愛知県碧南市の公式ホームページへようこそ

碧南市

ひとのわで楽しさつくるみなとまちへきなん

トップページ < 市長のC・Sメッセージ < バックナンバー

市長のC・Sメッセージ

平成23年9月1日 碧南の教育力は優れています

 大変暑かった夏も終り、実りの秋を迎えます。夏には夏の楽しみがあり、秋もまた多くの喜びがあります。全てを感謝し、味わい深い人生を送りたいものです。
 8月中も、全国的に活躍した人たちの表敬訪問を多数受けました。うれしいことであります。

 8月12日から14日に熊本県八代市総合体育館で開催された第12回全国小学生ABCバトミントン大会に日進小学校3年の岩野真睦さんと同1年の岩野滉也さんが出場しました。
「第11回成人式大賞2011」において碧南市での成人式行事が準大賞(大賞に次ぐ賞、79応募中2位)となりました。応募を始めてから9年連続9回目の入賞であり、準大賞は初受賞です。大変栄誉あることです。
 6月6日に日本武道館で開催された第33回全日本高齢者武道大会(剣道)において、市内在住の原田勝美さんが個人65歳〜69歳の部で第3位の成績を収めました。おめでとうございます。
 8月10日に名古屋で開催された第33回東海中学校総合体育大会水泳競技大会・陸上競技大会において、新川中学校の浅岡真未さん(3年)、板倉瑞歩さん(3年)、加藤真樹さん(3年)、浅岡晃歩さん(2年)が水泳競技女子400mリレーで5位、南中学校3年の柴田一輝さんが陸上競技110mハードルで第3位に入賞しました。
 8月12日から17日に横浜文化体育館で開催された2011全日本ジュニア体操競技選手権大会に、新川小学校5年の板倉子龍さんが、昨年に続き2年連続で出場しました。
 碧南市軟式野球連盟に所属する愛知アドバンスは、東海地区代表権を獲得し、8月に東京江戸川区で開催の第22回全日本女子軟式野球大会に、8回目の優勝を目指して、出場しました。
 8月20日〜23日に佐賀県ヨットハーバーで開催された第43回日本オプティミストセーリング選手権大会に、第29回東日本OP級ヨット選手権大会において上位入賞した中央小6年の杉浦涼斗さんが出場しました。
 8月27日〜28日に名古屋市瑞穂公園陸上競技場で開催される第54回東海陸上競技選手権大会に、愛知陸上競技選手権大会において男子3000m障害物競走で入賞した市内在住の井上圭人さんと田渕照人さんが、出場しました。
 第33回世界アマチュア囲碁選手権日本代表決定戦愛知県大会で優勝した市内在住の竹内一雄さんが、9月17日・18日に東京で開催される全国大会へ出場します。
 日本スポーツマスターズ空手道競技・愛知県代表選手選考会の女子組手3部(45歳以上)で優勝をした市内在住の小林美保子さんが、9月17日(土)から石川県加賀市スポーツセンターにて開催される日本スポーツマスターズ空手道競技大会へ出場します。

 また、8月8日に、昭和63年4月より青年友好都市として相互交流を深めている北海道由仁町と災害時相互応援協定を締結することができました。「備えあれば憂いなし」であります。今後ともこの種の協定を積極的に締結していきます。

 さて、今月のテーマは、碧南の教育力についてであります。碧南の教育はうまくいっているのか、市民の皆様としては、大変関心のあることですが、なかなか評価しづらいことでもあります。
 碧南市では、現在、市の費用で次のような教育に関する多くの市独自の事業を実施しています。
@生徒指導上特別な注意が必要な生徒に対し、生徒指導対応非常勤講師を各中学校1名づつ計5名を配置
A発達障害的な児童をサポートするために小学校24名、中学校1名、計25名のスクールアシスタントを配置。
Bいじめ問題や不登校問題の未然防止や早期解決をはかるために教員を目指す大学生等をハートフレンドとして約20名、小中学校に派遣
C各小学校に1名づつ、中学校全体で1名、計8名の図書館司書の配置
D小学校の国語、算数で少人数指導授業ができるように非常勤講師を計8名配置

 私は、一クラス当たりの人数を一律35名、30名と少なくするのではなく、一クラス当たりの人数は40名でもいいが、いろいろなタイプの人材の力を借りて、きめ細かな対応を行う方が、費用対効果は非常に高いと考えています。今後とも限られた財源の中で最大の教育的効果を出すといった視点が必要であると思います。そんな発想の中で上述のような碧南独自の様々な施策を実施していると考えてもらえればと思います。

 碧南市の子供たちの心身は健全に育っているのでしょうか。
 次の3表をご覧ください。
 碧南市の児童は、体重については、男女ともに全国や愛知県の平均と差はあまりありません。
 肥満度20%以上の割合は、男女ともに全国・愛知県の平均より下回っています。肥満度―20%以下の割合も、全国・愛知県の平均より下回っています。以上より、碧南市の児童においては、肥満度―20%〜20%にある児童が多く、痩せすぎや太りすぎは少なく、健康な体格にある児童の割合が高いと評価できます。

碧南市の児童の平均体重の状況(kg)
20年度
(4年生)
21年度
(5年生)
22年度
(6年生)
碧南男子 30 33 36.3
愛知男子 30.4 33.3 37.5
全国男子 30.8 34.2 38.4
碧南女子 30.2 34 38.5
愛知女子 29.6 33.5 38.9
全国女子 30.1 34.1 39
碧南市の児童の肥満傾向児出現率の状況(%)
20年度
(4年生)
21年度
(5年生)
22年度
(6年生)
碧南男子 9.51 7.56 7.67
愛知男子 10.31 8.5 10.24
全国男子 10.36 10.76 11.09
碧南女子 6.69 6.08 8.06
愛知女子 6.88 6.84 7.53
全国女子 7.91 8.26 8.83

注:肥満傾向児とは、肥満度20%以上の児童のこと。
肥満度は、年齢別、身長別の定められている標準体重と比較してどの程度なのかで表す。

碧南市の児童の痩身傾向児出現率の状況(%)
20年度
(4年生)
21年度
(5年生)
22年度
(6年生)
碧南男子 1.15 0.69 1.05
愛知男子 1.48 3.05 1.75
全国男子 1.25 2.57 2.55
碧南女子 2.23 1.14 1.83
愛知女子 1.36 4.63 3.1
全国女子 1.51 2.8 3.08

注:痩身傾向児とは、肥満度−20%以下の児童のこと。

 次に、碧南市の子供たちの体力はどうでしょうか。
 碧南市スポーツ少年団には、現在8種目、28団体が加盟、学校施設を中心に活発に活動しています。次表は、種目別会員数の推移です。(人)

項目 18年度 19年度 20年度 21年度 22年度
サッカー 467 499 497 475 472
野球 286 289 320 341 341
空手道 309 282 267 231 273
新体操 91 104 102 103 105
剣道 44 32 37 43 49
陸上       26 35
ソフトテニス 36 29 28 25 33
卓球 32 37 36 37 31
合計 1265 1272 1287 1281 1339


 平成21年度に行った体力テスト(定められた方法に従ってテスト運動を行い、計器を用いて筋力、筋持久力、柔軟性、敏捷性、全身持久力などをはかり、体力を判定すること)の結果は次表の通りです(単位は%)。碧南市の子供たちの体力は県や国より優っていることが分かります。

A評価 B評価 A、B評価
合計
D評価 E評価 D、E評価
合計
碧南市小5男子 13.1 23.2 36.3 15.8 9.2 25
愛知県小5男子 10.3 22.9 33.2 22 8.9 30.9
国小5男子 12.2 25.9 38.1 20 7.7 27.7
碧南市小5女子 11.9 22.2 34.1 24.9 6.2 31.1
愛知県小5女子 8.9 24.9 33.8 23 7.5 30.5
国小5女子 13.1 25.8 38.9 19.8 6 25.8
碧南市中2男子 11.2 24.5 35.7 22.1 3.7 25.8
愛知県中2男子 5.2 22.2 27.4 25 8.1 33.1
国中2男子 6.5 25.5 32 22.8 6.3 29.1
碧南市中2女子 31 29 60 11.4 2.4 13.8
愛知県中2女子 21.8 31.8 53.6 14.2 2.1 16.3
国中2女子 23.4 33.1 56.5 12.1 2.2 14.3


 次に不登校児童生徒の実情はどうでしょうか。次の2表は、碧南市内の人数と全児童、全生徒に対する割合の状況を示すものです。碧南市内での不登校児童生徒数の割合は、小学校、中学校いずれも西三河、愛知県、国と比較して大変低いことが分かります。2〜3年間の平均値で比較してみても、碧南市小学校の不登校児童率は0.26%で、西三河0.31%の84%、愛知県0.38%の68%、国0.32%の81%、、碧南市中学校の不登校生徒率は2.25%で、西三河2.81の80%、愛知県2.97%の76%、国2.80%の80%です。碧南市独自で実施しているスクールアシスタント配置事業やハートフレンド派遣事業の効果が出ているものと思われます。

碧南市の不登校児童生徒数の状況(人)
20年度 21年度 22年度
碧南市小学校 10 10 15
西三河小学校 300 317 297
愛知県小学校 1652 1735 1676
碧南市中学校 62 54 34
西三河中学校 1419 1317 1201
愛知県中学校 6593 6343 6211
碧南市の不登校児童生徒率の状況(%)
20年度 21年度 22年度 平均値
碧南市小学校 0.23 0.22 0.34 0.26
西三河小学校 0.31 0.33 0.3 0.31
愛知県小学校 0.38 0.39 0.38 0.38
全国小学校 0.32 0.32 0.32 0.32
碧南市中学校 2.79 2.43 1.52 2.25
西三河中学校 3.05 2.82 2.55 2.81
愛知県中学校 3.1 2.94 2.87 2.97
全国中学校 2.89 2.77 2.74 2.8


 いじめの発生状況も、すこぶる少ない認知率(児童生徒1,000人に対しての発生率)となっています。次の2表が認知件数と認知率の状況を示す表です。3年間の平均の認知率で、碧南市小学校は0.17%で、西三河2.41%の7%、愛知県1.07%の16%、、碧南市中学校は0.47%で、西三河2.59%の18%、愛知県1.79%の26%です。碧南市全体の教育力の高さを自慢したいと思います。

碧南市のいじめ認知件数の状況(件)
20年度 21年度 22年度
碧南市小学校 9 7 6
西三河小学校 2664 2281 2081
愛知県小学校 4939 4286 4853
碧南市中学校 11 11 9
西三河中学校 1299 1147 1181
愛知県中学校 4225 3536 3746
碧南市のいじめ認知率(児童生徒1,000人に対しての発生率)の状況(%)
20年度 21年度 22年度 平均値
碧南市小学校 0.21 0.15 0.14 0.17
西三河小学校 2.75 2.37 2.1 2.41
愛知県小学校 1.14 0.96 1.1 1.07
碧南市中学校 0.5 0.5 0.4 0.47
西三河中学校 2.79 2.46 2.51 2.59
愛知県中学校 1.99 1.64 1.73 1.79


 また、次表のように、碧南市内では、中学校での暴力行為の発生はほとんどありません。碧南市の人口は、愛知県全体の人口の約100分の1ですので、暴力行為についても100分の1程度、すなわち年間8〜11件程度発生しても普通ということになります。しかし、年間1〜2件の発生であります。暴力行為0件を目指し今後とも努力するわけですが、他と比べてすこぶる少ない状態になっているのは、生徒指導対応非常勤講師を各中学校1名づつ計5名を配置する事業を始め、きめ細かな対応をしている故であると、私は思っています。

中学校における暴力行為の発生件数状況
1.対教師暴力(件)

20年度 21年度 22年度
碧南市 0 0 0
西三河 7 19 17
愛知県 187 245 232
全国 7,288 7,539 8,089

2.生徒間暴力(件)

20年度 21年度 22年度
碧南市 1 2 1
西三河 25 65 48
愛知県 616 784 764
全国 26,004 27,979 27,101

3.器物損壊(件)

20年度 21年度 22年度
碧南市 0 0 0
西三河 5 26 24
愛知県 262 489 378
全国 14,674 12,468 12,463


 以上、碧南市全体の教育力の高さは、全国、全世界に誇れるものであると思います。
約300名の小中学校の先生方、教育全体のあり方を常にチェックしておられる教育委員の皆様、教育現場を様々な角度からサポートしておられる非常勤講師の先生や大学生の皆さん、そして、暖かく建設的な観点から碧南市の教育を見守り協力を惜しまない保護者の皆様に心より感謝と敬意を捧げます。 

 

バックナンバー一覧へ戻る