愛知県碧南市の公式ホームページへようこそ

碧南市

元気でいこう思いやりと文化のみなとまち碧南

トップページ < 国保年金課 < 国民健康保険のご案内 < 国民健康保険被保険者証(保険証)

国民健康保険被保険者証(保険証)

 保険証は、国保に加入しているという証明書であり、お医者さんにかかるときに必要なものです。
 国保に加入すると1人に1枚ずつ交付されます。保険証は大切に取り扱いましょう。


保険証の取り扱い



保険証が使えないとき

 次のような場合は、国保の保険証を使うことができません。

病気やケガと認められないとき

他の保険の給付が受けられるとき

犯罪行為や故意による病気やケガ

ケンカや泥酔などによる病気やケガ

医師や保険者の指示に従わなかったとき



交通事故にあったとき

 示談の前に必ず国保に届出を! 
 交通事故など第三者行為によって傷害を受けた場合、その医療費は加害者が負担すべきものです。
 しかし、加害者との話し合いがつかなかったりして、被害者が当座の医療費に困るような場合、国保で診療を受けることができます。
 ただし、この場合の医療費は国保が一時的に立て替えているにすぎず、あとで国保から加害者に請求することになります。国保で治療を受ける場合は、必ず国保の窓口へ届け出てください。
 なお、国保への届出の前に加害者と示談を結んでしまうと、示談の内容が優先され、国保が加害者に請求できなくなる場合があります。
 また、すでに加害者から治療費を受け取っているときは、国保は使うことができませんので、示談を結ぶ前に必ず国保の窓口へ届け出てください。


【届出書類】
書類名称  備考 
第三者行為による被害届 全員提出が必要。
※書類は全て原本が必要です。
 ただし、交通事故証明書に限り、損害保険会社等の原本証明がある場合は、原本の代用として認められます。
交通事故証明書
※自動車安全運転センターにて発行
事故発生状況報告書
念書(兼同意書)
人身事故証明書入手不能理由書 @事故証明書種別「人身事故」で、被害者が証明書に記載されていない場合
A事故証明書種別「物件事故」の場合
B事故証明書が発行されていない場合
人身事故証明書入手不能理由書
【別紙】交通事故概要記入欄用紙
@被害者が証明書に記載されていない場合
 (種別「人身」「物件」共通)
A事故証明書が発行されていない場合
委任状兼同意書(福祉医療用) 福祉医療対象者
療養給付費支給申請書 第三者行為で補装具を作成した場合に必要

 
 交通事故にあったら・・・

  @まずは落ち着いて!ショックのあまり冷静な判断を失ってはなりません。
  A相手を確認!ナンバー確認のほか、運転免許証の必要事項も確かめましょう。
  B警察にすみやかに連絡を!警察へ事故の届出をします。
  C示談の前に国保へ届出を!国保で治療を受けるときは、示談の前に必ず国保の窓口へ連絡 し、
       『第三者行為による被害届』を出してください。示談はあせってする必要はありません。 
 

 
 なお、飲酒運転(酒気帯び運転も含む)や無免許運転など、自己の犯罪行為による傷病の場合は、国民健康保険法第60条により給付を制限することになります。






問い合わせ先

碧南市役所健康推進部国保年金課国保係
電話番号 : 0566−41−3311(代) 内線 351・352・353
ファックス : 0566−46−1187
E−Mail : kokuhoka@city.hekinan.lg.jp