愛知県碧南市の公式ホームページへようこそ

碧南市

ひとのわで楽しさつくるみなとまちへきなん

トップページ < 市長のC・Sメッセージ < バックナンバー

市長のC・Sメッセージ

平成25年7月1日 碧南市が現在目指している職員像

  市民の皆様、梅雨の最中、暑さも増し加わっているこのごろではありますが、景気の本格的な回復を密かに願いながら、充実した毎日をお過ごしのこととお喜び申し上げます。

  先日、碧南市では、「碧南市人材育成基本方針」(信頼と協働により楽しさを創造する職員を目指して)〜市民満足度最大化のために〜を作成しました。
 その中のポイントになる部分を市民の皆様にお知らせします。市は、市民や市内の企業の皆様から税金を頂戴して、その税金をより有効に使い、最大限の市民満足度を実現するために存在しています。市長を始め市職員の雇い主は、税金を支払っておられる市民や企業の皆さんであるといえます。
 選挙で代表として選んだ市長は、職員をどのように育てようとしているのか、大変関心の高いことだと思います。
 まず、碧南市は、現在どのような市政を目指しているのか。
(1) 第5次総合計画の推進
 現在本市では、平成32(2020)年度を最終年度とする第5次碧南市総合計画において、『ひとのわで 楽しさつくる みなとまち へきなん』を将来像に掲げ、地方分権時代における新たな市民と行政の協働により、安心・安全な環境のもとで、楽しさを感じることができる創造的なまちづくりを目指しています。
(2) 財政再スタート
 本市はこれまで恵まれた財政状況にあったことから、子育てや福祉、防災など、市民生活のさまざまな分野において、公共サービスを充実して市民に還元してきました。しかしながら、厳しい財政状況となり「財政再スタート宣言」を行い、これまで提供してきたあらゆる市民サ―ビスについて全般的な見直しを行うこととなりました。
(3) 協働の本格スタート
 市では、「子や孫の世代(次代)まで安心して暮らし続けられるまち」を築いていくため、行政や市民、町内会などの地縁組織や地域団体、NPO、事業所など地域を構成する様々な主体が、それぞれの知恵や力、強みを生かしながら地域課題の解決を図るという市民協働によるまちづくりを本格スタートさせました。

 以上を図表に表せば、次のようになります。


 市の目指すことを実現するには、職員には、次のような資質・能力が必要となります。


 その結果、目指す職員像は次のようになります。


 目指す職員像を実現し、またそのために必要な資質・能力の向上を図るためには、次表のように、「人事制度」、「職員研修制度」、「職場づくり」の3つの仕組みが一体として機能することが重要となります。
なお、本方針においては、OJTによる進行管理と職員育成に重点を置くとともに、職員自らが目指す職員像に向かって成長戦略を描けるよう、人事制度や職員研修制度などでバックアップして一体的に取り組んでいくことを基本としています。

 人材育成制度の概要


 以上、最近策定しました「碧南市人材育成基本方針」の概要をお知らせしました。ご意見、ご要望等ありましたら、「市長への手紙」等でお寄せ下さい。

バックナンバー一覧へ戻る