愛知県碧南市の公式ホームページへようこそ

碧南市

元気でいこう思いやりと文化のみなとまち碧南

トップページ < 国保年金課 < 国民健康保険のご案内 < 国保の加入・脱退の届出

国保の加入・脱退の届出



国保に加入しなければならない人(被保険者)

 碧南市に住所を有する人で、下記の人を除くすべての人が被保険者となります。 

  【国保に加入できない人】

 日本ではすべての国民がなんらかの公的医療保険に加入することになっており(=国民皆保険制度)、国保税が高いなどの理由で国保に加入しないことや国保をやめることはできません。

外国人も国保に加入します

 3ヶ月を超える在留資格のある方は、下記の人を除き国保へ加入しなければなりません。
なお、在留資格が在留期間が3ヶ月以下でも、就労、就学、特定活動などで3ヶ月を越える滞在が証明できる書類があるときは加入ができます。
 届出の際には下表「届出に必要なもの」のほかに
パスポート在留カードをお持ちください。

  【国保に加入できない人】
<前年の収入に関する申告(簡易申告)>
 1月1日以降に日本に入国した外国人の方は、国保年金課窓口にて簡易申告をしてください。
 また、それ以前から日本に居住している方は、1月1日に住んでいた区市町村の住民税担当に前年の所得を申告してください。
 申告がない場合、国保の軽減や減免の適用がありません。また所得区分も上位所得者となります。

国保に入るとき・やめるときには届出が必要です 

  ◎全ての届出に必要なもの・・@マイナンバーのわかるもの(詳しくはこちら
                    A顔写真付き身分証明書(免許証・マイナンバーカードなど)
  ◎届出が、本人または同世帯の親族以外の場合は、委任状が必要となります。

  ◎職場等の健康保険加入による国民健康保険喪失手続きを郵送で行うこともできます。

こんなときは必ず14日以内に届出をしてください!

届 出 事 由 届出に必要なもの







 他の市町村から転入してきたとき  転出証明書
 職場などの健康保険をやめたとき
 (社保の被扶養者から外れたとき)
 職場の健康保険をやめた証明書
 ※職場の健康保険をやめた日から14日以内に証明書が
 お手元に届かない場合は、期限内に国保年金課に相談し
 てください。
 子どもが生まれたとき  印鑑、母子健康手帳、
 生活保護を受けなくなったとき  保護廃止通知書







 他の市町村へ転出するとき  保険証
 職場などの健康保険に加入したとき
 (社保の被扶養者になったとき)
 国保と健保の保険証
 生活保護を受けるとき  保険証、保護開始通知書
 死亡したとき
 (葬祭費が支給されます)
 印鑑、保険証、死亡を証明するもの、
 預金通帳などの振込口座のわかるもの







 住所、世帯主、氏名などが変わったとき  保険証
 世帯がわかれたり、いっしょになったとき
 修学で他の市町村に住むとき  保険証、在学証明書
 退職者医療制度に該当するとき  保険証、年金証書(被保険者期間記載のもの)
 退職者医療制度に該当しなくなったとき  保険証



 保険証を破損・紛失したとき  (破損した場合は)保険証

加入の届出が遅れると   

 1.加入資格が発生した時点に遡って国保税を納めてもらうことになります。
 2.保険証がない期間の医療費は全額自己負担になります。

脱退の届出が遅れると 

 国保の資格がなくなったあとで国保の保険証を使って診療を受けた場合、国保で負担した医療費を返還してもらうことになります。
 ◎碧南市国保以外の健康保険に加入した日以降に国保証を使って病院に行ったことがある場合
⇒すぐに、その病院へ新しい保険証を提示してください。
他の健康保険に加入した後、手元にある国保証を使って受診すると、その医療費の保険給付分を碧南市が病院へ支払ってしまうことになります。その場合、医療費を被保険者から碧南市へ返還してもらう手続きが生じます。
必ず、新しい保険証を提示してください。
※碧南市に返還していただいた医療費分は、ご自身で新しい健康保険の保険者に申請ください。


退職された方へ〜国保以外にも選択肢があります〜

 国保へ加入する以外にも、次の2つの選択肢があります。

退職した会社の健康保険に引き続き加入する〜任意継続被保険者〜

 被保険者期間が2ヵ月以上ある人は、会社を退職して20日以内に手続きをすれば、任意で2年間に限り、会社の健康保険を継続することができます。
 ※手続き方法や保険料等の詳細については、退職した会社や健康保険組合にお尋ねください。
 
 碧南市国保に加入した場合の国保税の試算については、こちらをご利用ください。

家族の健康保険の被扶養者になる

 被保険者によって主として生計が維持されている3親等以内の親族で、次の要件を満たしている人は、被扶養者として健康保険に加入できる場合があります。

 【健康保険の被扶養者として認定される要件(抜粋)】
1.満60歳未満  年間130万円未満の収入額
2.満60歳以上、
  障害者年金受給資格者
年間180万円未満の収入額
3.その他 生計維持状況により判定 

 ※手続き方法などの詳細については、ご家族の会社や健康保険組合にお尋ねください。


問い合わせ先

碧南市役所健康推進部国保年金課国保係
電話番号 : 0566−41−3311(代) 内線 351・352・353
ファックス : 0566−46−1187
E−Mail : kokuhoka@city.hekinan.lg.jp