愛知県碧南市の公式ホームページへようこそ

碧南市

元気でいこう思いやりと文化のみなとまち碧南

トップページ < 国保年金課 < 国民健康保険(国保)のご案内 < 特定健康診査・特定保健指導

特定健康診査・特定保健指導

 平成20年度から、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した特定健康診査(以下、特定健診)・特定保健指導が始まりました。特定健診を受診し、心臓病や脳卒中といった命にかかわる重大な病気を未然に防ぎ、健康な毎日を過ごしましょう。


特定健康診査・特定保健指導とは


「メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)」とは

 メタボリックシンドロームは、肥満、中でも内臓に脂肪がつく「内臓脂肪型肥満」をもち、さらに「血圧高値」「血中脂質異常」「高血糖」のうち2項目以上が該当している状態です。メタボリックシンドロームをそのまま放っておくと、内臓脂肪が分泌する物質の働きで、疾病の症状が進んだり、血栓ができやすくなったりして動脈硬化を進めます。そして、心筋梗塞や脳卒中などの命にかかわる病気を引き起こすリスクが高まってきます。

「特定健診」とは

 <対象者>
 40歳から74歳のすべての方が対象(妊産婦など一部の人を除く)
 <実施者>
40歳から74歳の方は、加入している健康保険(国民健康保険・協会けんぽ・組合健保・共済組合・船員保険)が特定健診を実施します。
 <内容>
診察、身体測定、血圧測定、検尿、血液検査(脂質検査・血糖検査・肝機能検査など)、心電図検査、貧血検査、眼底検査(心電図検査、貧血検査、眼底検査は医師が必要と認めた場合に実施します。)

「特定保健指導」とは

 特定健診の結果から、生活習慣病の発症リスクが高く、生活習慣の改善による生活習慣病の予防効果が多く期待できる方に対して、保健師など専門スタッフによる生活習慣を見直すアドバイス・支援が受けられます。


碧南市の健診制度(40歳以上)

 碧南市の健診制度については、こちらをご覧ください。(新しいウィンドウで開きます)
碧南市の健診制度 フローチャート(PDF/85KB)

40歳以上の国民健康保険被保険者の皆さんへ


5月下旬に受診券を郵送します


特定健診・特定保健指導の流れ

 特定健診・特定保健指導の流れについては、こちらをご覧ください。(新しいウィンドウで開きます)
特定健診・特定保健指導の流れ フローチャート(PDF/85KB)



特定保健指導のススメ

 健診結果が生活習慣病の前段階であるメタボリックシンドロームの状態にある方やその予備群の方を対象に、生活習慣改善のための支援「特定保健指導」を行っています。
 次のグラフは、平成20年度に実施した国民健康保険被保険者の特定健診結果です。全国的に中高年男性の2人に1人が、女性では5人に1人がメタボリックシンドロームかその予備群と言われています。碧南市国民健康保険でも全国と同じような傾向がみられました。
【男性】   【女性】 
   


碧南市保健センターでは、次のような特定保健指導を行っています。


ライフデザイン相談 保健師・栄養士による個別面談(約30〜60分)
個人に合わせた生活習慣改善の方法・目標を話し合います。
6か月後に結果を保健師・栄養士と一緒に確認します。
運動実践講座 毎月第3木曜日に開催
メタボリックシンドローム撃退のための運動を実際に体験しながら学んでいただく講座です。室内でも手軽にできて、お腹によくきく運動を伝授します。

対象になられた方へは、ご案内をお送りします。
健診結果は、からだからのサインです。結果に落胆せずに、結果を活かして、ご自身の健康を守りましょう。楽しく、メタボを撃退するメニューをご用意しております。ぜひ、ご利用ください!

     碧南市では、このほかにも、「生活習慣病予防健診」なども実施しています。
     詳しくは、碧南市保健センター(健康課)まで問い合わせください。


特定健康診査等実施計画書

 碧南市国民健康保険特定健康診査等実施計画書を作成しました。(新しいウィンドウで開きます)
 特定健診実施計画書(PDF/31KB)


                                                      ページのトップへ戻る

データヘルス計画


データヘルス計画(全文版)
データヘルス計画(概要版)





問い合わせ先

碧南市役所健康推進部国保年金課国保係
電話番号 : 0566−41−3311(代) 内線 351・352・353
ファックス : 0566−46−1187
E−Mail : kokuhoka@city.hekinan.lg.jp