介護サービスを利用すると1割又は2割を負担します。
(利用限度額と利用者負担について)

 
「要支援1又は2」、「要1〜5」と認定された人は、それぞれ月々に利用できる金額の上限(利用限度額)が決まります。

 
介護サービス(介護予防サービス)を利用すると、かかる費用のうち保険から8割又は9割が給付され、残りの1割又は2割を利用者が負担します。ただし、1割又は2割の利用者負担が一定金額を超えたときは、その超えた分をお返しすることができます(高額サービス費)。



在宅サービスの利用限度額

 限度額の範囲内でサービスを利用したときは、1割又は2割の自己負担です。
 上限を超えてサービスを利用した場合は、超えた費用は実費になります。

要介護度 訪問 ・ 通所
サービス

(1ヶ月当りの金額)
訪問介護、訪問入浴、訪問看護、訪問リハ、通所介護、通所リハ、福祉用具レンタル等
要支援1  50,030円
要支援2 104,730円
要介護1 166,920円
要介護2 196,160円
要介護3 269,310円
要介護4 308,060円
要介護5 360,650円
居宅介護(介護予防)福祉用具購入 1年間 100,000円
居宅介護(介護予防)住宅改修 1つの住居につき200,000円

高額サービスについて
 1割又は2割の利用者負担が一定金額(上限額)を超えたときは、その超えた分をお返しすることができます
 上限額は次のとおりです。  
 現役並み所得者相当の方  44,400円
市町村民税課税世帯の方等 37,200円
市町村民税非課税世帯で合計所得金額と課税年金収入額の合計額が80万円を超える方等 24,600円
市町村民税非課税世帯で合計所得金額と課税年金収入額の合計額が80万円以下の方等 15,000円
生活保護の受給者、市町村民税非課税世帯で老齢福祉年金受給者等 15,000円

 申請が必要です。(対象になる場合は、高齢介護課より通知します。)
  



施設サービス費用の支払い
施設サービス費の1割又は2割+居住費+食費+日常生活費等=自己負担

施設サービス費の1割のめやす

 施設サービスに利用限度額というものはありません。「介護報酬」として施設に支払われる額が事実上の限度額といえます。
「介護報酬」は、それぞれ施設の介護体制、職員配置によって異なります。
 次の表はユニット型個室に入居した場合の平均的な施設サービス費の自己負担額(1ヶ月当り)です。
要介護度 特別養護老人ホーム 老人保健施設 療養型医療施設
(病院)
要介護1 18,750円 23,220円 23,010円
要介護2 20,730円 24,570円 26,100円
要介護3 22,860円 26,430円 32,790円
要介護4 24,840円 28,020円 35,640円
要介護5 26,820円 29,550円 38,190円

低所得の方の負担軽減(特定入所者介護サービス費)について
 低所得の方は所得に応じ自己負担の上限が設けられ、これを超える利用者負担はありません。 

自己負担の上限額(日額)
対象者 食費 居住費
多床室 従来型個室 ユニット型個室 ユニット型準個室
市町村民税非課税世帯で合計所得金額と課税年金収入額の合計額が80万円を超える者等 650円 370円 1,310円 1,310円 1,310円
市町村民税非課税世帯で合計所得金額と課税年金収入額の合計額が80万円以下の者等 390円 370円 490円 820円 490円
生活保護の受給者、市町村民税非課税世帯で老齢福祉年金受給者等 300円 0円 490円 820円 490円

 該当する方は申請が必要です。
   保険者証、印かんをもって碧南市高齢介護課の窓口へ
  


詳しくは、碧南市高齢介護課介護保険係お問い合わせください。
〒447−8601 愛知県碧南市松本町28番地
0566−41−3311(内線343,344,345)