碧南市哲学たいけん村無我苑は、日本全土に向けて「無我愛」を主唱し、この地に居を構えた宗教思想家伊藤証信翁のご遺族より土地等を市へご寄贈いただいたことから建設されました。静かな環境に身をおいて心を落ち着かせ心の安らぎを得るとともに、みずからを振り返って考え明日への活力を起こしていただくことを意図しています。

碧南市哲学たいけん村無我苑の概要 
               
名誉村長      梅原 猛氏(哲学者・元日本ペンクラブ会長)
村長代行・顧問  久野 昭氏(国際日本文化研究センター・広島大学名誉教授)

施設の概要
 場 所    愛知県碧南市坂口町3丁目100番地
         油ケ渕花しょうぶ園、応仁寺から徒歩で約7分
 敷地面積  4,479,62u
 開苑日   平成4年6月1日
苑内施設
 ■瞑想回廊 (鉄筋コンクリート造り 2階建て 550.27u)
        設計監修指導 若山 滋(名古屋工業大学教授)
   ●主な設備 (1階)展示ホール、事務室
           (2階)展示ギャラリー、リラクゼーションルーム(ボディーソニック)、瞑想室、倉庫
 ■市民茶室(涛々庵)(木造数寄屋造り 平屋建  146.92u)
        設計監修指導 中村 昌生(京都工芸繊維大学名誉教授)
   ●主な設備 寄付、広間(6畳・10畳)、勝手水屋、小間(4畳台目中板入)
 ■研修道場(安吾館)(木造数寄屋造り 平屋建  281.12u )
         設計監修指導 横内 敏人(京都造形芸術大学環境デザイン学科教授)
   ●主な設備 立礼茶席、和室(42畳)、水屋、厨房、事務室兼宿直室

碧南市
TOPペー
無我苑
TOPページ
戻る