予防接種の間隔


他の予防接種との接種間隔


ワクチンの種類

○生ワクチンとは、

生きた病原体の毒性を弱めたもので、その病気にかかったのに近い免疫(抗体)

をつくろうとするものです。十分な抗体が獲得されるのに約1か月が必要です。

○不活化ワクチンとは、

病原体を殺し、免疫をつくるのに必要な成分を取り出し
毒性をなくしてつくったもので、何回か接種し、体に記憶させ

て免疫をつくります。


他の予防接種との間隔


生ワクチン

BCG、ロタ、
麻しん風しん混合、
おたふくかぜ、水痘


27日以上あける


全てのワクチン


不活化ワクチン

3種混合、ポリオ、4種混合、日本脳炎、ヒブ、小児の肺炎球菌、B型肝炎、子宮頸がん予防ワクチン、
インフルエンザ


6日以上あける


全てのワクチン

ライン

予防接種のトップページへ戻る
保健センターのトップへ戻る
碧南市のトップへ戻る
サイトマップへ戻る