・碧南市が実施している予防接種は、「予防接種法」によって定められた定期の予防接種です。

・予防接種は、住民登録をしている市町村で受けることを原則とします。 
              
・市外へ転出された場合は、転出日から碧南市では接種することができません。
 転出先の市町村へご確認のうえ、予防接種を受けてください。

・他市町村で予防接種を受けることを希望される場合は保健センターにて手続きが必要です。
 詳細は「愛知県広域予防接種事業について」をご覧ください。

・県外の医療機関で予防接種を受けることを希望される場合は、保健センターへお問い合わせください。

・対象者のうち、書類がなく未接種の方は、保健センターで交付または再交付の手続きをしていただいた後に接種できます。保健センターへ来所の際は、必ず母子健康手帳をお持ちください。

・予防接種は、体調の良い時に受けることが原則です。体の調子の悪い時は、無理をせずに次の機会に受けるようにしましょう。


  <持ち物>
  母子健康手帳、接種券もしくは予診票

  <接種時期と接種回数>
予防接種 対象者 標準的な接種期間 回数 間隔 備考
BCG 生後1歳に至るまで 生後5月に達した時から生後8月に達するまで
1回
 
Hib感染症 生後2月から
生後60月に至るまで
初回接種開始は生後2月から生後7月に至るまで。追加の接種は、初回接種終了後7月から13月まで間隔をおく。接種開始年齢により、接種回数・接種間隔が異なります。詳細はこちら  
小児の肺炎球菌感染症 生後2月から
生後60月に至るまで
初回接種開始は生後2月から生後7月に至るまで。追加接種は生後12月から15月に至るまで。接種開始年齢により、接種回数・接種間隔が異なります。詳細はこちら
 
混合接種 4種混合 
・百日せき
・ジフテリア
・破傷風
・急性灰白髄炎(ポリオ)
第1期初回 生後3月から生後90月に至るまで 生後3月に達した時から生後12月に達するまで 3回 20日以上
(標準的には20日〜56日)

 第1期追加 第1期初回接種(3回)終了後12月から18月までの間隔をおく 1回 第1期初回接種(3回)終了後、6月以上
2種混合 
・ジフテリア
・破傷風
 
 第2期 11歳以上13歳未満 11歳に達した時から12歳に達するまでの期間
碧南市では小学6年生
 (平成29年度は平成17年4月2日から平成18年4月1日生まれ)
1回  過去に混合接種回数が0回または1回のみの方は十分な効果が得られません。追加接種について、主治医・接種医にご相談ください。
麻しん風しん混合 第1期 生後12月から生後24月に至るまで
1回
第2期 5歳以上7歳未満の者であって、小学校就学の始期に達する日の1年前の日から当該始期に達する日の前日まで(概ね小学校就学前の1年間) 
1回 平成29年度の対象者は
平成23年4月2日から
平成24年4月1日生まれ
 水痘  生後12月から生後36月に至るまで  1回目は生後12月から生後15月に達するまで。2回目は1回目の接種終了後6月から12月までの間隔をおく。 2回  3月以上(標準的には6月から12月まで)  
日本脳炎 第1期初回 生後6月から生後90月に至るまで  3歳に達した時から4歳に達するまで
2回 6日以上(標準的には6日から28日まで)
下記の方は不足分を接種することができます。
@平成19年4月2日〜平成21年10月1日生まれのうち、第1期3回接種を終えていない9歳以上13歳未満の方
A平成19年4月1日までに生まれた方で、20歳未満の方
第1期追加 4歳に達した時から5歳に達するまで 1回 第1期初回接種終了後6月以上
(標準的には概ね1年を経過した時期)
第2期 9歳以上13歳未満 9歳に達した時から10歳に達するまで
碧南市では小学4年生
1回 【平成8年4月2日〜平成19年4月1日生まれで20歳未満の方】
・第1期終了後6日以上の間隔をおけば第2期を接種することが可能です。第1期終了後概ね5年の間隔をおくことが望ましいが、対象年齢を超過する場合はその限りではありません。
・第2期の通知は、平成15年4月1日生まれまで済んでいます(平成28年5月31日現在)。それ以降の生まれの方については、今後順次通知をしていく予定です。
 ヒトパピローマウイルス感染症 12歳となる日の属する年度の初日から16歳となる日の属する年度の末日までの間にある女子(小学校6年生から高校1年生相当年齢の女子) 13歳となる日の属する年度の初日から当該年度の末日までの間
碧南市では中学1年生 
(平成29年度は平成16年4月2日から平成17年4月1日生まれ)
 3回 ワクチンの種類により、間隔が異なります。
<2価>1月以上の間隔をおいて2回接種した後、1回目の接種から5月以上、かつ2回目の接種から2月半以上。
<4価>1月以上の間隔をおいて2回接種した後、2回目の接種から3月以上。
平成25年6月14日付の厚生労働省健康局長の勧告により、碧南市ではヒトパピローマウイルスワクチンの定期接種の積極的勧奨は差し控えています。接種を希望される方は、保健センターでの手続きが必要です。 
急性灰白髄炎
(不活化ポリオ)
 第1期初回  生後3月から生後90月に至るまで 生後3月に達した時から生後12月に達するまで    3回 20日以上(標準的には20日〜56日)  経口生ポリオを1回接種した児は、不活化ポリオの初回接種を1回受けたものとみなします。
 第1期追加 第1期初回接種(3回)終了後12月から18月までの間隔をおく。   1回 第1期初回接種(3回)終了後、6月以上
B型肝炎 平成28年4月1日以後に生まれた、生後1歳になるまで 生後2月に至った時から生後9月に至るまで 3回 27日以上の間隔をおいて2回接種した後、第1回目の注射から139日以上の間隔をおいて1回接種

問合せ先:碧南市保健センター(電話48−3751)


 予防接種のトップページへ戻る
 保健センターのトップへ戻る
 碧南市のトップへ戻る
 サイトマップへ戻る