文化振興プラン

文化振興への取り組みと今後の方向

T 文化・芸術
 1 文化会館・芸術文化ホール
 2 哲学たいけん村無我苑
 3 美術
 4 彫刻のあるまちづくり
U 歴史的文化遺産
 1 文化財
 2 市史研究および市ゆかりの文化人・芸術家の顕彰
V 生涯学習
 1 生涯学習
 2 市民図書館
 3 海浜水族館・青少年海の科学館
W 文化振興の環境づくり
X 文化行政の運営


T 文化・芸術

1 文化会館・芸術文化ホール

@鑑賞型事業の充実
  国内外の広範なジャンルにわたる優れた芸術家やグループを招聘しての鑑賞型事業の機会を充実します。
A参加者の拡大と理解の浸透
  演劇・舞踊など一般に馴染みの薄い分野について実技講座を開催し、市民に対して創造面でのノウハウを提供し、参加者の拡大や公演に対する理解を深めます。
B青少年の参加の拡大
  青少年の参加を前提にした魅力ある事業を実施し、グループづくりを促します。
C身近に感じられる事業の実施による関心層の拡大
  入門的な講座や公演を開催するなどして、関心層の拡大を図ります。また、公演に際しては事前に初心者を対象にしたレクチャーを開催するなど、芸術が身近に感じられる工夫をします。
D参加型事業の充実による独自性の追求
  参加型の事業を充実させることにより、碧南市独自のものの実現を図ります。特に、地域で活動する音楽家等の芸術家を活用しての公演を開催し、市民の文化・芸術のレベルアップを図ります。

2 哲学たいけん村無我苑

@(仮)哲学の小径の整備
  油ヶ淵・応仁寺と無我苑を結ぶ道路を、文化・歴史・自然が「たいけん」できる小径として修景整備します。
A身近なジャンルの講座の実施
  従前の哲学講座・市民茶会を引き続き継続するほか、身近なテーマを取り入れたさまざまなジャンルの講座や事業を実施します。
B伊藤証信の足跡の紹介
  伊藤証信についての資料収集、研究を進め、その足跡を広く紹介します。
C登録村民の自主活動の促進
  村民登録制度を活用し、無我苑を活動拠点とする自主的な勉強会等の組織化を働きかけるほか、村民の意見を取り入れた事業の実施に努めます。

3 美術

@美術に触れる機会の充実
  美術に関する実技講座や鑑賞講座の開催により、市民が美術に触れる機会の充実を図ります。
A美術品購入事業の再開
  美術教育の充実と市民に美術品鑑賞の機会の提供、さらには今後の美術館整備を視野に入れて、美術品購入事業を再開します。
B藤井達吉等の作家の研究と作品の収集
  藤井達吉を中心に市ゆかりの作家の研究およびその作品を収集します。
C美術館の整備
  藤井達吉の作品展示の場、美術教育の場、地域の作家の作品展示の場として美術館を整備します。なお、美術館の整備にあたっての基本方針は次によることとし、市民参加による検討組織を設置し、美術館のあり方についての基本構想の策定を進めます。
ア 目的
 藤井達吉の活動を現代に伝える場とするほか、地域の芸術家の作品発表の場、美術教育の一環として鑑賞・体験の場とします。
イ 展示・作品収集
 藤井達吉の作品を常設展示し、学芸員による藤井達吉の作品研究を進めます。展示する藤井達吉の作品は、藤井達吉作品を多く所蔵する美術館および個人所蔵のものを一定期間借用することを基本とします。個人所蔵のもの等で、散逸等を防ぐために必要が生じた場合は、市で収集します。常設展示のほか、美術教育・社会教育の観点から企画展を開催します。藤井達吉以外の作家の作品展示においても、借用を基本としますが、借用が難しいもので美術教育に効果があると認められるものについては、収集します。
ウ 美術教育
 学芸員や作家等によるギャラリートーク、美術鑑賞講座や講演会を開催します。また、「たいけん」型の美術教育の事業を実施します。
エ 市民利用
 美術グループや地域の芸術家の作品発表の場とします。

4 彫刻のあるまちづくり

@彫刻のあるまちづくりの事業再開のための検討(検討機関の設置)
  彫刻のあるまちづくりは、子どもたちのための文化的環境の創造、教育環境の整備に視点を置いて、事業を再開させることを検討します。検討にあたっては、市民参加による協議機関を設置し、次のことを課題とし、協議します。

彫刻の検討項目
  設置の目標:市制の節目の5年に1体程度を目標とし、地域の関係者の協力を得ての事業推進
  設置場所  :小中学校内または小中学校に隣接し、子どもが観て、触れることのできる効果的な
          場所の選考と選考のための地域の関係者の参加による協議機関の設置
  作家の選定:美術に関する有識者、地域の代表者・関係者等で構成する作家の選定のための
          協議機関の設置
  市民理解  :作品に対する理解

U 歴史的文化遺産

1 文化財

@新たな指定
  新たに指定すべき文化財の調査・研究を進めます。また、必要に応じて保護保存の助成措置を講じます。
A体系的な調査・研究
  市内に埋もれていると思われる文化財の情報収集に努めるほか、現存する文化財の体系的な調査・研究を進めます。
B民俗・民具資料等の収集と(仮)ふるさと館の整備
  失われつつある民俗・民具資料や伝統産業に関係する品々などを文化財として収集し、これらを保存・展示する
(仮)ふるさと館を整備します。収集にあたっては、寄贈受け入れや寄託システムの検討も視野に入れて進めます。
Cふるさと文化・伝統文化の保存育成
  郷土芸能やチャラボコ、伝統的技術など伝統文化の継承および後継者育成のための支援を検討します。
D文化財探索コースの設定
  市内に散在する伝統的な建物や文化財を紹介する文化財探索コースを設定し、身近に文化財や歴史的資源に触れる機会を設けます。

2 市史研究および市ゆかりの文化人・芸術家の顕彰

@市史編纂の充実
  市の歴史・文化的遺産の調査研究を総合的に進め、史料として刊行するほか、史料等のデータベース化による情報の共有化を検討します。
A芸術文化振興会の発足
  藤井達吉を始めとする市出身またはゆかりの芸術、表現作家等の歴史および業績等の研究・発表による芸術文化の振興発展を目的として、市民参加の芸術文化振興会を組織します。
B市ゆかりの文化人・芸術家の顕彰
  市の文化・芸術にゆかりのある人の足跡の調査・研究を進めます。また、先人の俳句・短歌等の公共の場での表示による顕彰の方法を検討します。

V 生涯学習

1 生涯学習

@生涯学習推進計画の策定
  生涯学習推進計画を策定し、推進体制の確立と市民の要望にあった学習プログラムの充実を図ります。
A事業内容の充実
  人生のライフステージに応じた学習機会の提供を進めるとともに、親子共同学習等の世代間で交流できる講座などの事業実施に努めます。また、急速に進む高齢化社会に対応した高齢者を対象とした講座等の充実に努めます。
B施設の有効利用と教職員等の人材活用
  学校施設の有効な利用方法の検討を進めるとともに、地域活動への参加援助できる指導者としての教職員等の人材活用を検討します。
C指導者育成と人材登録
  講座などを終了した青少年や勤労者、女性、高齢者等が継続して学習できるようグループ化への促進とその指 導者の育成に努めます。また、人材情報の収集と登録制度を検討します。

2 市民図書館

@幼児、児童、ヤング層への読書奨励
  幼児、児童の読書導入を図るため、おはなし会や人形劇等の事業を引き続き実施します。また、青少年のニーズを把握しながら図書館利用の促進を図ります。
A学校図書館との連携
  子どもたちに、図書館の役割や読書の楽しさを知らせるため、図書館司書の学校訪問を積極的に進めます。また、学校図書館とのネットワーク化を進めるなど、学校との連携を強化します。
B団体貸出による関係機関との連携
  子どもに関わる諸機関に図書の団体貸出を促進することにより、子どもの読書の習慣化を図ります。
Cレファレンス機能の充実
  インターネットやCD−ROM等を活用したレファレンス機能の充実を図ります。また、インターネットを活用して利用者が館外から図書館サービスや蔵書検索等の図書館情報が入手できるよう図ります。
D新鮮な資料収集と更新
  情報化、国際化、産業構造の変化に的確に対応できるよう豊富で新鮮な資料の収集と資料の積極的な更新を図ります。
E電子化資料へのアクセス
  利用者が館内においてインターネット等の電子化資料へアクセスできるようサービスの強化を図ります。
F外国語資料の収集等の充実
  外国語資料の収集の充実および外国語による利用案内の作成等を図ります。
G碧南市に関する資料の収集と刊行
  碧南市に関する資料の積極的な収集に努めます。また、市民の手により碧南の文化、歴史、自然を整理し、これを碧南市民叢書として刊行に努めます。
H執筆の奨励
  郷土文化関係自費出版補助制度のより一層の周知を図るほか、執筆をとおしての表現活動に結びつくような講座、教室の開催に努めます。

3 海浜水族館・青少年海の科学館

@展示の充実
  地域の水族館として、さらに、地元生物の淡水魚などの展示方法・拡充などにより、特色を持った展示の充実を図ります。
A学校教育との連携
  学校教育における総合的な学習の時間や環境教育の導入に合わせた校外学習、訪問講座などの拡充を図り、さらに学校教育との連携の充実に努めます。
Bサポート体制の充実
  自然科学に興味を持つ市民の活動をサポートする「サロン機能」の付加や児童・生徒を対象とした「自然科学クラブ」などの設立を検討します。
C教育プログラムの開発
  学校や地域社会と連携した楽しく遊びながら学べる教育プログラムの開発に努めます。
D研究成果の展示
  学芸員による専門的な調査・研究を引き続き実施し、その成果を展示に反映します。
E施設整備の検討
  多目的ホール、屋外展示施設をはじめとする施設整備を計画的に実施していくための検討を進めます。

W 文化振興の環境づくり

@施設利用情報のネットワーク化
  文化会館、公民館、図書館等の各施設の施設利用に係る情報のネットワーク化を進め、市民利用の利便向上を図ります。
A若年層の参加支援
  若年層が関心を寄せ、参加できる事業を企画し、文化・芸術活動をとおして仲間づくりができるよう働きかけます。
B民間事業への支援
  市民の間に文化・芸術の広がりを持つと認められる民間が行う事業の実施を促進するため、費用面および人的に支援する制度を検討します。
C情報機器等の利用による文化情報の提供
  市が行う事業を始め市民団体の活動情報、専門家・指導者等文化に関する情報提供を生涯学習情報誌等の発行やインターネットの活用により進めます。
D情報機器等の利用による入場券販売の検討
  入場券の販売方法等、家庭のパソコンからでも購入できるシステムを検討します。
E団体間の連携・交流
  広く個人および市民団体間の相互連携、交流のできる事業を推進し、ネットワーク化のできる組織づくりを働きかけます。
F国際交流・地域間交流
  市が友好提携を結んでいるアメリカ合衆国エドモンズ市、北海道由仁町、小原村で文化芸術活動に携わる個人・団体との交流を推進します。

X 文化行政の運営

@連絡組織の設置
  文化事業に携わる各所管の連絡組織を設置し、事業内容の調整、参加の方法等の統一化および協力体制の確立を図ります。
A事務分担の明確化
  文化芸術に係る事業を再整理するとともに、各所管の事務分担の明確化を図ります。また、必要に応じて柔軟な組織改革に努めます。
B専門職の配置・育成
  文化事業に係る専門職員の配置・育成に努めます。
C専門家の知識の活用
  文化会館と芸術文化ホールの自主事業の実施にあたって、アドバイスやノウハウを得るため専門家の活用を検討します。
D適正な入場料等の設定
  事業実施にあたっての入場料や参加費の設定について、文化啓蒙に対する配慮のもとに適正なバランスに努めます。


文化振興プランホームへ  次へ