愛知県碧南市の公式ホームページへようこそ

碧南市

ひとのわで楽しさつくるみなとまちへきなん

トップページ < 市長のC・Sメッセージ < バックナンバー

市長のC・Sメッセージ

平成26年1月6日 2014年を最良の年に

 市民の皆様、新年あけましておめでとうございます。皆様のご多幸、ご健勝を心よりお祈り致します。

 今年は午(うま)年です。午は、干支の中で、最も生命力が強く、正午という字にも使われているように、最も太陽が頂上に昇る干支です。午の刻は24時制の11時から13時に当たり,正午はこの時間帯の中央です。全ての事柄が白日のもとにさらされる年でもあります。正しい心を持って、内なる良心に従い、誠心誠意事に臨めば、全てにおいて、「うま」くいき、最良の年になるとのことです。また、馬は両眼で350度の視野があり、耳も頭を動かさず、音のする方向に向けることができます。八方に目をくばり、あらゆる声に耳を傾けながら、馬のごとく疾走する毎日を送りたいものです。

 さて、碧南市では、一昨年9月に「碧南市財政再スタート宣言」を発表して、市の各種サービス水準を愛知県や西三河の標準水準へ見直しをしています。市民の皆様のご協力のお陰で、目覚しい成果を上げ、最低の税収でも、貯金に頼らず市政運営を普通にできる体質になりつつあります。24年度末の財政調整基金(自由に一般会計に補填できる貯金)残高約24億円を減らさない状態で平成25年度末の決算を迎えられそうです。本当に有難うございました。今後とも、市民協働で「世界に誇る碧南市」を築いてまいりましょう。

 昨年も、碧南市政は大きく前進しました。最新の市政アンケートの結果によると、職員の対応や市役所の雰囲気の満足度が数%上昇しました。

 また、私としては、次の事項については、特に評価したいと思います。
@美術館の入館者が、平成24年度の約8万人を超える勢いで伸びていること
A職員からの改善提案件数が、平成25年度は、24年度の565件を大幅に超える617件になり、過去最多を更新中であること
B平成25年12月に浜町交差点が開通し、臨海部6号地の利便性等が格段に向上したこと
C平成25年12月議会で、臨海工業団地における緑化率等を25%から10%に規制緩和ができ、碧南市の近い将来における税収増の種を蒔くことができたこと
D伊勢区画整理の工事が本格的に開始され、良好な住環境への道筋が見えたこと
E新川小学校の耐震改築、鷲塚地区の特別養護老人ホームの竣工、中田川ホンプ場建設着工、蜆川ポンプ場の着工等、安心安全や福祉分野での大きな前進があったこと

 今年も、次の全国レベルのイベントがありますので、市民の皆様の観戦、盛り上げをお願い申し上げます。
@5月3日(土)〜5日(月)に、碧南市臨海球場等で第9回全国女子軟式野球選抜交流大会を開催
A5月28日(水)開催のチャレンジデーに4回目の参加
B8月22日(金)〜24日(日)に、ソーラー&人力ボート全日本選手権大会を油ケ淵モーターボート訓練所で開催
C8月31日(日)に、愛知県と共催で大規模津波対策訓練を実施
D10月3日(金)〜6日(月)に、碧南市臨海球場等で高松宮賜杯第58回全日本軟式野球大会を開催
E11月7日(金)〜9日(日)に、ラジコンボート全日本選手権大会を油ケ淵モーターボート訓練所で開催
F11月29日(土)からの技能オリンピックのタイル貼りの会場を提供

 職員一同、今年も、全体的市民満足度(CS)と総合的費用対効果(CP)の最大化を自らの最大の喜びとしつつ、碧南市民のために馬車馬のように頑張ってまいりますので、市民の皆様のご支援と励ましを宜しくお願い致します。


バックナンバー一覧へ戻る