愛知県碧南市の公式ホームページへようこそ

碧南市

ひとのわで楽しさつくるみなとまちへきなん

トップページ < 市長のC・Sメッセージ < バックナンバー

市長のC・Sメッセージ

平成23年2月1日 皆さんのおかげで交通事故、犯罪、火災が大変少なくなっています

  市民の皆様、寒い日も多いですが、お元気でそれぞれご活躍のこととお喜び申し上げます。
 
 さて、今年1月12日に行われた愛知県交通安全県民大会において、全県下37市18町2村の中で、碧南市交通安全都市推進協議会は優良市区町村交通安全推進協議会(19団体)に、愛知県交通安全協会碧南支部は優良地区安全協会(3団体)に、中部電力株式会社碧南火力発電所は優良交通安全団体(15団体)に選ばれ表彰されました。また、碧南警察署(碧南市、高浜市管轄)も同規模17警察署の中で「平成22年の交通事故抑止が優れていた」ということで成績ナンバーワンで愛知県本部長表彰を受けました。誠に喜ばしい限りであります。

 これらの表彰は、市民の皆様の日ごろよりの努力の成果であります。約120名の交通指導員の皆様を始め、各企業・各種団体・個人が、各交差点で交通安全を呼びかけたり、交通安全教室を開催したり、活発な活動を展開をしております。最近、ますます活発になってきており、まさに行政と市民の協働が大変円滑に進展していると評価できるものであります。

 ちなみに、警察庁の資料よると、全国の交通事故による死亡者の推移は、1965年1万2,484人、1970年1万6,765人、1975年1万792人、1980年8,760人、1985年9,261人、1990年1万1,227人、1995年1万679人、2000年9,066人、2005年6,871人、2009年4,914人、愛知県は、2005年から2009年まで連続5年間全国ワースト1でありました。2010年197人で全国ワースト6位でありました。
 2009年の交通事故による死亡者の状況別人数、割合は、歩行中1,717人、35%、自動車乗車中1,600人、33%、自転車乗車中695人、14%、自動二輪車乗車中527人、11%、原付自転車乗車中359人、7%でありました。

 一方、愛知県の平成22年の人身事故件数は、51,161件で1,000人当たりの発生件数は7.1件(21年は、6.9件)、碧南市の平成22年の人身事故件数は、306件で1,000人当たりの発生件数は4.3件(21年は4.6件)、碧南市の人身事故発生率は、愛知県の60.6%(21年66.7%)、5分の3(21年は3分の2)であり、6%ほど減少しました。交通事故死亡者も21年3名から22年は2名と1名減となりました。交通事故死亡者ゼロ、交通事故減少に向けて、今後とも、みんなで頑張ってまいりましょう。

交通事故の推移
愛知県下交通死亡者数 碧南市内交通死亡者数 碧南市内人身事故発生件数
平成17年 351 5 342
平成18年 338 5 382
平成19年 288 1 326
平成20年 276 5 343
平成21年 227 3 342
平成22年 197 2 306


 次に犯罪でありますが、愛知県の平成22年の刑法犯発生認知件数は、128,174件で1,000人当たりの発生認知件数は17.3件(21年は19.7件)、一方、碧南市の平成22年の刑法犯発生認知件数は、827件で1,000人当たりの発生認知件数は11.5件(21年は13.1件)、碧南市の犯罪発生率は、愛知県の66.5%(21年も66.5%)、3分の2です。これは、愛知県37市中32番目(21年は35市中31番目)でした。
 ちなみに西三河内のみよし市は、18.6件で6番目、刈谷市は、18.3件で7番目、知立市は、17.3件で11番目、安城市は、17.2件で12番目、西尾市は、14,9件で20番目、高浜市は14.7件で21番目、豊田市は、13.9件で23番目、岡崎市は、12.4件で29番目でした。

平成22年刑法犯犯罪率ランキング
順位 認知件数 犯罪率
1 名古屋市 53,012 23.5%
2 北名古屋市 1,756 21.6%
3 岩倉市 979 20.4%
4 小牧市 3,019 20.2%
5 清須市 1,240 18.7%
6 みよし市 1,124 18.6%
7 刈谷市 2,688 18.3%
8 日進市 1,497 17.8%
9 豊明市 1,231 17.8%
10 尾張旭市 1,409 17.5%


 犯罪についても、碧南市は、皆様の努力の結果、大変少ない状況となっています。青色パトロールやスクールガード等、多くのボランティアの皆様の活動が、犯罪を未然に防いでいただいているものと感謝しております。今後とも、犯罪が発生しないように、みんなでけん制し合っていきましょう。

 最後に火災についてでありますが、こちらの方も減少しています。
 平成22年の火災発生の速報値によりますと、全国の出火件数は51,139件で人口1万人当たり4.1件、愛知県は3,197件で人口1万人当たり4.3件、碧南市の場合は、21件で、人口1万人当たりは2.9件であり、愛知県の火災発生率の67.4%、3分の2です。件数では、平成21年より7件の減となっており、愛知県下の平均に比べて大変少ない状態であります。

 これも、約100名の消防団、約140名の消防予備隊、約1,360名の女性防火クラブの皆さん、各企業の自衛消防隊(8組織)を始めとして、各地区の自主防災会、各種団体の積極的な取り組みや市民の皆様への啓発活動の賜物と感謝致しております。今後とも、みんなで火災ゼロに向けて頑張ってまいりましょう。

バックナンバー一覧へ戻る