碧南市次世代育成支援地域行動計画(前期計画)について
  1. 碧南市次世代育成に関する意識調査報告書
  2. へきなん次世代ハートプラン

  3. へきなん次世代ハートプランの実施状況を公表



    碧南市次世代育成支援に関する意識調査報告書


     子どもをもつこと、そして育てることに喜びが感じられるよう
     豊かな次世代を形成するための計画づくりを進めます。


    ■ 次世代育成支援地域行動計画策定のための市民意識調査について

     国をはじめとして、子育てと仕事の両立を支援することを中心に、子どもを生み育てやすい環境整備など、今まで様々な少子化対策が推進されてきました。
     碧南市においても、「子どもを生むなら碧南市、子育てするなら碧南市」を目指し、平成13年度に「こどもハートプラン へきなん」をつくり、子育て支援につながる事業を進めてきました。しかし、急速な少子化がさらに進み、今後、社会経済全体に極めて深刻な影響が懸念されることから、少子化の流れを止めるための「次世代育成支援対策推進法」が制定されました。これを受けて、碧南市も次世代育成支援推進行動計画を策定することとなりました。
     今回、この計画を策定するにあたって、子育ての意識や保育サービスのニーズなどを把握するとともに、少子化の現状を分析するための郵送によるアンケート調査を行いました。その結果について紹介します。
     PDFファイル ページ数 サイズ 
    目次  6ページ 190KB
    T.調査概要と調査結果のまとめ
    U.就学前児童(保護者)調査
       
    V.小学生低学年(保護者)調査    
    W.中高生(本人)調査
    X.一般住民調査
       
    Y.ひとり親世帯調査    
    Z.自由意見    


     今回のアンケート結果などをもとに、子育てと仕事の両立支援に加え、男性を含めた働き方や地域における子育て支援などについて、市の具体的な施策をまとめた平成17年度から21年度までの計画を策定します。
     この計画に対する皆さんのご意見、ご提言を広く募集しております。 

     


    へきなん 次世代ハートプラン
    【碧南市次世代育成支援地域行動計画(前期計画)】の策定にあたって

     我が国の出生率は一貫して低下傾向が続き、少子化問題は早急に取り組むべき国政上の重要課題となっております。
     碧南市におきましても、少子化・核家族化が進行しており、子どもたちをとりまく環境にも影響を与え、将来的には地域の活力に影響を及ぼすことが心配されます。
     このような状況の中、本市の少子化への取組としましては、現在、「新児童育成計画 こどもハートプランへきなん」に基づき、保育料の引き下げ、延長保育を実施する保育園の拡大など、子育て家庭の経済的負担の軽減、仕事と育児の両立支援の声にお応えするための事業を推進してまいりました。 
     しかし、より一層の少子化対策の推進を図るため、父母その他の保護者が子育てについての第一義的責任を有するという認識の下に、平成15年度・16年度の2ヵ年にわたり、「碧南市次世代育成支援地域行動計画」を策定しました。
     こどもハートプランへきなんの「子どもを生むなら碧南市 子育てするなら碧南市」から、次世代育成支援の理念をふまえ、本市の次世代育成支援地域行動計画の基本理念を「心を包み 心を育むまち へきなん」として、「子どもの心」、「親の心」、「家庭の心」、「地域の心」の4つの心を大切にして、この4つの心をやさしく包みこみ、子育ち、子育て、親育ちを応援する碧南市をめざしてまいります。
     今後とも、子育て家庭と市民の皆さんのご参加とご協力により、碧南の子育ち、子育て、親育ちの推進が図られることと考えており、より一層のご理解とご協力を賜りますようお願いいたします。
     最後に、この計画の策定にあたりまして、熱心にご協議賜りました碧南市次世代育成支援対策地域協議会の委員の皆様をはじめ、アンケート・インタビュー調査にご協力をいただきました市民の皆様に心から感謝を申し上げます。

      平成1年3月

                            碧南市長 永島 


    目次
    総論 1 プランのねらい 2 こどもたちをとりまく碧南の姿 3 碧南のめざす次世代育成支援ビジョン 施策の全体像
    各論 1 健やかっこ 2 育ちっこ 3 輝きっこ 4 やすらっぎこ
    資料 1 計画の策定体制 2 関連データ 3 意識調査結果まとめ
  

こども課TOP