愛知県広域予防接種事業について

平成26年4月より、碧南市の指定医療機関以外の医療機関(愛知県の協力医療機関)にて、予防接種が出来るようになりました。

 

対象者

以下のいずれかに該当する者

 (1) 碧南市以外の市町村にかかりつけ医がいる者

(2) 長期に入院治療を要し、碧南市で予防接種を受けることが困難な者

 (3) 里帰り出産、家庭内暴力等のため、碧南市以外での予防接種を希望する者

 (4) その他市長が対象者と認めた者

 

対象の予防接種

  B型肝炎ワクチン、ヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワクチン、4種混合ワクチン、
  BCGワクチン、麻しん風しん混合ワクチン、麻しんワクチン、風しんワクチン、
  水痘ワクチン、日本脳炎ワクチン、2種混合ワクチン、ポリオワクチン、子宮頸がん予防ワクチン

 

手続き

1 予防接種を希望する医療機関に、受け入れが可能であるか、確認してください。

2 碧南市健康課(碧南市保健センター)に申請してください。

   申請時の持ち物:母子健康手帳

接種を希望する予防接種の接種券、または予診票
           印鑑(スタンプ式を除く)
           接種を希望する医療機関の連絡先がわかるもの(診察券など)

     申請受付時間:平日8時30分〜17時15分(12月29日〜1月3日を除く)

 

※郵送での申請を希望される方へ

1 予防接種を希望する医療機関が、受け入れ可能であるか、確認してください。

2 愛知県広域予防接種事業申請書を、こちらよりダウンロードして下さい。

3 以下の書類を、碧南市健康課まで郵送してください。(書類に不備があった場合、郵便料金に不足があった場合は、受付できませんので、ご注意下さい。)

   ・愛知県広域予防接種事業申請書

・接種を希望する予防接種の接種券、または予診票

(接種券は、愛知県広域予防接種事業で希望する回数分を、切り離して下さい。)

・母子健康手帳の予防接種の記録のページの複写(コピー)

(申請時点で、被接種者が生後2か月未満の場合は、省略できます)

   

手続き後の流れ

  1 申請後、2週間程度で「愛知県広域予防接種連絡票」が発行されます。また、必要な予診票(愛知県広域予防接種用)が交付されます。

  2 希望する医療機関で、有効期限内に予防接種を受けてください。

 

接種における注意事項

@   予防接種の接種日時点で碧南市民でない場合は、接種費用は全額自己負担となりますのでご注意ください。連絡票は、他市町村へ転出日以降は無効となります。

A   連絡票には、有効期限があります。有効期限が過ぎた連絡票は、無効です。

有効期限内に、希望する予防接種が終了しない場合は、再度の手続きが必要となります。

B   医師の診察結果により、予防接種を‘見合わせる‘となった場合は、碧南市健康課(碧南市保健センター)に連絡をお願いします。連絡票の有効期限内に接種が可能な場合、再度、予診票を交付します。

 

 

問合せ先:碧南市健康推進部健康課(碧南市保健センター)母子保健係

     〒447−0855 碧南市天王町1丁目70番地

電話(0566)483751

FAX(0566)482165