地域包括支援センター ■碧南市
>> 認知症ケアパス概念図
・碧南市では保健センターを中心に介護予防に取り組んでいます。地域包括支援センターでは介護が必要な状態になるおそれのある高齢者の生活
 機能の向上に取り組んでいます。また健康推進員、民生児童委員、認知症サポーター等の社会資源や地域のつながりが高齢者の自立を支援しま
 す。
@認知症の疑いに気付いた本人あるいは家族等が最寄の相談窓口に相談します。相談を受けた窓口は医療介護連携の流れに沿い早期診断・早期治
 療につなげます。
A診断をもとにかかりつけ医・家族・ケアマネジャー・介護サービス事業所等が協力して本人が穏やかに生活を継続できるよう、介護者の負担が
 重くならないよう支援します。かかりつけ歯科医師やかかりつけ薬剤師等にも情報提供を行うことで適切な医療を受けやすくなります。
B病気の進行等により在宅生活が困難となった場合は、一時的な入所・入院により専門家の対応が必要な場合もありますが、状態が安定すれば再
 び元の住み慣れた地域に戻ります。
・家族をはじめ地域の力・医療・介護など様々な資源を活用しながら認知症になっても本人の尊厳が守られ、住み慣れた地域で生活が継続できる
 ことを目標にしています
認知症ケアパス概念図

碧南市地域包括支援センター
〒447-8601 碧南市松本町28 電話 0566-41-3311(内線363)


碧南市認知症ケアパス