予防接種を受ける前に
 
 予防接種は、体調のよい時に受けることが原則です。カゼなどの病気がある時は、かかりつけの医師に相談してから受けるようにしましょう。
     
 
(1)
接種を受けることのできない人
・明らかに発熱を呈している人(37.5℃以上の場合)
・重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな人
・その日に受ける予防接種によって、または予防接種に含まれる成分で、アナフィラキシー(接種後30分以内に起こるひどいアレルギー反応)を起こしたことのある人
・BCGの予防接種においては、外傷等によるケロイドが認められる人
・その他、医師が不適当な状態と判断した場合

(2)
接種を受ける時に注意が必要な人

  (下記に当てはまる場合は、主治医・接種医とご相談の上、接種をしてください。)
・心臓血管系、腎臓疾患、肝臓疾患、血液疾患及び発育障害等の基礎疾患を有することが明らかな人
・過去にけいれん既往のある人
・過去に免疫不全の診断がされている人
・予防接種液の成分に対してアレルギーを呈するおそれのある人
・BCGの予防接種においては、過去に結核患者との長期の接触がある人その他の結核感染の疑いのある人



(3)感染症にかかった場合、接触した場合の予防接種の間隔について

1か月以内に、麻しん・風しん・おたふくかぜ・水ぼうそうなどにかかった人、又は、接触した人は以下を参考に接種医と相談の上、接種してください。

病気にかかった場合  病気の人に接触した場合 
病気が治ってから  病気の人に接触してから
2週間あける 3週間あける 4週間あける 1週間あける 3週間あける 4週間あける
リンゴ病
突発性発疹
インフルエンザ
手足口病
水ぼうそう
おたふくかぜ
帯状疱疹
風しん
はしか



手足口病
ヘルパンギーナ
インフルエンザ

ロタウィルス感染症
はしか
水ぼうそう
帯状疱疹


風しん 
おたふくかぜ




予防接種のトップページへ戻る
保健センターのトップへ戻る
碧南市のトップへ戻る
サイトマップへ戻る