愛知県碧南市の公式ホームページへようこそ

碧南市

ひとのわで 楽しさつくる みなとまち へきなん

トップページ < 広報へきなん < 1日号の表紙

広報へきなん 1日号の表紙

2011年(平成23年以前)

2011年1月1日号〜
村瀬範行さん 漫画家「笑顔のために全力で描きます」 12月1日
Ceyda(ジェイダ)さん ベリーダンサー「人をひきつけるダンサーになりたい」 11月1日
岩間真理子さん 手作り絵本製作「思い出を形に残して」 10月1日
斉藤冨美枝さん 市インディアカ協会理事長「仲間がいるから続けられた」 9月1日
石橋武宣さん 気象予報士「わかりやすい天気予報を届けたい」 8月1日
板倉満さん チェーンソーアーティスト「間伐材に命を吹き込みます」 7月1日
鬼頭延晃さん レインボー・スターズ監督「この仲間とずっと野球を続けたい」 6月1日
伊藤幸子さん マイはし袋製作「環境を考えるきっかけにしてほしい」 5月1日
細川榮子さん トライアスリート「進化する自分を追い求めて」 4月1日
杉浦春一さん 洋画家「仲間と喜び合えることが励みです」 3月1日
旭美さん 木版画作家「楽しみながら作っていきたい」 2月1日
茂木綾子さん 第3句集「天年」出版「俳句の創作が生きがい」 1月1日

2010年7月1日号〜
佐々木和子さん 陶芸作家「発想を形にかえて」 12月1日号
みずゑさん 創作人形作家「作る時間も癒されます」 11月1日号
奥谷明佳さん 青年海外協力隊としてボリビアに赴任「助かるはずの命のために」 10月1日号
當間くみこさん 全国高等学校定時制通信制陸上競技大会3年連続出場「満足できる結果を残したい」 9月1日号
伊藤和央さん スナイプ級西半球・東洋世界選手権2大会連続出場「世界のトップを獲りに行きます」 8月1日号
杉浦正行さん シーカヤック製作「作って楽しみ、乗って楽しむ」 7月1日号

2010年1月1日号〜6月1日号
高橋幸子さん 児童文学者「個性が輝く社会に」 6月1日号
黒野英明さん さつき盆栽「生長の過程を見る喜び」 5月1日号
麻生貴美子さん 画家「心に響く絵を描きたい」 4月1日号
縣勝人さん 立体書画工芸「新しいものを生み出したい」 3月1日号
小島雅生さん 造形作家「命の繰り返す姿を表現したい」 2月1日号
鈴木瑠美さん 税に関する高校生の作文国税庁長官賞受賞「みんなで支えあう社会に」 1月1日号

2009年7月1日号〜12月1日号
竹原幸子さん へきなん市民環境会議会長「できることから始めてほしい」 12月1日号
高山稔さん 羽久手グランド整備「グランドは恋人」 11月1日号
玉井廣一さん チョウの標本制作「美しさを永遠に残したい」 10月1日号
鈴木一智さん、
平松良洋さん
国際FJ級世界選手権大会(ヨット競技)出場
「あうんの呼吸で海に向かいます」
9月1日号
糟邦満さん 交通指導員「子どもたちの成長を見守りながら」 8月1日号
板倉鉱司さん 鉄のアーティスト「猫の自由な姿を表現したい」 7月1日号

2009年1月1日号〜6月1日号
金原松美さん 面打ち「一刀に魂を込めて」 6月1日号
柴田まさるさん カエルのイラストレーター「カエルが生きがい」 5月1日号
黒川強さん ハーモニカ奏者「音楽が人生を豊かにしてくれる」 4月1日号
小澤幸典さん 台北市国際野球大会出場「チームプレーが勝利に結びつく」 3月1日号
内藤幸子さん  和裁家「着る人にあった仕立てを」 2月1日号
久田晴菜さん 鼓舞メンバー「ダンスは自分が輝ける舞台」 1月1日号

2008年7月1日号〜12月1日号
鈴木恵美さん 声の広報「心をこめて送ります」 12月1日号
末永京香さん 水泳400M個人メドレーインターハイ5位「進化する自分を追い求めて」 11月1日号
鈴木鉄男さん 碧南チャラボコ連合保存会会長「伝統文化を伝えていきたい」 10月1日号
鈴木富美さん 紙きり「皆さんと楽しめる紙きりを」 9月1日号
杉浦博之さん スナイプ級ヨット世界選手権連続出場「頂点を目指して」 8月1日号
市古なつみさん 商業検定全8種1級取得「達成するよろこびを知りました」 7月1日号

2008年1月1日号〜6月1日号
磯貝憂貴さん 緑化・育樹運動ポスターコンクールで文部科学大臣賞「絵が想いを運んでくれる」 6月1日号
伊藤草華さん 日展書部門で入選「大切なのは書に向かう姿勢」 5月1日号
松田ユキ子さん 日展彫刻部門で入選「私の彫刻が市内に飾られたらいいな」 4月1日号
奥村志緒美さん 全日本学生音楽コンクール全国大会出場「聴いた人が幸せになる演奏をしたい」 3月1日号
林千絵子さん 愛知万博市町村対抗駅伝で区間賞「追い抜くときが気持ちいい」 2月1日号
加藤裕子さん 市文化祭総合美術展大賞「芸術の『かな書道』を極めたい」 1月1日号

2007年7月1日号〜12月1日号
井上圭人さん  全日本鉄人レースで優勝「さらに過酷なレースにも挑戦したい」  12月1日号
岡田圭子さん 押絵職人「いずれは碧南の風景や花も題材に」 11月1日号
粟津良介さん  インターハイ陸上競技800m走で優勝「自分の感覚を信じて」  10月1日号
石原節規さん 手作りルアー職人「魚を惑わす作品に仕上げたい」 9月1日号
神谷誠さん 日本将棋連盟公認棋道指導員「『棋』の道一筋」 8月1日号
磯貝善之さん 野球グローブ職人「グローブに魂を注ぐ」 7月1日号

2007年1月1日号〜6月1日号
クノシンジさん ミュージシャン「『ポップ』の良さを伝えていきたい」 6月1日号
酒井伸介さん ストーンアルケミスト「石が持つさまざまな『顔』を表現したい」 5月1日号
内藤武さん 和裁士指導講師「仕立ては着る人を想像しながら」 4月1日号
神谷正紀さん 表具師「作品が輝けるように」 3月1日号
岡島良平さん 全国にある山頭火の碑を揮ごう「偉大なる先人の『声』を届けたい」 2月1日号
永田治一さん 獣医師「動物を愛する心を育んで」 1月1日号

2006年7月1日号〜12月1日号
都築尚子さん 毛皮職人「生きている毛皮に感謝をこめて」 12月1日号
並川隆博さん 舟の鍛冶屋「舟を送り出すときは感慨ひとしお」 11月1日号
小笠原和男さん 俳誌「初蝶」主宰「俳句は生活、生活は俳句」 10月1日号
山田公代さん サウンドテーブルテニス全国2位「みんなで一緒に楽しみたい」 9月1日号
杉浦信之さん 靴職人「靴を楽しんで履いてほしい」 8月1日号
杉浦良英さん 衣浦鉄道倶楽部「乗る人の笑顔が力の源です」 7月1日号

2006年1月1日号〜6月1日号
神谷良隆さん フッチーほたる会「ホタルが昔を思い出させてくれます」 6月1日号
禰宜田徹さん 三河土人形「未来につながる道を作るだけ」 5月1日号
長谷川実さん 矢作太鼓「心の芯まで伝わること太鼓判」 4月1日号
角谷康二さん ラージボール全国大会で活躍「大会あらしと呼ばれたい」 3月1日号
辻正幸さん たぬき学研究家「たぬき学の歴史にページを刻む」 2月1日号
神谷賢司さん 防災士「自分を守り、家族を守り、地域を守る」 1月1日号

2005年7月1日号〜12月1日号
齋藤恭子さん 長距離走者「みんなよりほんの少し努力すれば結果はついてきます」 12月1日号
ながおりえさん ガラス作家「見て、作って、使って楽しむガラスの世界」 11月1日号
榊原和成さん 愛知アドバンス監督「まず選手を信じること」 10月1日号
三浦航平さん IBFA世界少年野球選手権大会出場「世界の強豪選手をびびらせたい」 9月1日号
鈴木絹代さん 革工芸「革が生み出す幸せをみんなに知ってもらいたい」 8月1日号
中根潮美さん 絵本作家「色を重ねていくときが1番幸せです」 7月1日号

2005年1月1日号〜6月1日号
加藤敬山さん 漆職人「漆は使うほど良さが生まれます」 6月1日号
板倉昭正さん 鶴ケ崎山車保存会会長「地域ぐるみで守り、育てます」 5月1日号
角谷秀政さん 尺八奏者「邦楽ファンを増やしたい」 4月1日号
杉浦伊一さん 碧南文化協会会長「世界へ届け、碧南の文化」 3月1日号
永坂幸子さん 県婦人防火クラブ会長「女性だからできる安心なまちづくりを」 2月1日号
加藤恵一さん 耳かき職人「耳かきで至福のひとときを」 1月1日号

2004年7月1日号〜12月1日号
板倉峰尾さん 芸術文化ホール友の会会長「音楽のすそ野をもっと広げたい」 12月1日号
梶川俊一郎さん 彫刻家「彫刻は言葉そのもの」 11月1日号
川口清三さん 木工「木、心、技の調和した作品をつくりたい」 10月1日号
山本隆さん MRC代表「バイク乗りにしかできないことをやりたい」 9月1日号
岩月和夫さん 乳母車職人「ぬくもりのある匠の技を伝え続ける」 8月1日号
高松美幸さん 民謡高松会代表 「三味線は夢弦の可能性」 7月1日号

2004年1月1日号〜6月1日号
菅沼正則さん 画家 「静かな感覚を絵に残したい」 6月1日号
引田悦子さん 日本自分史大賞優秀賞受賞 「娘の輝きを知ってほしい」 5月1日号
坂田佳代さん 記者 「碧南とともに歩んで半世紀」 4月1日号
杉浦和徳さん 黒木炭コンロ職人 「大切にしてくれる人に使ってほしい」 3月1日号
横山祥子さん HEXPOプレイメイト発案者 「いつまでも童心を忘れない」 2月1日号
杉浦忠治さん 能面師 「続けることが力になる」 1月1日号

2003年7月1日号〜12月1日号
鈴木貞之さん 碧南露地野菜協議会会長 「碧南の人にたくさん食べてもらいたい」 12月1日号
神谷肇さん アコーディオン奏者 「自分1人でオーケストラ」 11月1日号
河原朗治さん 咲かそうひまわり代表 「ひまわりの輪を広げたい」 10月1日号
岡田節子さん バリアフリー喫茶オープン 「生きるということを考えてほしい」 9月1日号
岩月藤夫さん 鍛冶屋 「碧南の農業を支え続ける」 8月1日号
都築平治さん 柔道 「努力した分、強くなる」 7月1日号

2003年1月1日号〜6月1日号
杉浦末次さん 船大工 「船主が満足する船を造りたい」 6月1日号
中根明日菜さん バイオリン奏者 「心を込めて弾いています」 5月1日号
加藤正巳さん 昭和31年から広報紙に4コマ漫画を掲載 「クスクスっていう笑いが大切」 4月1日号
対馬陽也さん NHK教育テレビしゃべり場出演 「しゃべりで勝負」 3月1日号
畠山和也さん 東海3県中学英語弁論大会優勝 「カレン先生、エリック先生ありがとう」 2月1日号
磯貝真紀さん 箏曲奏者 「箏で自分を伝えたい」 1月1日号

2002年7月1日号〜12月1日号
楠本勝也さん 軟式野球選手 「野球は人生そのもの」 12月1日号
鈴木基文さん トライアスロン 「いろいろなことをやってみたい」 11月1日号
松原延行さん カクテル・アーティスト 「おいしいお酒や料理をワンコインで提供できる店を開きたい」 10月1日号
磯貝俊幸さん フルート奏者 「オケマンを目指す」 9月1日号
長谷川あけみさん 創作アップリケ 「古いものの味わいが好き」 8月1日号
村松悟さん 保育士 「子どもが好きだから、毎日がおもしろい」 7月1日号

2002年1月1日号〜6月1日号
小笠原ふさ子さん らくらく体操リーダー 「元気だから年齢は気にならない」 6月1日号
森田勝司さん 雅楽奏者 「後継者を育てたい」 5月1日号
和泉麻里さん 打楽器奏者 「聴く人といっしょに楽しみたい」 4月1日号
祢宜田友也さん 空手 「信念を持って空手を続けたい」 3月1日号
岡島俊三さん 長崎大学名誉教授 「被爆者のため、研究に没頭」 2月1日号
鷲津メリーさん 日本画家 「絵は祈りのひとつ」 1月1日号

2001年7月1日号〜12月1日号
杉浦初雄さん 卓球愛好家 「人の和に支えられました」 12月1日号
榊原恵さん 短距離走者 「遠くへ遠くへと足を踏み出す」 11月1日号
竹内一雄さん 囲碁アマ準本因坊 「囲碁の手は無限、それが魅力です」 10月1日号
山本奈央さん トライアスロン 「オールキッズトライアスロンで優勝したい」 9月1日号
杉浦うめさん 和ろうそく作り 「てらてらと優しく燃える炎が魅力です」 8月1日号
杉浦仁吉さん 電気機関車製作 「家の庭にレールをひいて作品を走らせてみたい」 7月1日号

2001年1月1日号〜6月1日号
鳥居啓子さん パッチワークキルト 「パッチワークキルトは針と糸で絵を描くようなもの」 6月1日号
杉浦清孝さん 写真家 「心に訴えかける写真を撮り続けたい」 5月1日号
新美康弘さん タラノメ栽培 「西端をタラノメの大産地にしたい」 4月1日号
磯貝誠子さん 合唱 「歌うことで元気になれる」 3月1日号
山中昭市さん 建具職人 「建具は自分の作品が残せるからやりがいがある」 2月1日号
中根海童さん 書道家 「個の確立と共生の21世紀へ」 1月1日号

2000年7月1日号〜12月1日号
角谷秀雄さん 魚料理 「魚の料理名人になってほしいですね」 12月1日号
小池奈津子さん 軟式野球 「チーム名のように、立ち止まらず常に前へ」 11月1日号
高田謙さん ちゃらぼこ 「碧南ばやしが鳴り響くまちに」 10月1日号
竹内健人さん 元気ッス碧南プロデューサー 「まちづくりは市民の創意工夫で」 9月1日号
磯貝厚子さん 福祉ボランティア 「多くの人にNPOを知ってもらいたい」 8月1日号
榊原秀孝さん アーチェリー 「若い人にアーチェリーの魅力を伝えたい」 7月1日号

2000年1月1日号〜6月1日号
神谷京子さん バラ栽培 「バラは香る宝石です」 6月1日号
上田章子さん 創作アップリケ 「捨てられる布を生き返らせる楽しさ」 5月1日号
佐々木良治さん らんちゅう飼育 「らんちゅうはわが子のようにかわいいですね」 4月1日号
寺部孝子さん マラソンランナー 「今の目標は、国際マラソン出場です」 3月1日号
鈴木功さん 理容器具の改良 「納得できるものを今も探し求めて」 2月1日号
久野昭さん 無我苑顧問 「それぞれの生きていく意味をあらためて考える」 1月1日号

1999年7月1日号〜12月1日号
井上静香さん ピアノ奏者 「弾き方によって全く違う表現ができることが魅力」 12月1日号
齋藤浩さん ソフトボール協会審判員 「選手といっしょに試合をつくるつもりで」 11月1日号
榊原純治郎さん 竹細工 「子どもたちの笑顔から元気をもらってますよ」 10月1日号
角谷理恵さん 日本舞踊 「表現は心のうちからあふれ出るもの」 9月1日号
石川利明さん
伊藤和央さん
ヨット競技 「風を切るスピードがたまらない」 8月1日号
角谷昭時さん ゲートボール審判員 「ゲートボールを通して思いやりの心を」 7月1日号

1999年1月1日号〜6月1日号
神谷俊治さん 自転車の乗り方指導 「自転車に乗ることによって交通安全を学んでもらいたい」 6月1日号
杉浦成人さん チェロ奏者 「音楽を身近に楽しんで心を豊かに」 5月1日号
新垣カロリーナさん タンゴダンサー 「気持ちはへきなん人、タンゴで交流を深めたい」 4月1日号
林きみさん 短歌 「老いていく自分を表現」 3月1日号
市古昭子さん パセリ研究会 「女性ならではの商品づくりをめざす」 2月1日号
生田文治郎さん 油絵 「絵が好きということが私の原点です」 1月1日号

1998年7月1日号〜12月1日号
杉浦イッコウさん 現代美術作家 「宇宙の神秘と生命の不思議に魅せられて」 12月1日号
山中勇次さん 写真家 「草花の美しさが心の糧になります」 11月1日号
曽根良子さん 太鼓 「太鼓は生涯の友」 10月1日号
佐藤清美さん 少年野球連盟会長 「野球の基本は走ること」 9月1日号
角谷泰人さん イラストレーター 「夢あふれる作品をつくりたい」 8月1日号
辻さかゑさん お手玉作り 「昔ながらのお手玉を楽しんでもらいたい」 7月1日号

1998年1月1日号〜6月1日号
鳥居慶昭さん 菊人形師 「花人形の魅力を伝えたい」 6月1日号
磯貝文吉さん 書道 「奥行きのある線を表現したい」 5月1日号
鳥居成司さん 市民吹奏楽団団長 「トロンボーンにハーモニーの夢を乗せて」 4月1日号
山本真由美さん レスリング 「レスリングも柔道も頑張りたい」 3月1日号
中根均さん 交通指導員 「子どもたちを交通事故から守りたい」 2月1日号
竹内邦治さん 体育指導委員 「気軽に生涯スポーツに取り組める環境づくりを」 1月1日号

1997年
吉田加子美さん 手話 「多くの人たちと交流をしたい」 12月1日号
板倉佐紀子さん パッチワーク講師 「布の魅力をひきだして」 11月1日号
柳原美香さん バレーボール 「これからもバレーボール一筋」 10月1日号
祢宜田長太郎さん 漁師 「海とともに生きてきた人生」 9月1日号
有本征世さん 親子ふれあい体操考案 「親と子がふれあえる空間づくりを」 8月1日号
杉浦友工さん 野球 「甲子園でホームランを打って優勝したい」 7月1日号
森下昌美さん 空手 「空手道はわたしの人生そのもの」 6月1日号
森本寛治さん 洋画家 「シルクロードの歴史を感じて描き続けたい」 5月1日号
池田忍草さん バドミントン 「いい汗かいてストレス解消」 4月1日号
林口直美さん 県読書感想文コンクール県知事賞 「本との出会いがわたしの生きがい」 3月1日号
鈴木隆さん スペースモデリング 「ロケットが夢とともに空高く」 2月1日号
伊藤良夫(玉山)さん 水墨画家 「暮らしの中で画と接したい」 1月1日号

1996年
中根逸朗さん クレー射撃 「自分に勝つ競技」 12月1日号
伊藤麻紀さん 新規就農者 「早く一人前に」 11月1日号
金田晴美さん トライアスロン 「まわりの応援に支えられて」 10月1日号
榊原知江さん ラージボール 「卓球をしているときが最高に幸せ」 9月1日号
林口絵美さん 新体操 「大きな夢に向けて」 8月1日号
榊原栄治さん 理髪師 「ナンバーワンよりオンリーワン」 7月1日号
長田賢市さん 土絵画家 「山に魅せられて」 6月1日号
原田勝美さん 剣道 「剣道を通し人間形成を」 5月1日号
磯貝裕美さん イラストレーター 「ポエジー(詩心)のある絵を」 4月1日号
杉浦陽子さん 水泳教室講師 「きれいになれます」 3月1日号
杉原健司さん 陶芸家 「自分流焼きを追求して」 2月1日号
岡本林さん 弓道 「究極の目的は人間完成」 1月1日号

1995年
神谷常夫さん チャラボコ保存会会長 「魅了される音」 12月1日号
野村良子さん ヴァイオリン 「心の音色を奏でたい」 11月1日号
杉浦周平さん マラソン 「ゴールを目指して」 10月1日号
美濃順三さん 茶杓作り 「木の柄を生かして」 9月1日号
原田有子さん ヨット 「風を身体で感じて」 8月1日号
杉浦清三さん ひょうたん作り 「趣味をもつことは大切」 7月1日号
木村紀美子さん 軟式野球審判員 「元気よく声を出して」 6月1日号
林口恵美子さん 和紙工芸 「日本画とは違ったおもしろさ」 5月1日号
小澤只嗣さん 農家 「オリジナルなものを作りたい」 4月1日号
奥谷ひさのさん 革工芸 「だれにでも簡単にできますよ」 3月1日号
久田治男さん 画家 「人間の根源を表現し続けて」 2月1日号
加藤知彦さん 彫刻家 「無理な表現がおもしろさを生む」 1月1日号

1994年
谷崎綾子さん 染色画家 「私自身の表現を目指して」 12月1日号
山田好江さん 社交ダンス指導 「日々の積み重ねが大切」 11月1日号
鈴木櫻子さん 画家 「生きざまを作品にぶつけて」 10月1日号
杉田英治さん 切り絵 「直線の持つ魅力にとりつかれて」 9月1日号
角谷清子さん バレーボール指導 「もっと気軽にスポーツを」 8月1日号
三浦英夫さん ウッドクラフト講師 「木のぬくもりにふるさとを感じて」 7月1日号
杉浦弥作さん 竹細工 「こどもたちをもっと楽しませてやりたい」 6月1日号
生田秀雄さん 洋ラン農家 「洋ランづくりにロマンを求めて」 5月1日号
岡本豊さん 折鶴百態展 「折り鶴に魅せられて」 4月1日号
梶川亮治さん 鬼瓦職人 「創作に喜びを感じて」 3月1日号
谷口清子さん らくらく体操指導 「倒れるまでがんばるわ」 2月1日号
遠山雪軒さん 書道家 「書道で文化交流を」 1月1日号

1993年
鍔本達朗さん 版画家 「無限の夢をリトグラフに託して」 12月1日号
杉浦勉さん 少年サッカー指導 「子どもたちと一緒に遊びながら」 11月1日号
角谷和子さん 料理研究家 「献立に困ったらわたしにまかせて」 10月1日号
岩田昇さん 車いすマラソン 「スポーツで新しい人生を」 9月1日号
高橋恭子さん 空手 「空手に青春をかけて」 8月1日号
高山八郎さん 土人形師 「土人形に思いを込めて」 7月1日号
磯貝太寿さん 屋根師 「かわらぶき日本一に輝く」 6月1日号
石川清美さん フルーテイスト 「フルートの音色で心の交流」 5月1日号
鈴木健三さん 高校ラグビー日本代表 「将来は実業団で活躍したい」 4月1日号
木村栄蔵さん 交通安全クルミの鈴作り 「今年で20回目になります」 3月1日号
奥山剛志さん 青年海外協力隊員 「日本的発想は通じませんでした」 2月1日号
祢宜田洋子さん 新体操 「まずはレギュラーに」 1月1日号