愛知県碧南市の公式ホームページへようこそ

碧南市

ひとのわで楽しさつくるみなとまちへきなん

トップページ < 市長のC・Sメッセージ < バックナンバー

市長のC・Sメッセージ

平成24年11月1日 碧南市藤井達吉現代美術館も驚くほど頑張っています

 雲一つない秋晴れの日も多くなりました。市民の皆様には、心身ともに充実した毎日をお過ごしのこととお慶び申し上げます。

 現在、碧南市藤井達吉現代美術館では、「芸術は爆発だ」という言葉で有名な岡本太郎展を開催しています。川崎市岡本太郎美術館からお借りした選りすぐりの作品51点が展示してあります。期間は、10月10日(水)から11月25日(日)まで、オープン日数41日間ということですが、連日多くの人が来場され、開館記念展に次ぐ観覧者数になる見通しです。10月14日(日)は500人、10月21日(日)は788人が観覧されています。
 ちなみに、過去の企画展で1日当り平均観覧者数ベスト3は次表の通りです。

碧南市藤井達吉現代美術館企画展1日当たり平均観覧者数ベスト3

開館記念展(平成20年) 徳島名品展(平成22年) 池田遙邨展(平成23年)
観覧者 24,171 11,124 7,307
会期日数 56 37 31
1日当たり平均 432 301 236
美術館学習 3,712 1,483 0
観覧料(一般) 800 600 600


 碧南市藤井達吉現代美術館は、平成20年4月オープン以来、人件費込み1億円程度という予算の枠の中にありながら、県立美術館並みの企画を継続して行い、年間来館者数は平成20年度54,445人、平成21年度45,054人、平成22年度49,089人、平成23年度61,025人と大変盛り上がっています。この数字は、全国同規模の地方美術館と比較すれば、驚くべき成績とのことであります。また、最近の来館者に対するアンケートの結果では、約6割は市外在住者とのことです。

 次に示す表は、平成23年度に実施した企画展の観覧者数を人口比率で表したものです。池田遙邨展、二十歳の原点展、近代日本の木彫展は、他美術館と共同開催となっており、人口に対してどれぐらいの人が観覧したのか比較が可能です。
 池田遙邨展では、姫路市立美術館は1.3%、倉敷市立美術館は0.9%、碧南市藤井達吉現代美術館は、10%でありました。
 次に、二十歳の原点展では、平塚市美術館は6.5%、下関市立美術館は2.3%、足利市立美術館は2.9%、碧南市藤井達吉現代美術館は、11%でありました。
 近代日本の木彫展では、高岡市美術館は1.9%、広島県立美術館は0.9%、碧南市藤井達吉現代美術館は、10.7%でありました。
 このように、碧南市藤井達吉現代美術館は、各企画展とも観覧者数の人口比率でも抜群の成績を上げています。

京都画壇の巨匠 池田遙邨展 −旅と自然を愛した画家−

会期 平成23年4月5日(火)〜5月8日(日) 31日間
観覧者数 7,307人(1日平均 235.7人)
他会場 姫路市立美術館
平成23年2月19日(土)〜3月27日(日) 32日間 6,859人
倉敷市立美術館
平成23年5月14日(土)〜6月19日(日) 32日間 4,507人


悩め 描け 生きろ 画家たちの 二十歳の原点展

会期 平成23年8月9日(火)〜9月19日(月・祝) 36日間(9月3日(土)を除く)
※9月3日(土)は、暴風警報発令のため臨時休館
観覧者数 8,013人(1日平均 222.6人)
他会場 平塚市美術館
平成23年4月16日(土)〜6月12日(日) 53日間 16,869人
下関市立美術館
平成23年6月18日(土)〜7月31日(日) 39日間 6,610人
足利市立美術館
平成23年9月25日(日)〜11月13日(日) 43日間 4,511人


抱きしめたい!近代日本の木彫展

会期 平成23年10月4日(火)〜11月13日(日) 36日間
観覧者数 7,821人(1日平均 217.3人)
他会場 高岡市美術館
平成23年8月10日(水)〜9月19日(月・祝) 37日間 3,289人
広島県立美術館
平成23年11月29日(火)〜平成24年1月15日(日) 38日間 10,178人


やきものを愉しむ 愛知県陶磁資料館名品展
−重要文化財灰釉芦鷺文三耳壺と日本陶磁5000年−

会期 平成23年11月26日(土)〜平成24年1月15日(日) 40日間
観覧者数 4,045人(1日平均 101.1人)


 また、現在、木本館長の人柄や人脈の広さ故なのでしょうが、想像をはるかにこえる寄贈品が美術館に集まってきています。下表が、平成23年度までに碧南市藤井達吉現代美術館に寄せられた寄付の一覧です。平成19年度以降5年間で、2億6640万円の寄付があったことになります。市としてお金をかけず、このように多くの美術品が寄贈されることは、誠に有り難いことです。今後さらに所蔵美術品が充実していけば、今後の美術館活動に大いに役立つことと思います。

碧南市藤井達吉現代美術館への寄付の状況

年度 作品名等 評価額 備考
H19 紫さんご(藤井達吉) 1,500,000 絵画
H19 作品(浅野弥衛)始め2点 2,000,000 絵画
H19 双影根U黄河(戸谷成雄) 3,000,000 彫刻
H19 小学館『世界美術大全集 西洋編』 500,000 美術全集購入費用
H19 祈り(藤井達吉)始め125点 35,000,000 絵画、工芸
H19 入野松原(藤井達吉)始め156点 30,095,000 絵画、工芸
H19 花の歌(大沼映夫) 2,000,000 絵画
H19 アトリエ(佐々木豊) 2,000,000 絵画
H19 いその松原(藤井達吉)始め7点 500,000 絵画、工芸
H19 バンバラ城(荻須高徳) 9,000,000 絵画
H19 彫入紋皿(藤井達吉)始め2件 2,000,000 絵画、工芸
H19 光のこだま(新宮晋)始め2件 10,000,000 彫刻
H19 大型美術陶板画及び額装美術陶板画(扇面流し(藤井達吉)) 5,730,581 陶板画
H19 映像機器一式及びDVDソフト 1,687,000 映像機器・DVDソフト
H19 藤井達吉翁像(神戸峰男) 8,000,000 彫刻
H19 美術館備品 1,000,000 備品購入費
H19 無題(No.2)(鯉江良二)始め4点 390,000 絵画
H19年度計 114,402,581
H20 十字形の構図(佐々木豊)始め15点 24,360,000 絵画
H20 給食当番(八島正明作)始め15点 23,200,000 絵画
H20 新潮社『芸術新潮』バックナンバー320冊 160,000 美術雑誌
H20 美術図書2,593冊 美術史関連文献
H20年度計 47,720,000
H21 巫山の夢(大森運夫) 1,500,000 絵画
H21 八(森真吾)始め18点 16,400,000 絵画
H21 June.16.2007(館勝生)始め2点 883,000 絵画
H21 七宝草花文小箱(藤井達吉)始め14点 320,000 小箱、和紙工芸など
H21 花(前田寛治) 7,000,000 絵画
H21 草花図(藤井達吉) 115,500 木製菓子器
H21 藤井達吉関係資料 写真フィルム一式
H21 わらべの詩(加藤知彦) 1,000,000 石膏原型
H21年度計 27,218,500
H22 内部空間(藪野健)始め2点 5,000,000 絵画
H22 古典的生命体都市T(藪野正樹) 1,000,000 絵画
H22 海女(藪野正雄)始め3点 3,800,000 絵画
H22 ひまわり(藪野美樹) 300,000 絵画
H22 菊の花(正宗得三郎)始め10点 3,000,000 絵画
H22 THE FOUNDER 07 創-A(鶴見雅夫)始め2点 4,000,000 絵画
H22 歴史-変(荻太郎)始め2点 6,000,000 絵画
H22 パンジー 其の参(野田弘志)始め3点 19,200,000 絵画
H22 D-8846(諏訪直樹) 500,000 絵画
H22 水・火(藤井達吉)始め2件 11,500,000 屏風
H22 草花図(藤井達吉)始め4件 7,900,000 天井画36枚、火鉢、帯、着物
H22年度計 62,200,000
H23 馬と少年(山口薫) 7,000,000 絵画
H23 驀進(闘牛)(松田文子)始め5点 2,300,000 絵画
H23 Gallery Announcement May・June1989(国島征二)始め5点 560,000 立体
H23 山(藤井達吉) 200,000 絵画
H23 山水風呂先屏風(藤井達吉) 300,000 屏風
H23 水墨画賛(山中信天翁他) 100,000 絵画
H23 山水画賛(山中信天翁)始め4点 2,950,000 屏風
H23 鈴木八郎宛貼付け巻子「四国遍路」《藤井達吉書簡》始め2点 200,000 巻子
H23 藤井達吉書簡集2点 100,000 資料一式
H23 牛骨のある室内(荻太郎) 800,000 絵画
H23 花と花瓶(杉本健吉) 100,000 素描
H23 朝霞む信濃路(藤井達吉) 250,000 絵画
H23年度計 14,860,000
H19年度〜H23年度計 266,401,081


 以上、碧南市藤井達吉現代美術館も驚くほど頑張っていると、評価できると思います。
 今後とも、木本館長の人脈をフルに活用してもらい、また、各学芸員の努力の積み重ねにより、藤井達吉翁の顕彰と碧南市における芸術文化の機運の醸成や次の世代を担う若い世代への芸術文化の育成、さらには碧南市の知名度向上に大いに貢献してもらいたいと思います。また、美術館に対する市民の皆様の評価が大いに上がることを期待します。

バックナンバー一覧へ戻る