愛知県碧南市の公式ホームページへようこそ

碧南市

ひとのわで楽しさつくるみなとまちへきなん

トップページ < 哲学たいけん村無我苑「哲学たいけん村」とは? or 施設利用のご案内 < 市民茶室「涛々庵」

市民茶室「々庵」(とうとうあん)

 利休は庭の落ち葉を一旦全て掃き清めた上で木を揺すり、あたかも自然の落ち葉の様に紅葉を演出したといいます。さりげなく置かれた茶の湯道具、床の間の花一輪に、時空を超えた世界を観るというのが茶の精神です。茶の湯をたしなむとは、いわば、それを通して、大自然の中に生かされている自己を感じることともいえましょう。この日本の伝統文化は、それ自身が「哲学たいけん」なのです。
   
   
    日本庭園を配した木造平屋建て数奇屋造りの建物です。四方を水で囲まれ、波が「涛々」と押し寄せる水の街碧南市をイメージした意匠が随所に施されています。
 こちらは、々庵(広間棟)の外観です。
   
    広間の様子。写真奥が10畳間、手前が6畳間です。欄間には々庵に因んだ波の図案の彫刻がはめらています。
   
  こちらは々庵小間の外観です。 
   
   小間の様子。
   
   外露地の様子。全国的にもめずらしい「露地囲い」が設けられ、外界と隔絶された静かな待合となっています。 

 露地とは、茶室に伴う庭のことです。当苑の露地は全国的にも珍しい、内露地と外露地のある二重露地となっています。
 高い塀で囲まれた外露地の中は、世俗を超えた清々しい雰囲気がみなぎり心が洗われる場所。茶会に臨むための大切な心の準備を整える空間です。
   
  外露地の待合の様子。外露地は塀でぐるりと囲まれています。 
   
   この壁の奥に内露地があります。
   
   「露地囲い」を外側から見ると、このような高い塀で囲まれています。
   
   主な設備
・寄付
・広間(6畳、10畳)
・勝手水屋
・小間(4畳台目中板入)
   

市民茶室の利用時間と使用料

 区分 午前(9:00〜12:00)  午後(13:00〜17:00)  夜間(18:00〜21:00) 
市民茶室  2,740円  4,410円  4,620円 

 市民茶室の利用は、茶会等茶道に関する目的での場合に限ります。また、利用する場合には、1人以上の茶道に精通した指導者が必要です。(施設利用の詳細のページへ)

「茶室に露地囲い」 1992.5.31 「かわら版哲学たいけん」創刊号より

 茶の湯は本来、物外の境地での「遊び」である。すなわち山居の主人が親しい友を招き心をこめてもてなす遊びである。茶室は主人(亭主)の住まいであり、山居の趣を深めるべく露地という庭がつくられる。こうした茶の湯は精神性の深い生活文化として完成された。哲学たいけん村に茶室と庭が組み入れられたゆえんである。
 この茶室は、茶事の研修が出来ることを基本とし、今日の大寄せの茶会にも適応でき、かつ来苑者への日常的な呈茶もなしうるよう計画されている。
 玄関・広間棟と小間棟とが廊下で繋がれている。広間は主室と次の間六畳から成り、庭に面して入側(畳縁)を付している。主室は十畳敷、正面に床と地袋及び琵琶台をそなえる。千家流の七事式もおこないうるよう構成されている。間仕切の欄間には「々庵」の名に因んで、波の図案の彫刻を()めている。襖紙は、京都の唐長の板木で摺られたものである。
 小間は草庵風の茶室で西向きに建てられている。四畳敷に上座床を構え、点前座と客座の間に中板を入れ、中柱を立て、炉を台目切とした四畳台目中板入にしている。茶道口と給仕口、躙口と二枚障子の貴人口が開かれ、特色ある間取りが工夫されている。二方に深い土間庇をめぐらし軽快な外観を形づくっている。
 南へ内露地がつくられ、内腰掛と砂雪隠が設けられる。腰掛の間の中潜の向こうが外露地である。この外露地は高い塀で囲まれた珍しい構えである。このような外露地は古田織部と弟子の上田宗箇(そうこ)が試みていたことが知られている。茶会に招かれた客は、まずこの囲いの中の腰掛に集うのである。囲われたこの一境は、世俗を超えた清々しい雰囲気が漲り、客も心が洗われ、お互いに「直心ノ交リ」を固めることが出来る。これから始まる茶会に臨むための大切な心の準備を整える「聖」なる空間である。茶の湯を通じての哲学的体験の施設として特にこの形式を取り上げた。
 京都工芸繊維大学名誉教授 中村 昌生

哲学たいけん村無我苑のトップページへ戻る