学校給食センターの事業

(1)栄養士の学校訪問
    給食時にクラスに訪問し、当日の給食を活用し、「食」に対する興味・関心を児童生徒
   に持たせ、よい食生活について理解させることを目的に実施する。

(2)ふれあい給食
    年1回、給食関係職員が幼稚園及び小学校の1クラスに入り、園児・児童と一緒に給食
   を食べながらふれあいの場を持つ。

(3)クッキングコンテスト
    一日で一番大切な「朝食」を取り上げ、碧南市で生産されている食材や産物を取り入れ
   た「ぼくたち、わたしたちにまかせて かんたん碧南朝ごはん」をテーマとして、子ども
   が一人で調理できる「朝食」献立について小学生5・6年生を対象に募集し、冬休み期間
   に調理コンテストを実施する。
    入賞献立で実施可能なものは、学校給食に取り入れる。

(4)給食試食会
    保護者に対して、家庭教育学級などの試食会を通して、給食に対しての正しい理解が図
   れるよう実施している。

(5)食材、食器、調理品の検査
    定期的に抜き取りで、厚生労働省指定機関で検査を実施する。
     <検査項目>
      ・腸管出血性大腸菌O−157 ・細菌数 ・サルモネラ菌 ・溶出試験
      ・大腸菌群 ・保存料 ・黄色ブドウ球菌 ・E−coli  ・残留農薬等
      ・放射性物質の測定





碧南市のTOP    各課・施設の一覧    学校給食センターのトップ