碧南市少年少女発明クラブの概要

少年少女発明クラブって?

  ものづくりを通して、少年少女に“作る楽しさ”、“工夫する楽しさ”を知ってもらい、「創造性豊かな人を育てよう」を目的として、碧南商工会議所のご支援を頂き、平成19年2月に碧南市少年少女発明クラブが発足しました。
  小学校の学年(3年生から6年生まで)ごとに、紙や木を使った工作・電気工作など、ものづくりを通して、作る楽しさ、工夫する楽しさを学んでいきます。

クラブ員
 市内小学3年生〜6年生、中学生
 
 平成19年度206名    平成26年度229名
 平成20年度229名    平成27年度227名
 平成21年度192名    平成28年度257名
 平成22年度196名    平成29年度313名
 平成23年度207名            (5月現在)
 平成24年度202名
 平成25年度216名


活動場所
  碧南市ものづくりセンター
  碧南市汐田町1−1−2 碧南市立南中学校の南

定期活動
  クラスごとに年間10回の活動を行います。 
  4月〜2月(8月を除く)の毎週日曜日
  (一部、土曜日の場合もあります)
  午前の部 9:00〜12:00 午後の部 13:00〜16:00


会 費
  年間4,000円


どんなものを作るの?
  はさみ、カッター、のこぎり、かなづち、ドライバーなど基本的な道具の使い方の練習、線を引く練習、電動糸のこを使う練習、はんだ付けの練習。それぞれ、 学年に応じたさまさまな目的・目標にそった教材を決めています。
  これらの教材をとおして、道具の使い方を体験し、教材に折りこめられた“くふう”を実感し、それらの教材をもとに、自分だけの新しいアイディア・くふうを考える習慣作りを目ざしています。


年間特別行事
  ・夏休みアイデア工作教室の開催
  ・碧南市創意くふう展の開催
  ・愛知県創意くふう展見学バスツアー
  他












     定例活動





 
  めいろ箱    回転飛行塔
 
暗くなると点く   落ちない車
  ランプ  



夏休みアイデア工作教室

指導員ってどんな人?

  自動車関連などの企業に勤めている人または退職した人、教員、元大工さんなど技術経験の豊かな人。約15名です。


発明クラブの体制…平成29年5月現在の役員
  会   長  鈴木 並生
(碧南商工会議所 会頭)
  常任理事  林   俊行
(碧南商工会議所 機械金属部会 部会長)
  常任理事  粟津 康之
(碧南商工会議所 雑貨部会 部会長)
  常任理事  稲垣 孝臣
(愛知県立碧南工業高等学校 校長)
  常任理事  生田 弘幸 
(碧南市教育長)
  監   事  新美 真司
(碧南商工会議所 建設業部会 部会長))
  理   事  石川  央
 (碧南商工会議所 専務理事)
  理   事  北村 恒
(碧南市小中学校長会 会長)
  理   事  鳥居  典光
(碧南市経済環境部長)
  理   事  守田 行雄
(碧南市少年少女発明クラブ総括指導員)

トップへ戻る