ライン
碧南市教育研究室
  碧南市教育の振興並びに教職員の資質の向上を図り、教育上重要な問題について調査研究するために、昭和30年に発足しました。この研究室は、市教育委員会内におかれ、研究員若干名を委嘱します。
      ○昭和60年以降の研究内容 
研究期間 研究内容 研究成果
昭和60年度〜61年度 小中学校「パソコン導入とその活用方法の研究」
幼稚園「幼児の生活の実態とその指導」
紀要第36集
昭和62年度〜63年度 小中学校「パソコンの利用方法についての研究」
幼稚園「自然環境の生かし方・かかわり方」
紀要第38集
平成元年度〜2年度 小中学校「生涯スポーツにつながる健康づくり」
幼稚園「幼稚園教育要領改定に伴う年間指導計画の作成と試行」
紀要第40集
平成3年度〜4年度 幼稚園・小学校「幼稚園と小学校の連携の在り方」
紀要第42集
平成5年度〜6年度 小中学校「新しい学力観に立つ授業と評価」
紀要第44集
平成7年度〜8年度 小中学校「ティームティーチングの研究と実践」
紀要第46集
平成9年度〜10年度 小中学校「外国人児童生徒とともに生きる
紀要第48集
平成11年度〜12年度 小中学校「総合的な学習の進め方」
紀要第50集
平成13年度〜14年度 表現力・思考力を高め、「生きる力を育む情報教育」 紀要第52集
平成15年度〜16年度 基礎・基本の定着と個に応じた学習指導の工夫 紀要第54集

副読本の編集
副読本名 対象学年 本 の 内 容
「のびゆく碧南」 小学校5・6年生用  昭和30年9月に、小学校5・6年生を対象にして郷土歴史副読本として刊行された。昭和50年に大幅改定をし、その後2〜4年毎に部分改定をし、資料や内容を新しくしている。
「わたしたちのへきなん3年」
「わたしたちのへきなん4年」
小学校3年生用
小学校4年生用
 昭和56年に小学校3・4年用副読本として「へきなん」を刊行した。平成4年に写真や資料を豊富にし、新しく小学校3年版と4年版に分けて刊行した。 
「ささえあう明日」 中学生用  市民憲章の「安心して住める町」「あたたかい心の町」づくりのために、平成2年に中学校の福祉読本として刊行した。福祉の充実に伴い、平成8年に大幅改定を行い、生徒の福祉体験やボランティア活動等を多く取り入れ、関心・意欲を高め、活用しやすくなった。

学校教育課のトップページに戻る
ライン