愛知県碧南市の公式ホームページへようこそ

碧南市

ひとのわで楽しさつくるみなとまちへきなん

トップページ < 市長のC・Sメッセージ < バックナンバー

市長のC・Sメッセージ

平成23年10月1日 固定的収支状況が2年間で9億1千万円改善

 市民の皆様、12号、15号の台風も過ぎ去り、秋晴れの日の多い候となりました。健やかにお過ごしのことと思います。台風で被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。
 9月19日(月)は、敬老の日でした。碧南市でも、満100歳以上の方が28人(昨年より4人増)いらっしゃいます。誠におめでたいことであります。今年の最長寿は105歳であります。皆様が、元気な状態で長生きできるよう、市としても心がけてまいります。

 今回のC・Sメッセージでは、平成22年度の決算の数字を使って、碧南市の財源と支出状況について検証してみたいと思います。
 まず、平成22年度の決算から、碧南市の財源について考えてみます。
 碧南市の一般会計歳入計は285億円でありました。このお金で、平成22年度の各種事業を営んだわけです。

 歳入285億円の内訳は、市税167億円(58.6%)、地方消費税等各種交付金等15億円(5.3%)、使用料・手数料等市に入る収入16億円(5.6%)、国からの補助金等22億円(7.7%)、愛知県からの補助金等13億円(4.6%)、財産売却収入等1億円(0.4%)、繰入金22億円(7.7%)、繰越金19億円(6.6%)、市債発行10億円(3.5%)でありました。

 市税167億円(前年は156億円)の内訳は、
@個人市民税42億円(前年は50億円、これは、市民一人一人の所得の多寡によって変動するが、比較的変動幅は小さい、安定的税収)
A法人市民税9億円(前年は7億円、企業の利益の多寡によって大きく変動する、5億円程度は安定的)
B固定資産税99億円(前年は83億円、固定資産の内、中部電力等の機械設備等の償却資産にかかる部分については、今後も減少する、90億円程度は安定的)
C都市計画税12億円(前年と同額、安定的税収)
D市たばこ税4億円(前年と同額、安定的税収)
E軽自動車税1億円(前年と同額、安定的税収)

 地方消費税等各種税収15億円(前年は16億円、安定的税収)の内訳は、
@地方消費税交付金(地方消費税の収入額の2分の1に相当する額の範囲内で人口等に応じて配分交付されるもの)7億9千万円(前年と同額)
A自動車取得税交付金(自動車取得税額の66.5%を市道の長さ等に応じて配分交付されるもの)1億1千万円(前年は1億3千万円)
B自動車重量譲与税(自動車重量税の収入額の3分の1に相当する額を市道の長さ等に応じて配分交付されるもの)1億5千万円(前年は1億6千万円)
C地方揮発油譲与税(地方揮発税の収入額の42%に相当する額を市道の長さ等に応じて配分交付されるもの)6千万円(前年は3千万円)
D利子割交付金(個人利子課税相当分5%の5分の3から事務費5%を差し引いた金額を個人県民税決算額等に応じて配分交付されるもの)5千万円(前年と同額)
E地方特例交付金(国からの財源補給)1億6千万円(前年は1億3千万円)
F特別とん譲与税(衣浦港に入港する外貿船舶の純トン数によりトン当たり20円が課税され、荷役量等に応じて配分交付されるもの)6千万円(前年は5千万円)
G交通安全対策特別交付金(交通反則金に相当する額を交通事故発生件数等に応じて配分交付されるもの)1千万円(前年と同額)等。

 使用料・手数料等市にはいる収入16億円(前年は18億円、安定的収入)の内訳は、
@金融機関への預託金戻り2億2千万円(前年は4億円)
A保育園に入る保育料等2億9千万円(前年は3億1千万円)
B学校給食費3億2千万円(前年は3億1千万円)
C公営住宅使用料9千万円(前年は8千万円)
D高額療養費返納金8千1百万円(前年は8千4百万円)
E幼稚園使用料等4千2百万円(前年は4千3百万円)
F水族館入館料等3千7百万円(前年は4千1百万円)
Gあおいパーク使用料、農産物売払収入等3千3百万円(前年は3千5百万円)
H各種積立金等預金利子4百万円(前年は8百万円)
I老人ホーム収入1千5百万円(前年は3千3百万円)
J道路・水路占用料3千万円(前年と同額)
K分別収集資源売却代2千1百万円(前年は1千2百万円)
L市町村振興協会基金交付金3千万円(前年は3千1百万円)
M税金等の延滞金2千1百万円(前年は1千4百万円)
N生活習慣病予防検診等手数料2千5百万円(前年と同額)
O戸籍・住民票・印鑑登録関係手数料2千1百万円(前年は2千2百万円)
P芸術文化ホール使用料、入場料2千万円(前年は1千8百万円)
Q土地改良施設維持管理適正化事業交付金5百万円(前年は9百万円)
R後期高齢者医療広域連合受託事業収入1千7百万円(前年は1千6百万円)等

 国からの補助金等22億円(前年は30億円)の内、子ども手当や土木費、教育費に係わるもの以外の12億円(前年と同額)については、安定的収入。
 愛知県からの補助金等13億円(前年は12億円)の内、土木費や緊急雇用に係わるもの以外の12億円(前年は11億円)については、安定的収入。
 財産売却収入等1億円(前年は2億円)、繰入金22億円(財政調整基金等からの繰入、前年は45億円)、繰越金19億円(前年は21億円)、市債発行10億円(前年は21億円)については、状況の変化の中で、大きく変動するものである。

 以上、碧南市の歳入の中身を調べてみますと、毎年安定的に入ってくる収入は、209億円(前年度決算による計算では209億円)となります。市の事業の中で、毎年必ず支出しなければならない費用が、209億円以内であれば、市は、借金を増やすことなく、健全な市政運営を行うことができます。

 次に平成22年度の決算から、碧南市の支出状況について考えてみます。碧南市の一般会計歳出計は266億円(前年は303億円)でありました。
 これが、平成22年度の各種事業を営んだ結果であります。

 歳出266億円の節別内訳は、
負担金、補助金及び交付金41億3千万円(前年は54億2千万円、41億円程度は、ほぼ固定的支出)、
委託料40億7千万円(前年41億1千万円、削減の余地はある、38億円程度はほぼ固定的支出)、
工事請負費10億3千万円(前年は22億4千万円、調整できる支出、5億円程度はほぼ固定的支出)、
繰出金29億9千万円(前年は27億8千万円、27億円はほぼ固定的支出)、
償還金、利子及び割引料19億4千万円(前年は38億6千万円、利子の1億4千万円はほぼ固定的支出)、
扶助費(障害者や高齢者などへの給付費など)36億円(前年は24億3千万円、27億円は固定的支出)、
給料15億1千万円(前年は15億6千万円、ほぼ固定的支出)、
職員手当16億3千万円(前年は17億円、ほぼ固定的支出)、
積立金13億7千万円(前年は11億円、余裕のある時のみに実施)、
賃金6億4千万円(前年は6億7千万円、ほぼ固定的支出)、
公有財産購入費1億4千万円(前年は3億1千万円、臨時的支出)、
共済費5億9千万円(前年は5億8千万円、ほぼ固定的支出)、
貸付金2億円(前年は4億2千万円、ほぼ固定的支出)、
賄材料費3億8千万円(前年は4億円、ほぼ固定的支出)、
備品購入費1億円(前年は1億6千万円、ほぼ固定的支出)、
投資及び出資金4億2千万円(前年は3億5千万円、ほぼ固定的支出)、
光熱水費4億円(前年は4億1千万円、ほぼ固定的支出)、
使用料及び賃借料3億2千万円(前年は3億8千万円、ほぼ固定的支出)、
消耗品費2億3千万円(前年は2億6千万円、ほぼ固定的支出)、
補償、補填及び賠償金2百万円(前年は2億5千万円、臨時的支出)、
報償費2億2千万円(前年は2億1千万円、ほぼ固定的支出)、
報酬2億円(前年は1億8千万円、ほぼ固定的支出)、
修繕料1億3千万円(前年は1億5千万円、ほぼ固定的支出)、
役務費(郵送料、電話料、手数料など)1億5千万円(前年は1億7千万円、ほぼ固定的支出)、
燃料費8千万円(前年は7千万円、ほぼ固定的支出)、
印刷製本費6千万円(前年と同じ、ほぼ固定的支出)、
旅費1千万円(前年は2千万円、ほぼ固定的支出)、
医薬材料費1千万円(前年と同じ、ほぼ固定的支出)、
原材料費4百万円(前年は5百万円、ほぼ固定的支出)
でありました。

 以上、平成22年度碧南市の一般会計歳出の中身を調べてみますと、ほぼ固定的支出は、212億2千万円となります。平成22年度の碧南市の毎年安定的収入は前述の通り209億円でした。固定的支出が安定的収入を約3億2千万円上回っています。

 平成20年度は、12億3千万円、固定的支出が安定的収入を上回っていました。21年度は、6億8千万円、固定的支出が安定的収入を上回っていました。高齢化の進展等のため、扶助費等は増加しましたが、平成22年度は、給料、貸付金や各種経常経費削減を全職員上げて努力したかいがあり、21年度に対して3億6千万円、20年度に対して9億1千万円の改善となりました。

 あと3億2千万円程度改善を進めれば、固定的支出と安定的収入がほぼ同じとなり、碧南市は景気の変動に左右されず、大変安定した市政運営ができることになります。平成23年度においても、事業の廃止、人件費の削減、随意契約の見直し等、積極的、精力的に固定的支出の削減を行っております。平成23年度の決算に期待したいと思います。

 今後とも市民の皆様のご理解、ご支援を心よりお願い申し上げます。

 平成22年度、碧南市民病院も頑張りました。
 このほど、平成23年3月末までの碧南市民病院の改革プランの進捗状況の発表がありました。アクションプラン実施のため設定された123項目の具体策のうち、計画完了が8項目、6.5%、計画どおりが65項目、52.9%、ほぼ計画どおりが37項目、30.1%となり、約90%の項目で大きな成果を出しています。その結果、増収効果8億3,500万円、経費削減効果5,100万円、合計8億8,600万円の経済効果がありました。
 また、平成22年度の碧南市民病院の決算発表がありました。
市民病院の患者数の動向(日平均)
 ・入院患者数 (20年度230人、21年度246人、22年度257人)
  病床利用率 (20年度72.0%、21年度77.0%、22年度80.4%)
 ・外来患者数  (20年度761人、21年度704人、22年度743人)
 以上の結果、市民病院の平成22年度の決算は、医業収益64億1000万円(20年度57億3000万円、21年度55億1000万円)となり、対前年度9億円の増となりました。病院事業収益全体でも、75億1000万円(20年度66億6000万円、21年度66億万円)となり、対前年度9億1000万円の増となりました。病院事業費用(減価償却実施後)を差し引いた当期純損失は、2億円(20年度9億円、21年度7億6000万円)となり、対前年度5億6000万円の収益改善となりました。
 22年度決算の減価償却費は7億2000万円(20年度5億6000万円、21年度7億4000万円)ですので、現金としては5億2000万円(7億2000万円―2億円)増えたわけです。誠に、素晴らしい結果となりました。病院の皆様の努力に心より敬意と感謝を申し上げます。
 黒字になるまであと2億円です。市民みんなで市民病院を盛り上げていきましょう。


※本文中の数字、%の合計は端数処理の関係で一致しない場合があります。

(歳入関係)注:単位は万円、増減額と増減率は平成21年度に対する平成22年度の成績を示す

項目 22年度 21年度 20年度 増減額 増減率
固定資産税 992,670 832,053 1,011,371 160,617 19.30%
個人市民税 417,012 495,815 506,301 -78,803 -15.89%
都市計画税 117,047 116,453 119,092 594 0.51%
法人市民税 90,615 65,343 414,407 25,272 38.68%
地方消費税交付金 78,722 78,857 73,955 -135 -0.17%
市たばこ税 37,383 37,627 41,689 -244 -0.65%
学校給食費 31,588 31,231 31,903 357 1.14%
保育園負担金 24,493 25,463 29,726 -970 -3.81%
貸付金元利収入 22,135 40,012 50,016 -17,877 -44.68%
児童福祉費国庫負担金(私立保育園分) 15,884 13,767 11,823 2,117 15.38%
県民税徴収費県委託金 13,484 14,495 18,906 -1,011 -6.97%
公営住宅使用料 8,959 8,000 7,638 959 11.99%
児童福祉費県負担金(私立保育園分) 7,942 6,884 5,911 1,058 15.37%
特別とん譲与税 5,799 4,652 4,800 1,147 24.66%
保育園使用料 4,874 5,114 4,723 -240 -4.69%
幼稚園使用料 4,183 4,271 5,368 -88 -2.06%
水族館入館料 3,532 3,997 3,851 -465 -11.63%
道路・水路占用料 3,013 3,043 3,019 -30 -0.99%
生活習慣病予防検診等手数料 2,352 2,354 2,687 -2 -0.08%
延滞金等 2,145 1,410 2,867 735 52.13%
分別収集資源売却代 2,054 1,211 2,922 843 69.61%
あおいパーク使用料 1,626 1,630 1,704 -4 -0.25%
都市公園使用料 1,570 1,544 1,135 26 1.68%
芸術文化ホール使用料 1,030 940 938 90 9.57%
戸籍関係手数料 987 979 1,046 8 0.82%
音楽ホール等自主事業入場料 934 856 1,246 78 9.11%
あおいパーク農産物売払収入 869 954 921 -85 -8.91%
保育園給食主食代 644 743 852 -99 -13.32%
消防団員退職報奨金 611 0 0 611  
碧南中央駅公共駐車場使用料 618 623 621 -5 -0.80%
保育園職員給食代 596 703 795 -107 -15.22%
住民票関係手数料 588 583 635 5 0.86%
釣り広場管理費 577 585 512 -8 -1.37%
印鑑登録関係手数料 569 558 608 11 1.97%
あおいパーク食堂等電気料負担金 508 587 616 -79 -13.46%
市預金利子 444 802 3,505 -358 -44.64%
無我苑呈茶料 389 411 352 -22 -5.35%
スポーツ教室受講者負担金 381 399 351 -18 -4.51%
職員駐車場負担金 359 372 381 -13 -3.49%
あおいパーク事業参加者負担金 342 348 420 -6 -1.72%
公民館使用料 337 356 366 -19 -5.34%
犬登録等手数料 333 349 349 -16 -4.58%
新川町駅西駐車場使用料 264 237 263 27 11.39%
税務関係諸証明手数料 238 273 313 -35 -12.82%
庁舎食堂使用料 222 241 204 -19 -7.88%
美術館使用料 216 184 385 32 17.39%
寄付金 211 4,215 175 -4,004 -94.99%
長時間保育おやつ代 167 190 248 -23 -12.11%

(歳出関係)
項目 22年度 21年度 20年度 増減額 増減率
一般会計人件費(給料+職員手当+共済費) 373,233 383,862 400,389 -10,629 -2.77%
全職員給料(除臨時職員) 289,370 294,535 297,110 -5,165 -1.75%
碧南市公共下水道事業特別会計繰出事業 180,000 162,000 195,000 18,000 11.11%
一般会計職員給料(除臨時職員) 148,149 155,760 160,911 -7,611 -4.89%
病院事業会計繰出事業 127,673 129,686 117,148 -2,013 -1.55%
私立保育園児童保育委託事業 92,890 83,551 71,059 9,339 11.18%
衣浦衛生組合(清掃)運営事業 83,325 106,625 119,671 -23,300 -21.85%
衣浦東部広域連合分担金繰出事業(共通分) 79,240 80,547 79,981 -1,307 -1.62%
全職員期末手当(除臨時職員) 70,120 76,375 84,818 -6,255 -8.19%
一般会計職員退職手当(除臨時職員) 56,818 53,859 51,627 2,959 5.49%
国民健康保険特別会計繰出事業 55,455 56,932 59,448 -1,477 -2.59%
介護保険特別会計繰出事業 54,482 51,522 49,572 2,960 5.75%
後期高齢者療養給付費市負担金 39,874 40,547 35,095 -673 -1.66%
全職員勤勉手当(除臨時職員) 39,186 41,708 44,985 -2,522 -6.05%
介護給付費市負担金 38,555 36,651 32,866 1,904 5.19%
公立保育園運営事業 36,492 43,009 48,475 -6,517 -15.15%
生活保護扶助費 36,273 31,295 31,235 4,978 15.91%
一般会計職員期末手当(除臨時職員) 36,098 40,380 45,832 -4,282 -10.60%
元気っ子医療費助成事業 34,701 35,012 32,638 -311 -0.89%
一般会計職員勤勉手当(除臨時職員) 19,745 21,661 23,733 -1,916 -8.85%
障害者医療助成事業 17,565 18,861 17,439 -1,296 -6.87%
予防接種事業 16,333 10,832 9,692 5,501 50.78%
市債利子 14,103 15,078 16,874 -975 -6.47%
商工業振興資金預託事業 14,000 34,000 44,000 -20,000 -58.82%
一般会計職員時間外手当(除臨時職員) 11,203 11,499 15,913 -296 -2.57%
全庁民有地借上料 10,548 10427 10,526 121 1.16%
市心身障害者手当支給事業 9,704 9,336 9,046 368 3.94%
生活習慣病予防健診事業 8,413 8,253 9,499 160 1.94%
住宅用太陽光発電設置費補助事業 7,263 1,687 496 5,576 330.53%
妊婦・乳児健康診査事業 7,099 5,440 5,688 1,659 30.50%
町内会事業助成金(地域振興事業) 4,346 4,980 4,980 -634 -12.73%
広報等の配布、回覧委託料 4,161 4,183 4,183 -22 -0.53%
母子家庭等医療費助成事業 4,135 4,330 4,073 -195 -4.50%
ひとり親家庭こどもすこやか手当 3,511 3,554 3,517 -43 -1.21%
本庁舎電気料 3,353 3,317 3,688 36 1.09%
市内巡回バス運営事業 3,194 3,512 2,903 -318 -9.05%
道路照明灯・防犯灯電気料 3,075 3,190 3,477 -115 -3.61%
水道事業会計繰出事業 3,068 6,718 7,255 -3,650 -54.33%
少人数指導授業推進事業 2,911 1,835 2,201 1,076 58.64%
不法投棄ごみ等収集業務委託事業 2,904 2,178 0 726 33.33%
浄化槽設置整備事業 2,841 1,839 4,066 1,002 54.49%
分別指導事業 2,498 2,706 3,455 -208 -7.69%
芸術文化ホール自主文化事業 2,168 2,379 3,850 -211 -8.87%
出産祝金支給事業 1,997 1,993 0 4 0.20%
小学校教育用コンピュータ運営事業 1,885 2,381 2,758 -496 -20.83%
高齢者入浴サービス事業 1,695 1,683 1,184 12 0.71%
身体障害者等補装具給付事業 1,471 838 634 633 75.54%
広報へきなん作成事業 1,459 1,567 1,790 -108 -6.89%
自動車燃料費(庁舎車両) 1,445 1,349 1,847 96 7.12%
元気ッス!へきなん実施事業 1,196 1,168 2,464 28 2.40%
全庁事務用消耗品 1,004 1074 1,376 -70 -6.52%
敬老金支給事業 830 750 1,140 80 10.67%
ふれんどバス運行補助事業 809 775 672 34 4.39%
きらきらウォーク補助事業 750 750 2,812 0 0.00%
市民ふれあいフェスティバル実施事業 731 732 847 -1 -0.14%
敬老会助成事業 711 675 643 36 5.33%
バス借上げ委託料 676 620 1,809 56 9.03%
大浜まちかどサロン指定管理料 657 659 642 -2 -0.30%
資源回収推進報奨金交付事業 626 527 257 99 18.79%
新川まちかどサロン指定管理料 537 573 550 -36 -6.28%
市民相談事業 348 344 349 4 1.16%

(市債=借金、基金=貯金関係)
項目 22年度 21年度 20年度 増減額 増減率
年度末市債残高(一般会計) 961,900 1,027,194 1,007,275 -65,294 -6.36%
年度末市債残高(公共下水道特別会計) 1,540,791 1,588,473 1,632,717 -47,682 -3.00%
年度末各基金(貯金)合計残高 652,494 732,120 1,082,799 -79,626 -10.88%
  年度末財政調整基金残高 453,328 522,763 861,578 -69,435 -13.28%
  年度末福祉基金残高 60,512 61,157 60,644 -645 -1.05%
  年度末緑化推進基金残高 33,773 41,576 44,625 -7,803 -18.77%
  年度末介護給付費準備基金残高 23,743 23,802 30,059 -59 -0.25%
  年度末国際交流基金残高 20,000 20,000 20,000 0 0.00%
  年度末文化振興基金残高 15,865 15,771 15,673 94 0.60%
  年度末農業振興基金残高 11,083 11,083 11,083 0 0.00%
  年度末国民健康保険事業基金残高 10,279 10,241 10,155 38 0.37%
  年度末健康都市推進基金残高 9,065 9,012 10,470 53 0.59%
  年度末交通安全基金残高 6,573 7,430 0 -857 -11.53%
  年度末減債基金残高 4,618 4,590 4,570 28 0.61%
  年度末墓園管理基金残高 3,633 3,633 3,633 0 0.00%
  年度末介護従事者処遇改善臨時特例基金残高 0 1,019 2,918 -1,019 -100.00%
  年度末まなびさぽーと基金残高 21 41 142 -20 -48.78%

 

バックナンバー一覧へ戻る