姉妹都市
プーラ市
(クロアチア共和国)

提携時の様子
   
平成19年4月5日 碧南市制59周年記念式典の中で、プーラ市との姉妹都市提携を調印しました。
その後、平成19年5月1日〜8日まで碧南市の使節団がプーラ市を訪問し、市長表敬やプーラ市制式典に出席しました。



現在の交流

◎碧南市からプーラ市へ(平成29年5月2日〜5月7日)◎


プーラ市との姉妹都市提携10周年を記念し、碧南市長を始め3名でクロアチア共和国プーラ市を訪問しました。
平成29年5月5日には、プーラ市市制式典が開かれ、碧南市の紹介もしていただきました。
プーラ市役所を訪れた際には、プーラ大学の先生、生徒の皆様にも出席いただき、10年間の思い出を振り返りました。合わせて記念品の交換をおこないました。
 



◎プーラ市から碧南市へ(平成30年4月3日〜4月10日)◎

碧南市制70周年を祝し、プーラ市のボリス市長始め5名の使節団が碧南市を訪問されました。
平成30年4月5日の市制70周年記念式典に参加され、その他市内外の視察や姉妹友好都市歓迎会へ出席していただきました。
姉妹友好都市歓迎会では、互いの交流を深め、記念品を交換しました。
  



◎国際理解講座 クロアチア講座(平成30年1月28日)◎

愛知県内在住のプーラ市出身の講師をお迎えして、クロアチアの文化、ことわざ、挨拶等を学びました。
受講者からも多数質問があり、クロアチアのことを学ぶ大変良い機会になりました。


姉妹都市提携日 平成19年4月5日
交流の経緯 平成17年愛知万博で、クロアチア共和国が一市町村一国フレンドシップ事業相手国となったことが契機となり、コソル副首相から「是非ともクロアチア共和国の都市と姉妹都市提携を」との提案がなされました。姉妹都市提携に向けての取り組みを進める中で、日本大使館から3市を候補都市として紹介を受け、その後調査団を派遣するなどした結果、プーラ市を姉妹都市の第一候補として決定し、平成19年4月5日に姉妹都市提携を調印しました。平成29年4月5日には姉妹都市提携10周年を迎えました。
面積 41.5平方キロメートル(碧南市の約1.2倍)
人口 約62,000人
位置 首都ザグレブから南西約270Km、イストリア半島の先端
気候・環境 碧南市と同じく海に面し、温暖な地中海性気候で、活気ある港を持つ中心的な都市。市内には当時の円形闘技場(アレーナ)などローマ帝国の遺跡が今なお数多く存在し、時代を感じさせる美しい町です。
プーラ市
公式ホームページ
http://www.pula.hr/
  ●プーラ市
クロアチア共和国