愛知県碧南市の公式ホームページへようこそ

碧南市

ひとのわで楽しさつくるみなとまちへきなん

トップページ < 市長のC・Sメッセージ < バックナンバー

市長のC・Sメッセージ

平成23年8月1日 ほめたたえるべき数々の事項その2

 盛夏、夏祭りの季節です。7月23日(土)は第28回衣浦みなとまつり花火大会、7月30日(土)は第14回元気ッス!へきなん、市民の皆様のご協力とご参加を得て、それぞれ盛大に開催できました。8月のお盆の時期には、各地区で盆踊り大会が実施されることと思います。
 今年は、3月11日に発生した東日本大震災があり、2万名以上の方が犠牲となられていますので、なかなか晴れ晴れとした気持ちにはなりにくいかと思いますが、それぞれの立場で真面目に一生懸命に頑張ることが、犠牲者に対する供養になると信じて、この夏の時期を皆で盛り上げてまいりましょう。

 C・Sメッセージ2011年3月1日号で、「ほめたたえるべき数々の事項」を市民の皆様にご報告しました。今回はその第2弾です。最近も、県、国、世界、各レベルで活躍している市民の皆様の表敬訪問を多く受けており、嬉しい限りです。今年の3月以降のことを皆さんにご報告しますので、全市民を挙げてエールを送りましょう。

 愛知県トライアスロン協会が2010年度の年間ポイントランキングを発表し、碧南市トライアスロン協会所属の細川榮子さんが女子40歳〜49歳区分で1位に、また、鈴木教之さんが男子50歳〜59歳区分で1位となり、3月6日に開催された愛知県トライアスロン協会総会にて表彰されました。

 管楽器個人・重奏コンテスト愛知県小学校の部において、永谷香帆さん(棚尾小6年)がクラリネット独奏で優秀賞(県1位)となり、3月26日に豊田市で開催される中部大会に出場しました。

 愛知県高等学校新人体育大会剣道競技男子団体において、岡崎城西高校が準優勝の成績を収めました。岡崎城西高校には市内在住の2年生、杉浦和也さんが選手として活躍しており、3月27月〜28日に春日井市で開催される全国高等学校剣道選抜大会に出場しました。

 4月2日〜3日に駒沢体育館で開催されたジュニアクイーンズカップ・レスリング選手権大会において、中井ほのかさん(中央小4年)がキッズ小学3・4年生の部門で見事1位に輝きました。

 4月29日に大高緑地で開催された「あいち都市緑化フェア」で西端里池保存会が愛知県都市緑化功労賞を受賞されました。西端の里地の原風景や多様な生き物を育む場所の保存活動が認められたものです。

 今年も碧南市の空手マン達は、以下のように大活躍です。
@東海地区空手道選手権大会出場
 出場選手 東端友哉さん(星城高校2年、第43回愛知県空手道選手権大会高校生男子形第3位)
A東海高等学校総合体育大会(空手道競技)出場 、全国高等学校空手道選手権大会(インターハイ)出場
 出場選手 矢野和也さん(星城高校2年、愛知県高等学校総合体育大会空手道競技大会団体男子組手優勝)
B第55回全日本学生空手道選手権大会出場
 出場選手 石躍一真さん(愛知学泉大学4年、東海地区大学空手道選手権大会男子形の部第2位)
C第11回全日本少年少女空手道選手権大会出場
 出場選手 小島萌々果さん(鷲塚小3年、愛知県少年少女空手道選手権大会小学生3年女子個人形第3位)

 小笠原宏樹(さくら卓球道場所属、棚尾小2年)くんは、5月15日に碧南市臨海体育館で開催された全日本卓球選手権大会愛知県予選会において、バンビ男子シングルスの部門で第4位となり、7月22日〜24日に神戸市で開催された全日本大会に出場しました。

 6月9日〜12日に三重県営サンアリーナにて開催された、第24回ラージボール卓球大会において、市内在住の角谷康二さんが、男子シングルス85(85歳以上)の部で優勝、男子ダブルス160(合計160歳以上)の部で第3位の好成績収めました。今回が連続21回目の出場で、昨年度は混合ダブルス160(合計160歳以上)の部に夫婦で出場し、準優勝を収めています。

 7月1日、碧南市在住の愛知県婦人消防クラブ連絡協議会会長の永坂幸子氏(碧南市女性団体連絡協議会会長)が平成23年度安全功労者内閣総理大臣表彰を受賞されました。永坂さんは、平成18年に日本防火協会会長賞、平成19年に消防功労者総務大臣表彰も受賞されています。また、7月より、国の消防審議会の委員(婦人防火クラブ出身でははじめての委員)にもなっています。

 碧南工業高等学校ヨット部の加藤良也さんと鈴木玲元さんは、5月に蒲郡市で開催された2011年中部FJ級選手権大会において上位入賞を収め、7月23日から28日にベルギーのニーウポールトにて実施される「2011国際FJ級世界選手権大会」に出場しました。

 平成22年11月10日〜14日、長崎サンセットマリーナで開催された第63回全日本スナイプ級ヨット選手権大会で、アイシンAIの2チームと豊田自動織機の1チームが入賞し、8月にデンマークで開催される世界選手権へ出場します。いずれも碧南工業高校ヨット部OBのメンバーがこの3チームの中で活躍しています。

 7月21日に名古屋市国際展示場(ポートメッセなごや)で開催された第46回交通安全子ども自転車愛知県大会において、西端小学校自転車クラブの6年生(4名)が、団体の部で優勝(8連覇達成)し、個人の部でも第1位から第4位までに入賞しました。この4名は、8月3日、東京ビッグサイトで行われる全国大会に出場します。

 愛知県大会で優勝等、上位入賞した碧南高等学校ヨット部12名と碧南工業高等学校ヨット部16名は、8月17日から20日、秋田県本荘マリーナで開催される平成23年度全国高等学校総合体育大会ヨット競技大会に出場します。

 第62回愛知県高等学校定時制通信制総合体育大会で砲丸投げ優勝、円盤投げ2位となった碧南高等学校定時制4年生の當間くみこさんが、8月に東京の国立競技場で開催される第46回全国高等学校定時制通信制陸上競技大会に出場します。

 碧南市では、毎年、「市政アンケート」を実施しています。そのアンケートの質問の1つに、「碧南市の住みごこちは」という質問があります。この質問は、市民の皆様が、総合的にみて、碧南市政についてどう感じているか、を訊いているともいえます。その結果の推移は次表の通りです(単位は%)。数パーセントの人が住みにくいほうであると感じているようであります。
 このアンケートの結果には、各年の景気や雇用の状態なども反映されていると思いますが、市民の皆様の8割程度以上が、住みやすいほうであると感じているということは、市政を預かる者としては大変ありがたいことであります。しかも、住みにくいほうであると回答している市民は、10%程度以下で逓減傾向です。今後とも、よりよい市政の実現に向けて、職員一同、一生懸命努力しますので、市民の皆様のご支援ご理解を心よりお願い申し上げます。

平成
(年度)
住みやすい どちらかといえば
住みやすい
肯定的
回答計
住みにくい どちらかといえば
住みにくい
否定的
回答計
22 32.5 46.6 79.1 2.4 5.5 7.9
21 31.2 50.5 81.7 2.1 8.8 10.9
20 34.2 47 81.2 1.2 4.6 5.8
19 32.9 48.5 81.4 3 6.6 9.6
18 35.1 48.1 83.2 2.4 5.8 8.2
17 35.9 48.1 84 2 6.6 8.6
16 32.9 49.8 82.7 1.9 6.9 8.8
15 34.2 50.8 85 2.2 5.5 7.7
14 45.1 43.2 88.3 1.6 4.5 6.1
 

バックナンバー一覧へ戻る