お母さんと保健センターの架け橋として
子育てを応援!
  母子保健推進員とは
母子保健推進員は、子育てをサポートするボランティアです。35名が活動(平成29年4月現在)。
お母さん達と保健センターとのパイプ役として、育児の情報提供や赤ちゃんサロンの協力、お声かけなどで子育てを応援しています。
通称「母推(ぼすい)さん」


活動内容  活動は平日の昼間に月3〜4回程度です。

○赤ちゃんお誕生おめでとう訪問

 2か月頃の赤ちゃんとお母さんのお宅に訪問をしています。お母さんの悩みなどを聞きながら、赤ちゃんに会わせていただいています。赤ちゃんとお母さんの笑顔に母子保健推進員が元気をもらっています。
 碧南の育児情報をお伝えしながら、3か月児健診のご案内をさせていただきます。訪問では、子育ての楽しさ、大変さをお母さんとお話してください。


○赤ちゃんサロン
 ←詳しい内容はこちら
 5か月までの赤ちゃんとお母さんが気軽に集まってお話できる場として、赤ち
ゃんサロンを開催しています。お茶を飲みながら、お母さんどうしの交流の場となるように、母子保健推進員が活動しています。

母子保健推進員になるには
市内在住の育児経験のある方で、碧南市保健センターが実施する「母子保健推進員養成講習会」を受講してください。
          
  →詳しくはこちら
 ※平成29年度母子保健推進員養成講習会の開催は中止となりました。
  次回は平成30年度の開催を予定しています。
問い合せ
碧南市保健センター 母子保健係 電話48−3751

保健センタートップへ戻る
サイトマップへ戻る