文化振興プラン

文化振興プラン施策の体系

大項目 小項目 施策名 具体的施策名 短期 中・長期
文化・芸術
文化会館・芸術文化ホール 自主事業 @鑑賞型事業の充実
A参加者の拡大と理解の浸透
B青少年の参加の拡大
C身近に感じられる事業の実施による関心層の拡大
他施設との競合 D参加型事業の充実による独自性の追求
哲学たいけん村無我苑 施設 @(仮)哲学の小径の整備
自主事業 A身近なジャンルの講座の実施
B伊藤証信の足跡の紹介
市民参加 C登録村民の自主活動の促進
美術 美術の普及 @美術に触れる機会の充実
作品収集・展示 A美術品購入事業の再開
B藤井達吉等の作家の研究と作品の収集
美術館(展示施設・収蔵施設) C美術館の整備  
彫刻のあるまちづくり 事業実施にむけての検討   検討機関の設置  
歴史的文化遺産
文化財 指定文化財 @新たな指定
収集・保存 A体系的な調査・研究
B民俗・民具資料等の収集と(仮)ふるさと館の整備
公開・活用 Cふるさと文化・伝統文化の保存育成
D文化財探索コースの設定
市史研究および市ゆかりの文化人・芸術家の顕彰 市史研究 @市史編纂の充実
市ゆかりの文化人・芸術家の顕彰 A芸術文化振興会の発足  
B市ゆかりの文化人・芸術家の顕彰
生涯学習
生涯学習 生涯学習推進体制の確立 @生涯学習推進計画の策定  
学習機会の整備 A事業内容の充実
学校施設開放と学社融合 B施設の有効利用と教職員等の人材活用
人材の育成と積極的な活用 C指導者育成と人材登録
市民図書館 図書館サービス @幼児、児童、ヤング層への読書奨励
A学校図書館との連携
B団体貸出による関係機関との連携
資料の充実 Cレファレンス機能の充実
D新鮮な資料収集と更新
E電子化資料へのアクセス
F外国語資料の収集等の充実
G碧南市に関する資料の収集と刊行
地域文化の創造 H執筆の奨励
海浜水族館・青少年海の科学館 展示 @展示の充実
教育普及活動 A学校教育との連携
市民の活動 Bサポート体制の充実
博物館としての研究 C教育プログラムの開発
D研究成果の展示
施設の充実と整備 E施設整備の検討  
文化振興の環境づ くり
                                                        既存施設の有効利用 @施設利用情報のネットワーク化
市民活動支援      A若年層の参加支援
B民間事業への支援
情報の提供      C情報機器等の利用による文化情報の提供
D情報機器等の利用による入場券販売の検討
交流      E団体間の連携・交流
F国際交流・地域間交流
文化行政の運営
                                           行政組織      @連絡組織の設置
A事務分担の明確化
人材の育成と登用      B専門職の配置・育成
C専門家の知識の活用
文化事業の評価 D適正な入場料等の設定

※文化振興プランの目標年次は、基本的には総合計画と同じく平成22年度としますが、それ以降についても、長期的な視点もふまえたものとします。
  短期:概ね3年以内に着手。中・長期:4年目以降に着手。全期間をとおして取り組むものは両方に○。


文化振興プランホームへ  次へ