● 平成29年度博物館実習生の受入れについて(平成29年1月改定)


 碧南海浜水族館・碧南市青少年海の科学館 博物館実習生受入れ要領

1.受入れの条件 (1) 大学(主に理系の学部)において、博物館実習以外の必要科目(博物館法施行規則第1条の規定に基づく)の単位を修得済ないし修得見込みの者。
(2) 現住所または帰省先から通うことが可能である者。
(3) 実習期間は原則7日間とし、当館が指定した日程で実施することができる者。
2017年8月17日〜8月23日を予定しています。)
 ※ただし、実習期間等は多少変更になる場合もあります。
 ※実習内容によっては、時間が多少ずれる可能性があります。
(4) 将来、水族館・動物園・自然史(動物)系博物館の学芸員を志望する者。
(5)  定員は先着5名程度。 
2.実習の内容
碧南海浜水族館・碧南市青少年海の科学館にて、教育普及・展示維持管理・博物館の利用に関する実習を行います。
3.受入れの手順 (1) 電話での問い合わせを仮申請として受け付けます。
※氏名、所属(大学・学部・学年)、連絡先(電話番号・実習期間中の住所)、および大学担当者、連絡先を伝えてください。
仮申請受付期間は、実習実施前年度の2月1日から実習年度の4月30日まで。
仮申請以降にキャンセルする場合は速やかにご連絡ください
※休館日(月曜日)の受付はできません。
(2) 仮申請での受入れ決定後、下記@〜Bの書類を郵送してください。
  @博物館実習依頼状  様式1(所定の様式または、大学の所定の様式)
  A博物館実習生個票  様式2
  B作文           様式3  
※各書類のダウンロードはこちら(PDFファイル 
 当館において実習を希望する理由、学芸員資格取得を志望する理由、大学等での研究テーマと将来の目標を各200〜300文字程度にまとめてください。書類の受理をもって正式な受付とします。
 締め切りは、実習実施年度の5月31日です。(締め切り日必着)※締め切り日を過ぎた場合は辞退とみなします。
(3) 締め切り後、定員に余裕がある場合に限り、追加申し込みを受け付けます。
4.その他 (1) 実習中の事故等については、実習生個人および大学側の責任とし、当館は一切責任を負いません。
(2) 受講費として、1850円を徴収いたします。
※その他、資料代がかかる場合には実費を徴収します。
5.申し込み先・
  問い合わせ先
 
  碧南海浜水族館・碧南市青少年海の科学館 博物館実習担当
〒447-0853 愛知県碧南市浜町2番3
TEL(0566)48−3761   FAX(0566)41−7288
 
実習に関するご質問は随時、受けつけています。

                   [注意]
              
※申請書を印刷する場合は、原則としてA4サイズの普通紙に白黒で印刷してください。
                     また、感熱紙は使用しないでください。

              
※申請書の記入方法や手続についてご不明な点などございましたら、水族館(0566) 48−3761までお問い合わせください。 


 トップページに戻る