愛知県碧南市の公式ホームページへようこそ

碧南市

元気でいこう思いやりと文化のみなとまち碧南

トップページ <国保年金課<医療助成に関する業務<精神障害者医療費の助成

医療係

医療助成制度のご案内

精神障害者医療費の助成

 精神科の入院治療を受けている方、自立支援医療受給者証をお持ちの方、精神障害者保健福祉手帳1、2級をお持ちの方に対し、医療費の助成をしています。

対象者の範囲
次の1〜3をすべて満たし、下表の対象者のいずれかに該当する方
1 碧南市内に在住
2 各種健康保険に加入している
3 措置入院、生活保護、他の医療費助成を受けていない

対象者 精神科の入院治療(同意入院)を受ける方
 自立支援医療受給者証(精神通院)をお持ちの方  精神障害者保健福祉手帳1級または2級をお持ちの方
 医療費助成内容(健康保険が適用される医療費に限る) 精神科の入院治療にかかる医療費の自己負担額の2分の1 自立支援医療受給者証(精神通院)が適用される医療費の自己負担額(指定医療機関のみ)  医療費の自己負担額(全疾病対象)
 助成の範囲 精神科への入院分  指定医療機関への精神通院分 通院および入院分
 申請に必要なもの 1 精神科の医師の診断書(精神科の入院治療が必要な旨が記載されたもの)
2 健康保険証
3 印鑑(朱肉で押すタイプ)
4 通帳
<ご注意>
※入院前または入院中の申請が必要で、退院後の申請は助成対象外です。
1 自立支援医療受給者証(精神通院)
2 健康保険証
3 印鑑(朱肉で押すタイプ)
 
1 精神障害者保健福祉手帳
2 健康保険証
3 印鑑(朱肉で押すタイプ)
4 自立支援医療受給者証(精神通院)※お持ちの方のみ
 
 診療を受ける場合・その他 医療機関の窓口で全額を支払った後、領収書、健康保険証、印鑑(朱肉で押すタイプ)、通帳を持参し国保年金課へ申請。
<ご注意>
高額療養費に該当、もしくは該当する可能性のある場合(健康保険適用の自己負担額が21,000円以上の場合)は、先に加入されている健康保険へ高額療養費を申請し、支給後に高額療養費支給決定通知(もしくは不支給の通知)を持参してください。

 最短でも診療を受けた月から3ヶ月後以降の振込となります。
 
 自立支援医療指定医療機関の窓口で健康保険証、自立支援医療受給者証(精神通院)、精神障害者医療費受給者証を提示することで助成が受けられます。 医療機関の窓口に健康保険証と精神障害者医療費受給者証を提示することで助成が受けられます。
※指定医療機関での精神科通院診療の際、自立支援医療受給者証(精神通院)をお持ちの場合はあわせて提示してください。
 

※平成26年12月1日より、証を提示することで、入院にかかる自己負担額についても医療機関窓口での支払い(健康保険適用分に限る)が必要なくなりました。
<愛知県外で受診されたとき>
いずれの助成についても、いったん医療機関の窓口で自己負担額の全額をお支払いください。その後、領収書等を持参し国保年金課で手続きをすれば、銀行振込みによりお返しします(健康保険適用分に限る)。詳しくはお問い合わせください。

問い合わせ先

碧南市役所 健康推進部 国保年金課 医療係
電話番号 : 0566−41−3311(内線354〜356)
ファックス : 0566−46−1187
E−Mail : kokuhoka@city.hekinan.lg.jp