現在の愛知県38市の市民一人当たりの正味借金残高(市債残高―各種基金残高)の一覧並びに少ない方からの順位です。各種基金の中には財政調整基金も当然含まれています。碧南市は、7.7万円ということで、7位(23年3月末は4位、24年3月末は6位)であり、ここでも順位を下げています。

                                              平成25年3月31日現在

市名 人口 市債残高(百万円) 各種基金残高(百万円) 市民一人当り各種基金残高(万円) 前項の順位 市債残高ー各種基金残高(百万円)正味借金 市民一人当りの前項金額(万円) 前項の順位
小牧 153,359 16,516 21,370 13.9 3 -4,854 -3.2 1
安城 182,913 19,417 22,584 12.3 6 -3,167 -1.7 2
みよし 59,141 12,120 12,724 21.5 1 -604 -1 3
刈谷 146,787 16,554 14,343 9.8 8 2,211 1.5 4
大府 87,836 9,280 5,462 6.2 17 3,818 4.3 5
長久手 51,806 7,949 5,344 10.3 7 2,605 5 6
碧南 72,207 9,482 3,906 5.4 21 5,576 7.7 7
東海 111,362 20,032 7,531 6.8 14 12,501 11.2 8
豊田 422,357 90,341 39,689 9.4 9 50,652 12 9
岡崎 378,249 69,457 21,328 5.6 20 48,129 12.7 10
愛西 65,846 21,156 12,739 19.3 2 8,417 12.8 11
あま 88,005 19,186 7,689 8.7 10 11,497 13.1 12
知多 85,822 15,133 3,849 4.5 24 11,284 13.1 13
半田 119,409 25,943 8,933 7.5 13 17,010 14.2 14
瀬戸 132,130 23,641 3,916 3 29 19,725 14.9 15
豊明 68,434 12,724 1,792 2.6 33 10,932 16 16
日進 85,419 16,071 2,340 2.7 30 13,731 16.1 17
知立 70,462 15,799 4,451 6.3 16 11,348 16.1 18
高浜 45,990 9,383 1,864 4.1 27 7,519 16.3 19
尾張旭 81,792 17,393 3,454 4.2 26 13,939 17 20
北名古屋 82,963 17,943 3,770 4.5 23 14,173 17.1 21
清須 66,038 17,064 5,430 8.2 11 11,634 17.6 22
江南 101,557 22,508 3,316 3.3 28 19,192 18.9 23
弥富 44,533 11,420 2,977 6.7 15 8,443 19 24
岩倉 47,755 11,498 2,089 4.4 25 9,409 19.7 25
西尾 169,775 41,488 7,744 4.6 22 33,744 19.9 26
稲沢 138,198 38,303 10,632 7.7 12 27,671 20 27
一宮 386,447 88,463 9,260 2.4 36 79,203 20.5 28
津島 65,469 15,491 1,778 2.7 32 13,713 20.9 29
犬山 75,388 18,869 2,052 2.7 31 16,817 22.3 30
春日井 309,119 79,681 7,681 2.5 34 72,000 23.3 31
豊川 184,898 56,158 10,865 5.9 18 45,293 24.5 32
豊橋 379,678 105,958 9,125 2.4 35 96,833 25.5 33
田原 65,433 25,817 9,016 13.8 4 16,801 25.7 34
蒲郡 82,188 30,454 4,691 5.7 19 25,763 31.3 35
新城 50,124 23,482 6,679 13.3 5 16,803 33.5 36
常滑 56,826 23,323 1,255 2.2 37 22,068 38.8 37
名古屋 2,247,645 1,680,001 44,027 2 38 1,635,974 72.8 38


 西三河9市の中では、次表に示すように、碧南市の正味借金残高は、総額55.8億円、市民一人当たりの正味借金残高は、7.7万円であり、少ない方から4番目(23年3月末は3番目、24年3月末は4番目)であり、この点は前年度と同じです。正味借金残高についても、西三河9市平均の市民一人当たりの正味借金残高10.0万円並まで、市債を借りることに同意が得られるなら、碧南市は、(10.0万円―7.7万円)×72207人=16.6億円、あと約17億円借金する余裕があるという見方もできます。
 また、愛知県37市平均の市民一人当たりの市債残高32.8万円までには、碧南市は、(32.8万円―7.7万円)×72207人=181.2億円、約181億円借り入れを起こせる余裕があるということになります。

                                              平成25年3月31日現在

市名 人口 市債残高(百万円) 各種基金残高(百万円) 市民一人当り各種基金残高(万円) 前項の順位 市債残高ー各種基金残高(百万円)正味借金 市民一人当りの前項金額(万円) 前項の順位
安城 182,913 19,417 22,584 12.3 2 -3,167 -1.7 1
みよし 59,141 12,120 12,724 21.5 1 -604 -1 2
刈谷 146,787 16,554 14,343 9.8 3 2,211 1.5 3
碧南 72,207 9,482 3,906 5.4 7 5,576 7.7 4
豊田 422,357 90,341 39,689 9.4 4 50,652 12 5
岡崎 378,249 69,457 21,328 5.6 6 48,129 12.7 6
知立 70,462 15,799 4,451 6.3 5 11,348 16.1 7
高浜 45,990 9,383 1,864 4.1 9 7,519 16.3 8
西尾 169,775 41,488 7,744 4.6 8 33,744 19.9 9
西三河計 1,547,881 284,041 128,633 8.3    155,408 10   
愛知県計 7,462,800 2,843,136 392,370 5.3    2,450,766 32.8   


 それでは、碧海5市においてはどうか。次の表の通り、碧海5市の中では、碧南市は、市民一人当たりの正味借金残高は、少ない方から3番目(23年3月末は2番目、24年3月末は3番目)であり、この順位も同じです。また、碧海5市平均の市民一人当たりの正味借金残高4.5万円であり、碧南市は、(4.5万円―7.7万円)×72207人=23.1億円、約23億円借金し過ぎていることになります。

平成25年3月31日現在

市名 人口 市債残高(百万円) 各種基金残高(百万円) 市民一人当り各種基金残高(万円) 前項の順位 市債残高ー各種基金残高(百万円)正味借金 市民一人当りの前項金額(万円) 前項の順位
安城 182,913 19,417 22,584 12.3 1 -3,167 -1.7 1
刈谷 146,787 16,554 14,343 9.8 2 2,211 1.5 2
碧南 72,207 9,482 3,906 5.4 4 5,576 7.7 3
知立 70,462 15,799 4,451 6.3 3 11,348 16.1 4
高浜 45,990 9,383 1,864 4.1 5 7,519 16.3 5
5市合計 518,359 70,635 47,148 9.1   23,487 4.5  


 以上、様々な観点から、碧南市の財政状況を考察してきましたが、平成25年3月末の時点で、各種指標の順位は下げており、愛知県や西三河9市平均との比較ではまだ良好な状態にあるといえますが、、碧海5市のなかでは、平均以下の状況になっていることが分かります。



バックナンバー一覧へ戻る