ARへきなん観光スマートフォンサイト

碧南のみどころ

トップページ > 碧南のみどころ(学ぶ、体験する)

体験施設・工場など

【あおいパーク】

 

【(株)角谷文治郎商店(すみやぶんじろうしょうてん)】

「農業と食と健康」をテーマにした体験型交流施設。

もぎとり農園、産直市、映像農業館、調理加工室、ハーブのお風呂等の体験が出来る。


【住所】〒447-0825 碧南市江口町3-15-3
【電話】0566-43-0511
 

蒸したもち米と米こうじを本格焼酎と共に仕込み、三河の四季の変化に育てられる過程を見学できる。

梅の便りが届き、桜の花が咲き乱れるころに仕込が最盛期となります。


【住所】〒447-0843 碧南市西浜町6-3
【電話】0566-41-0748
【あおいパーク】   【(株)角谷文治郎商店(すみやぶんじろうしょうてん)】
拡大画像表示・印刷 地図・詳細情報を見る
 
拡大画像表示・印刷 地図・詳細情報を見る

【スギ製菓(株)工場】

 

【哲学たいけん村「無我苑(むがえん)」】

地場産業であるえびせんべいの製造工程の見学とせんべいの歴史を学べます。


【住所】〒447-0857 碧南市大浜上町3-85-1
【電話】0566-45-2020
 

郷土の哲学者・伊藤証信にちなんで誕生した唯一無二の文化施設。

伊藤証信の説く「無我愛」に関する資料や、展示ギャラリーがある。

市民茶室「涛々庵」や誰でも立札でお茶をいただくことができる「安吾館」がある。

【関連人物】

・伊藤証信(哲学者)


【住所】〒447-0087 碧南市坂口町3-100
【電話】0566-41-8522
【スギ製菓(株)工場】   【哲学たいけん村「無我苑(むがえん)」】
拡大画像表示・印刷 地図・詳細情報を見る
 
拡大画像表示・印刷 地図・詳細情報を見る

【清澤満之記念館(きよざわまんしきねんかん)】

 

【リサイクルプラザ(クリーンセンター衣浦・サンビレッジ衣浦)】

「死もまた我等なり」

『臘扇記』を著した明治の哲学者・仏教者である清澤満之を記念して建てられた。

満之が亡くなるまで暮らした西方寺に併設されている。

【関連人物】

・清澤満之


【住所】〒447-0845 碧南市浜寺町2-19-2
【電話】0566-42-0044
 

リサイクル品やリサイクル小物などの展示および修理


【住所】〒447-0067 碧南市広見町1-1-1
【電話】0566-41-3479
【清澤満之記念館(きよざわまんしきねんかん)】   【リサイクルプラザ(クリーンセンター衣浦・サンビレッジ衣浦)】
拡大画像表示・印刷 地図・詳細情報を見る
 
拡大画像表示・印刷 地図・詳細情報を見る

【ヤマシン(株)白しょうゆ醸造工場】

 

【中部電力(株)へきなんたんトピア】

伝統的な醸造方式にのっとった三河名産の白しょうゆを醸造生産過程を見学できます。


【住所】〒447-0064 愛知県碧南市西山町3-36
【電話】0566-41-2231
 

電力館では様々な展示物から「環境を守りながら電気を作る」ということについて学べる。

ヒーリングガーデンとエコパークでは、自然に癒されながら環境について学ぶことができる。


【住所】〒447-0824 碧南市港南町2-8-2
【電話】0566-41-8500
【ヤマシン(株)白しょうゆ醸造工場】   【中部電力(株)へきなんたんトピア】
拡大画像表示・印刷 地図・詳細情報を見る
 
拡大画像表示・印刷 地図・詳細情報を見る

【九重みりん時代館】

 

【七福醸造ありがとうの里】

安永元年(1772年)創業以来の味淋醸造に関する道具類や古文書類を展示しています。

現存する日本最古の醸造元で、「大蔵」は国の登録有形文化財に登録されており、過去皇室関係者も時折訪れている

【関連人物】

・石川八郎右衛門(創業者)


【住所】〒447-8603 碧南市浜寺町2-11
【電話】0566-41-0708
 

日本で最初に「白だし」を造った蔵元を見学できます。


【住所】〒447-0869 碧南市山神町2-7
【電話】0566-41-1508
【九重みりん時代館】  
拡大画像表示・印刷 地図・詳細情報を見る
 
地図・詳細情報を見る
このページのトップへ
碧南市観光協会 お電話でのお問合せ0566-41-3311

碧南の観光についてお気軽にお問い合わせください。
〒447-8601 愛知県碧南市松本町28番地 TEL.0566-41-3311 FAX.0566-41-5412
E-MAIL shoukoka@city.hekinan.lg.jp