愛知県碧南市の公式ホームページへようこそ

碧南市

元気でいこう思いやりと文化のみなとまち碧南

トップページ < 各課の窓口 < こども課TOP < 各種手当の申請 < 児童手当

児童手当・特例給付

お知らせ

 平成28年1月1日から申請の際にマイナンバーカードまたは通知カードをご持参ください。
  児童手当の認定請求申請の際に、請求者と配偶者のマイナンバーを記載してください。
  児童が別居の場合は、児童のマイナンバーも必要です。

毎年6月に現況届を提出してください。

引き続き手当を受給するには、毎年6月に現況届を提出する必要がありますので、6月中に現況届を提出してください。提出しないと、6月分以降の手当が支給できませんので、必ず提出してください。

手当の概要

○支給対象児童

中学3年生までの国内に居住している子

※中学3年生までの子とは、満15歳以後の最初の3月31日までの間にある子どものことを言います。

※留学中の子につきましては、受給できる場合がありますのでこども課までお問い合わせください。

○受給資格者

碧南市に住所を有し、支給対象児童を養育し、かつ生計が同一である父または母等で生計の維持する程度の高い方

○支給月額

 年齢区分  支給月額
 0歳〜3歳未満(3歳になる月まで)一律  15,000円
 3歳(3歳になった翌月)〜小学校修了前
           (第1子、第2子)
 10,000円
 3歳(3歳になった翌月)〜小学校修了前
            (第3子以降)
 15,000円
 中学生 一律  10,000円
 所得制限世帯 一律  5,000円

○所得制限

あり(詳しくはこちら

○手当の振込月

原則、2月・6月・10月に前月までの手当をまとめて振り込みます。

現況届

受給者は、毎年6月に引き続き児童手当等を受ける要件を満たしているかどうかを確認するために現況届を提出する必要があります。5月末ごろに郵送しますので、必ず6月中に提出してください。提出がない場合には、6月分以降の手当が受けられなくなりますのでご注意ください。


申請手続き

児童手当・特例給付は申請がないと支給できません。出生、転入などの翌日から15日以内に手続きをしてください。15日以内に申請があった方は、碧南市での支給要件に該当した日の属する月の翌月分から支給対象となります。

○申請ができる方
・請求者本人
・請求者本人の同世帯の方
・委任を受けた方(委任状様式 PDF 103KB) 

○手続きに必要なもの

 区分  必要なもの
 全ての方  印鑑、申請者名義の通帳など口座がわかるもの、個人番号カードまたは通知カード
 被用者(厚生年金・私学共済等に加入)の方  申請者本人の保険証の写し
 外国籍の方  申請者・配偶者・子の外国人登録証または在留カードの写し      
 子が海外留学している方  在学証明など海外留学がわかるもの
 子が国内の学校の寮で暮らしている方  子の住民票と入寮証明など寮に入っていることがわかるもの
 市外に別居している子がいる方  子と同居する全員分の住民票(続柄等省略なしのもの)、子のマイナンバーがわかるもの
 1月1日(受給開始が6月〜12月の場合は当年1月1日、1〜5月分の場合は前年1月1日)に国外に住んでいた方  パスポート(申請者・配偶者)
1月1日をまたぐ日付のスタンプを確認します。

○ご注意

※児童手当・特例給付は、住民基本台帳に基づいて支給します。出生・転入等の際には市民課に届出し、出生・異動の日の翌日から15日以内に児童手当の申請をしてください。市民課への届出だけでは、手当は受給できません。また、里帰り出産などで住所地以外で出生届を出した人も同様に出生の翌日から15日以内に碧南市で手当の手続きをしてください。15日以内に申請しないと手当を受給できない月が出る可能性がありますので、ご注意ください。

※公務員の方は、勤務先での申請となりますので、勤務先へお問合せください。


児童手当・特例給付の寄附について

 児童手当・特例給付の全部又は一部の支給を受けずに、これをお住まいの市区町村に寄附して、子ども・子育て支援の事業のために活かしてほしいという方には、簡便に寄附を行うことができる手続きもあります。
 ご関心のある方は、碧南市役所 こども課 育成支援係までお問い合わせください。 


問い合わせ先

碧南市役所 こども課育成支援係
電話番号 : 0566−41−3311(代) 内線 461・462
ファックス : 0566−48−2940
E−Mail : kodomoka@city.hekinan.lg.jp