愛知県碧南市の公式ホームページへようこそ

碧南市

ひとのわで楽しさつくるみなとまちへきなん

トップページ < 環境課  < 家庭ごみの収集・リサイクル < ごみ処理の歴史

碧南市のごみ処理の歴史

碧南市のごみ処理の歴史

昭和 23年4月 碧南市制施行
この頃のごみ処理はほとんど各家庭で自家処理
28年5月 市営焼却処分場完成(焼却能力 10t/24H)
オート三輪車(2台)による定期収集開始
37年4月 衣浦衛生組合設立(し尿処理を組合で実施)
41年11月 ごみ処理を衣浦衛生組合で実施
42年7月 衣浦衛生組合に焼却炉完成(焼却能力 50t/8H)
44年4月 ダストボックス方式の収集開始
48年10月 衣浦衛生組合に連続燃焼焼却施設1号炉完成(焼却能力 90t/24H)
53年4月 同組合に回転式破砕機導入(破砕能力 40t/5H 1基)
    12月 同組合に連続燃焼焼却施設2号炉(焼却能力 90t/24H)
61年   廃乾電池回収事業開始(市内公共施設にて回収)
平成 2年10月 生ごみ堆肥化促進事業(コンポスト1基3,000円の補助金)
3年4月 資源回収報奨金制度開始
   6月 空缶回収機くうかん鳥の設置(市民図書館中部分館) (平成5年3月には南部市民プラザに、平成7年2月に農業者コミュニティセンターに増設)
4年10月 牛乳パック回収(各公民館にて)
 6年6月 EMボカシ無料配布
   10月 西端地区をモデルとして分別収集開始
   11月 発泡トレーの減容固化処理開始
 7年8月 市北部地区で分別収集開始
   10月 衣浦衛生組合クリーンセンター衣浦竣工
同所にフロン回収機設置
   12月 市内全域で分別収集開始(ダストボックス廃止)
 8年4月 碧南市空き缶等ごみ散乱防止に関する条例施行
    8月 生ごみ堆肥化促進事業(生ごみ処理機1台20,000円の補助金)
  10月 ごみ減量化を推進し極めて優れた成果をあげたとして、厚生省より「クリーン・リサイクルタウン」 に選定される。
9年 4月 寝たきり老人等で紙オムツ使用者へ割増加算(年間50枚)
9年 6月 衣浦衛生組合リサイクルプラザがオープン
9年 6月 ダイオキシン対策のため、ドラム缶、ペール缶製の簡易焼却炉無料配布廃止
   10月 碧南市シルバー人材センターによる粗大ゴミ有料収集開始
11年3月 公共施設での廃乾電池及び牛乳パック回収箱を廃止
空き缶回収機くうかん鳥の廃止
    7月 満2歳未満児及び8人以上の世帯の方へ割増加算(指定ごみ袋)
指定ごみ袋の年間120枚を超えて排出するものから1枚につき100円で販売
   11月 サンビレッジ衣浦オープン(衣浦衛生組合)
14年5月 生ごみ堆肥化モデル事業開始
16年4月 市全域で燃やすことのできるごみ、粗大ごみが民間委託収集となる
21年3月 一般廃棄物処理基本計画策定
21年10月 資源回収報奨金紙類の報償金単価を改正(5円から12円へ)
22年 2月 市内協力店舗(14店)によるレジ袋無料配布中止
22年 3月 生ごみ堆肥化モデル事業の中止
衛生委員設置条例の廃止

碧南市のごみ分別収集の歩み

平成 3年4月 「再生資源の利用促進に関する法律」制定 (通称 リサイクル法)
3年10月 「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」20年ぶりに抜本改正される。
主な内容として、廃棄物の減量化、再生利用を促進するための制度の整備。
5年9月 新ごみ処理対策検討にかかる調査・分析及び基本構想作成。
6年3月 ごみ処理基本計画策定。計画策定にあたり碧南市ごみ対策市民懇話会開催
  8月 モデル地区住民説明会(各町内会単位で20回開催)
  10月 モデル地区(西端)開始
7年2月 ごみ減量実施計画策定 計画策定にあたり碧南市クリーンシティ推進市民会議開催
7年6月 「容器包装に係る分別収集及び再商品化の促進等に関する法律」制定
(通称 容器包装リサイクル法)
7年6月 市北部地区住民説明会(73回開催)
   8月 市北部地区開始
  9月 市南部地区住民説明会(〜10月、56回開催)
 12月 市内全域の分別収集実施。11月末で市内のダストボックスが全廃。
8年8月 分別指導員制度開始
10年4月 資源ごみ分別収集種類の追加(酢の5号びん)
12年3月 第2次ごみ減量実施計画策定
13年4月 資源ごみ分別収集種類の変更
(酢の5号びん、焼却灰の削除。ライター、乾電池の分離)
19年1月 資源ごみ分別収集種類の変更(新聞紙と折込チラシを統一)

問い合わせ先

碧南市役所 経済環境部 環境課 ごみ減量係
電話番号 : 0566−41−3311(代) 内線391・392
E−Mail : kankyoka@city.hekinan.lg.jp