戻る下水道課のトップ各課・施設の一覧碧南市のトップ

水洗便所改造等資金融資あっせん制度について



 下水道を使用するには、便所・排水設備などの改造することが必要です。この改造資金を金融機関から無利子で改造資金の融資を受けられるようにあっせんする制度です。

融資あっせんの対象となる改造の内容 融資限度額
くみ取り便所を水洗便所に改造する。
またはし尿浄化槽を廃止し、排水設備を下水道に接続する工事
くみ取り便所とし尿浄化槽が
 1ヵ所の場合・・・・・・・80万円まで
 2ヶ所以上の場合・・・100万円まで

     ※新築の場合や便所等の増築は対象外です。


(@〜Cのすべてにあてはまる方です)

@ 下水道が供用開始(使用開始)となった日から3年以内の区域にある建築物の所有者
※区域が不明確な場合はお問い合わせください。
A 下水道事業受益者負担金、市税および水道料金を滞納していない方
B 現在、この融資を受けていない(重複しない)方
C 連帯保証人(市内在住または市内の事業所に勤務し、独立の生計を営み、市税等を完納し、返済の資力があると認められる方)が1人ある方


 無利子です。
(ただし、償還が遅れた場合は、個人負担となります。)


 金融機関から融資を受けた月の翌月から、毎月払いをしていただきます(期間は60ヶ月以内です)。
 繰り上げての返済もできます。


 @建物所有者(以後、申込者という)は、市に登録してある排水工事の指定工事店の中から依頼する指定工事店を選ぶ。

 A申込者は、宅内排水工事を依頼する指定工事店に見積もりの作成及び工事の依頼をするとともに、融資あっせんの申し 込みをする旨を伝える。

 B申込者は、融資斡旋の申し込みに必要な書類を整え、指定工事店を通じて、申し込み書類を市に提出する。

・融資あっせん申込書
申し込みに必要な書類 ・改造工事費の見積書
・市町村税の完納証明書(申込者及び連帯保証人)

 C市は申込者が融資を希望される金融機関に連絡する。

 D金融機関は、申込者が融資可否について審査を行い、融資可能の場合は、市より申込者に(指定工事店を通じて)融資あっせん額を決定し、申込者へ(指定工事店を通じて)通知する。決定が通知されてから、6ヶ月以内に工事を完了させる。

 E宅内排水工事(下水道の接続工事)が完了したら、市は宅内工事の完了検査の後に、融資あっせん額を決定し、申  込者へ融資あっせん額を決定し、申込者へ(指定工事店を通じて)通知する。

 F金融機関と申込者が融資契約をする。

・融資あっせん額決定通知書
融資契約に必要な書類 ・印鑑証明(申込者及び連帯保証人)
・印紙代(1,000円程度)
・その他金融機関が決めるもの

G金融機関から、融資を受け、工事の支払いをし、金融機関への融資の返済が始まる。


上記金融機関の市内の本・支店(ただし、碧海信用金庫東端支店を含む)
岡崎信用金庫 十六銀行 愛知銀行 名古屋銀行
あいち中央農業協同組合 碧海信用金庫 西尾信用金庫 愛知県中央信用組合
愛知県信用漁業協同組合連合会

お問い合わせ先 碧南市下水道
マスコットキャラクター

ギョッピー
  碧南市開発水道部下水道課管理業務係
    TEL 0566-41-3311内(482) 
    FAX 0566-46-9456
    mail : gesuika@city.hekinan.lg.jp

戻る下水道課のトップ各課・施設の一覧碧南市のトップ