愛知県碧南市の公式ホームページへようこそ

碧南市

ひとのわで楽しさつくるみなとまちへきなん

トップページ < 市長のC・Sメッセージ < バックナンバー

市長のC・Sメッセージ

平成25年5月1日 世界に誇れる碧南市少年少女発明クラブと藤井達吉現代美術館

 市民の皆様、大変陽気の良い時期となりました。それぞれご活躍のこととお慶び申し上げます。
 碧南市では、「世界に誇る碧南市を目指して」をスローガンに、職員一同、誠心誠意職務に専念しているところです。
 

 碧南市では、現時点においても、世界に誇れる多くの事物があります。生産物を例にあげれば、全国シェアの高い順で、白しょうゆ50%、屋根瓦21%、鋳物20%、コンスターチ14%、いちじく10%ということで、これらについては、既に世界に誇れるものと言ってもいいと思います。
 生産物以外でも、既に世界に誇れる状態になってものがあります。今日紹介するものは、碧南市少年少女発明クラブと藤井達吉現代美術館の二つです。大いに自慢、宣伝しましょう。

 まず、紹介したいものは、碧南市少年少女発明クラブの活動実績です。誠に素晴らしいものがあります。
 碧南市少年少女発明クラブは、碧南商工会議所少年少女発明クラブ協力会、碧南市等の協力のもと、平成19年に発足して6年が過ぎ、平成25年度から7年目に入りました。6年間の延べ会員数は1,200余名になり、全国207発明クラブの中でも3番目の会員数を誇るクラブに成長しています。
 会員数は、例年200名前後で推移しています。平成25年度は下記の会員数でした。
 3年生 80名  4年生 50名  5年生 40名  6年生 40名  合計210名

発明クラブ会員数の推移

年 度 19年度 20年度 21年度 22年度 23年度 24年度 25年度
クラブ会員数 206名 229名 192名 196名 207名 202名 210名


近隣市発明クラブの会員数と人口比(平成22年度) (刈谷市と豊田市は市外会員を含む)

  碧南市 岡崎市 刈谷市 豊田市 安城市 西尾市 知立市 高浜市
クラブ会員数 A 196名 17名 735名 589名 126名 51名 47名 66名
人    口 B 73,113 376,469 145,535 422,506 181,302 109,280 69,763 45,457
人口比 A/B (%) 0.27 0 0.51 0.14 0.07 0.05 0.07 0.15


定例活動
 各学年、月に1回 計10回作品を作ります。平成24年度は下記の作品でした。

  4月 5月 6月 7月 9月 10月 11月 12月 1月 2月
3年 登れテントウムシ 鉛筆立て めいろ箱 水陸両用車 ポンポン船 望遠鏡 綱渡り 三角凧 万華鏡 パタパタ
4年 回転飛行塔 ぶるぶるかー 手作りカメラ 迷路 はしご人形 突っつきニワトリ 私の宝箱 三角凧 猫と魚 びっくりうちわ
5年 暗くなると点くランプ シーソー本立て すもうロボ マイカー お金が見えなくなる貯金箱 乾電池チェッカー ホバークラフト 飛行機凧 鉄棒人形 往復自動車
6年 落ちない車 プライベートボックス びっくりさせ箱 ブラシレスモーター 茶運びロボット マスコット人形 二足歩行ロボ 飛行機凧 ビー玉階段 トランジタラジオ

それぞれ楽しい作品ですが、マンネリ化を防ぐため、毎年1割は変更しています。

碧南市創意くふう展入賞者のうち、県展入賞以上の一覧

出品数 県展上位入賞者名 作品名 県展 全国展
1
(19年)
42点 中央小6年 杉浦良太郎 夏のプラネタリウム 2位 入選
日進小4年 鈴木 鉄斎 360°回転扇風機 13位  
棚尾小6年 杉浦  立 ペットボトルから糸を作る 17位  
日進小6年 新實 莉子 暗くなると電気のつくかさ 18位  
2
(20年)
71点 新川中2年 鈴木 大和 多機能ページめくりロボット 3位 入選
日進小4年 石川万優子 ラクラクペットボトルふたあけき 7位
東中 2年 岡部 華佳 おばぁちゃんの靴べらステッキ 8位 全国6位
日進小6年 石川陽奈子 パカッ!ピカッ!ポスト 16位  
大浜小5年 加藤 奈緒 おじいちゃんの薬飲み忘れ防止薬入れ 18位  
3
(21年)
89点 中央小6年 井澤 薫実 力いらずの鍵開け器 3位  
新川中3年 永坂 光孝 見る目の高さによって光の位置が変わるライト 4位  
東中1年  石川陽奈子  使分けおぼん   18位  
4
(22年)
85点 新川中2年 和田 綾音 盗まれないかさ 1位 奨励賞
中央中1年 井澤 薫実 ウォーキングパートナー 7位 入選
5
(23年)
76点 新川中3年 鍔本 美里 皮がとびちらない皮剥き器 2位 入選
鷲塚小4年 鈴木 拓実 かさをもつつかまりがに 18位  
大浜小6年 小澤 大樹 水力発電機 18位  
6
(24年)
86点 新川中3年 岡本遼太郎 ワンハンドピンチ 3位 奨励賞
中央小3年 島崎 心瑠 自分ではかれるしんちょうけい 15位  
南中 1年 小澤 大樹 発電ステッキ 18位  
中央中3年 井澤 薫実 するっとくつした 18位  

 注:全国展では例年800点近い作品が、各都道府県より選抜され審査を受けます。奨励賞は全国16位、入選は37位に相当します。

 知恵と技こども競技大会への参加
 愛知県発明協会、各発明クラブ、愛知県で構成する「ひとづくり・ものづくり知恵と技こども競技大会実行委員会」主催による上記大会に当クラブも毎年参加し、優秀な成績を残しています。

 平成20年度 「チーム碧」 第2回知恵と技こども競技大会  総合優勝
 平成23年度 「チーム碧」 第5回知恵と技こども競技大会  審査員特別賞(4位相当)
 平成24年度 「チーム碧」 第5回知恵と技こども競技大会  審査員特別賞(4位相当)

 全国少年少女チャレンジ創造コンテストへの参加
 平成22年度から始まった、発明協会の主催による「全国少年少女チャレンジ創造コンテスト」に参加しています。
 平成22年度 第1回全国少年少女チャレンジ創造コンテスト「ファイブゴッドドラゴン」銅メダル
 平成23年度 第2回全国少年少女チャレンジ創造コンテスト「ライトニングタイガー」銅メダル、「空」銅メダル
 平成24年度 第3回全国少年少女チャレンジ創造コンテスト「1・2はやぶさ」銅メダル

 次に世界に誇れるものは、藤井達吉現代美術館の実績です。平成24年度の観覧者数は、次表に示す通り、約7万9千人です。碧南市の人口が7万3千人ですので、人口を超えた観覧者数ということになります。市外の観覧者が7割程度であると思われますが、人口当たりの観覧者数では、おそらく市レベル以上の美術館の中では、全国一と思われます。
平成24年度 展覧会別観覧者数

展覧会名 開催期間 開催日数 有料観覧者数 無料観覧者数 合計
企画展 新収蔵品展 24/4/3〜24/5/13 37 0 1,863 1,863
愛知県美術館の名品による近代日本の洋画展(200円) 24/5/22〜24/7/1 36 1,314 2,196 3,510
原裕治展(500円) 24/8/21〜24/9/30 36 815 2,734 3,549
岡本太郎展(600円) 24/10/10〜24/11/25 41 7,312 11,925 19,237
永井直勝とその一族(300円) 24/12/4〜25/1/14 33 722 2,562 3,284
富山県水墨美術館名品展墨色の輝き(600円) 25/1/23〜25/3/10 42 3,146 4,972 8,118
小計 225 13,309 26,252 39,561
常設展 愛知県美術館サテライト展示「梅百題」(6期間、計102点) 24/4/1〜24/4/1 1 0 11 11
藤井達吉 人と作品展24-T 24/4/10〜24/7/1 73 0 4,931 4,931
藤井達吉 人と作品展24-U 24/7/14〜24/8/12 26 0 1,851 1,851
藤井達吉 人と作品展24-V 24/8/14〜24/9/30 42 0 2,394 2,394
藤井達吉 人と作品展24-W 24/10/3〜24/11/29 50 0 13,818 13,818
藤井達吉 人と作品展24-X 24/12/1〜25/1/27 46 0 3,243 3,243
藤井達吉 人と作品展24-Y 25/1/29〜25/3/31 54 0 5,878 5,878
愛知県美術館サテライト展示杉本健吉が描く 新平家物語 24/8/21〜24/9/30 36 0 2,514 2,514
小計 328 0 34,640 34,640
共催展等 ワークショップ作品展 24/4/28〜24/5/13 15 0 533 533
第5回碧南文協選抜美術展 24/7/14〜24/7/22 8 0 844 844
HEKINANからそれぞれのスピリッツ展W 24/7/31〜24/8/12 12 0 765 765
第25回碧南市野外彫刻絵画コンテスト入賞作品展 24/12/18〜25/1/6 14 0 983 983
市史資料収蔵品展「染め物の型紙・道具・製品展」 25/1/8〜25/1/27 18 0 804 804
第3回市民アンデパンダン展 25/3/19〜25/3/31 12 0 832 832
第23回碧南市野外彫刻フォトコンテスト入賞作品展 25/3/23〜25/3/31 8 0 194 194
小計 87 0 4,955 4,955
合計 309 13,309 65,847 79,156

市民ギャラリー(展示室4)・創作室

展覧会名等 出品作品/内容 開催期間
碧南市友好親善協会 紙すき体験 24/7/25(午後)
森脇友里 書・画・造形・写真等 24/3/5〜25/3/10


 また、平成24年度も評価額で約2千9百万円の美術品の寄贈を受けています。美術館としては

寄付年度 作品名 評価額 備考
1 H18以前 岩崎満里子作品 5点    
2 H18以前 岡田徹作品 3点    
3 H18以前 元永定正作品始め83点    
4 H18以前 佐々木豊作品 11点    
5 H18以前 鯉江良二作品 3点 藤井達吉 1点    
6 H18以前      
7 H18以前      
8 H18以前      
   
9 H19 藤井達吉《紫さんご》 1,500,000 絵画
10 H19 浅野弥衛《作品》始め2点 2,000,000 絵画
11 H19 戸谷成雄《双影根U黄河》 3,000,000 彫刻
12 H19 小学館『世界美術大全集 西洋編』購入費 500,000 美術全集購入費用
13 H19 藤井達吉《祈り》始め125点 35,000,000 絵画、工芸
14 H19 藤井達吉《入野松原》始め156点 30,095,000 絵画、工芸
15 H19 大沼映夫《花の歌》 2,000,000 絵画
16 H19 佐々木豊《アトリエ》 2,000,000 絵画
17 H19 藤井達吉《いその松原》始め7点 500,000 絵画、工芸
18 H19 荻須高徳《バンバラ城》 9,000,000 絵画
19 H19 藤井達吉《彫入紋皿》始め2件 2,000,000 絵画、工芸
20 H19 新宮晋《光のこだま》始め2点 10,000,000 彫刻
21 H19 大型美術陶板画及び額装美術陶板画(藤井達吉《扇面流し》) 5,730,581 陶板画
22 H19 映像機器一式及びDVDソフト 1,687,000 映像機器・DVDソフト
23 H19 神戸峰男《藤井達吉翁像》 8,000,000 彫刻
24 H19 美術館備品購入費 1,000,000 備品購入費
25 H19 鯉江良二《無題(No.2)》始め4点 390,000 絵画
H19年度計 114,402,581  
26 H20 佐々木豊《十字形の構図》始め15点 24,360,000 絵画
27 H20 八島正明作《給食当番》始め15点 23,200,000 絵画
28 H20 新潮社『芸術新潮』バックナンバー320冊 160,000 美術雑誌
29 H20 美術図書2593冊 美術史関連文献
H20年度計 47,720,000  
30 H21 大森運夫《巫山の夢》 1,500,000 絵画
31 H21 森 真吾《八》始め18点 16,400,000 絵画
32 H21 館勝生《June.16.2007》始め2点 883,000 絵画
33 H21 藤井達吉作品14点(山本牛介コレクション) 320,000 小箱、和紙工芸など
34 H21 前田寛治《花》 7,000,000 絵画
35 H21 藤井達吉《草花図》 115,500 木製菓子器
36 H21 加藤知彦《わらべの詩》石膏原型 1,000,000 石膏原型
37 H21 藤井達吉関係資料 評価なし 写真フィルム一式
H21年度計 27,218,500  
38 H22 藪野健《内部空間》始め2点 5,000,000 絵画
39 H22 藪野正雄《海女》始め3点 3,800,000 絵画
40 H22 藪野正樹《古典的生命体都市T》 1,000,000 絵画
41 H22 藪野美樹《ひまわり》 300,000 絵画
42 H22 正宗得三郎《菊の花》始め2点 3,000,000 絵画
43 H22 鶴見雅夫《THE FOUNDER 07 創-A》始め2点 4,000,000 絵画
44 H22 荻太郎《歴史-変》始め2点 6,000,000 絵画
45 H22 野田弘志《パンジー 其の参》始め3点 19,200,000 絵画
46 H22 諏訪直樹《D-8846》 500,000 絵画
47 H22 藤井達吉《水・火》始め2点 11,500,000 屏風
48 H22 藤井 達吉《草花図(茶室天井画)》始め4点 7,900,000 天井画、火鉢等
H22年度計 62,200,000  
49 H23 山口薫《馬と少年》 7,000,000 絵画
50 H23 松田文子《驀進(闘牛)》始め5点 2,300,000 絵画
51 H23 国島征二《Gallery Announcement May・June1989》始め5点 560,000 ミクストメディア
52 H23 藤井達吉《山》 200,000
53 H23 藤井達吉《山水風呂先屏風》 300,000 風呂先屏風
54 H23 山中信天翁他≪水墨画賛≫ 100,000 絹本墨画
55 H23 山中信天翁≪山水画賛≫始め4点 2,950,000 墨画、六曲一双屏風、二曲一隻屏風
56 H23 藤井達吉書簡貼付け巻子「四国遍路」始め2点 200,000 書簡
57 H23 藤井達吉資料一式 100,000 資料
58 H23 荻太郎《牛骨のある室内》 800,000 絵画
59 H23 杉本健吉《花と花瓶》 100,000 素描
60 H23 藤井達吉《朝霞む信濃路》 250,000 絵画
61 H23 美術図書2冊 2,150 美術史関連文献
62 H23 美術図書108冊 美術史関連文献
H23年度計 14,862,150  
63 H24 岸田劉生《築地風景》 150,000 版画
64 H24 三岸好太郎《桃と枇杷》 7,000,000 絵画
65 H24 橋本平八《片山増吉翁寿像》 10,000,000 木彫
66 H24 原裕治《女》 500,000 石膏
67 H24 加藤潮光《聖徳太子之像》 180,000 木彫
68 H24 西川吉彦《増殖》 1,200,000 木彫
69 H24 藤井達吉《松図屏風》始め4点 8,500,000 墨画・六曲一双屏風、漆画・六曲一双屏風、漆画・二曲一隻屏風
70 H24 藤井達吉《草花文土風炉》始め3点 1,005,000 陶磁器、絹本漆画
H24年度計 28,535,000  
H19年度〜H24年度計 294,938,231  


 なお、藤井達吉翁以外にも、碧南市と係わりが深く全国的知名度のあるは芸術家としては以下の人物がいます。この点においても世界に誇りたいと思います。

 板倉賛治(1877-1965)
 現・碧南市新川地区生まれ。1908年東京師範学校(現・筑波大学)卒業、1928年同校教授となる。1908年全国の中等学校教科書である『新体中等図画手本』『中等図法教本』を執筆。1913年「日本水彩画会」創立に尽力し、会員として活躍した。1920年『図画教育のスケッチの実際』『板倉図案集』刊行。学校の図画教育向上を目指して『図画教授宝典』『図画教育』『板倉賛治画集』も出版した。

 伊藤廉(1898-1983)
 名古屋市生まれ。碧南市ゆかりの文人、山中信天翁の甥。東京美術学校で岡田三郎助に師事した。在学中の1923年に二科展初入選。1927年渡仏。一時ジョルジュ・ルオーの助手を務めた。帰国した1930年の二科展に滞仏中の作品十数点を出品して二科賞を受賞した。同年「独立美術協会」創立に参加したが、1937年に退会。1943年「国画会」会員となった。戦後、東京藝術大学教授を経て1966年創立の愛知県立芸術大学の美術学部長に就任した。

 山本梅荘(1846-1921)
 現・碧南市新川地区生まれ。本名・山本倉蔵。幼い頃書画骨董商・山本公平の養子となり、半田へ移る。家業の手伝いの傍ら書画を独習。京都で貫名海屋、三谷雪えんらに師事して画を修めた後帰郷。1879年頃から楳荘、梅荘と号する。1882年内国絵画共進会で金牌受賞。1911年第5回文展で二等賞を受賞、翌年中部画壇からの初の文展委員となった。水墨淡彩で山水を描くいわゆる南画を得意とした。

 加藤潮光(1916-1977)
 現・碧南市新川地区生まれ。本名・理一。1930年に名古屋の彫刻師、早瀬景雲に師事、1933年には日本画家の石川竹邨について絵の勉強をした。1937年に帰郷。1952年日展初入選。以後日展に出品を続けた。1974年に碧南文化協会会長に就任し、碧南市の文化向上に尽力した。代表作に静岡県清水市浄春寺の《日蓮上人像》などがある。


バックナンバー一覧へ戻る